AMATERAS/Lu Shangri-La - Bhutan王国記
AMATERAS/Lu Shangri-La -
Bhutan王国記
この度、ブログで連載させていただきましたBhutan王国記を
編集し、皆様にご紹介するコーナーを設けました。
立ち寄っていただいた皆様、しばし癒しの旅をご一緒に!
日本からBhutanへは経由しての入国となります。
2013年1月1日Bhutan政府観光局日本事務所がオープンいたしました。
私たちにとって、Bhutanは近い国となり、様々な情報の入手、
旅行も身近なものとなるのではないでしょうか。
私は、Bhutanを旅して、人間が忘れてはならない最も大切なものを
この近代化に伴って置き去りにされてきたものを、
唯一、守って来た国だという事を実感いたしました。
繁栄にあたっての土台をこの時まで守られてきたということは、
その原型をこの地球の為に残されてきたのではないかと思うのです。
その土台があって、初めていわゆる先進国といわれる国々が追求する
テクノロジーなど人々の生活を快適に豊かにするための
ツールが活かされると思うのです。
また、Bhutanの方々は自国を誇りに想い、愛しています。
その心を守って来た民族の歴史に今こそ、改めて価値を見出し、
認め、世界に発信する時がきたことを強く認識していただけたらと
心から願います。それが、Bhutanの世界に担う役割ではないかと
思います。
 
Authentic Bhutan ToursのTenzin Dozi さんの記事より~
Bhutan The Land of Thunder Dragon>
The reason why Bhutan is known as 'the land of thunder dragon' -The legend goes that when the great Tibetan saint Tshampa Gyarey Yeshey Dorji, around 12 century, was consecrating a new monastery in Tibet, he heard thunder which he believed to be the voice of a dragon (Druk in Bhutanese), loudly proclaiming the great truths of the Buddhist teachings and is a very good symbol. So he named the monastery as 'Druk', and the religious sect he founded “Drukpa Kagyugpa”. When this school of Mahayana Buddhism became Bhutan’s state religion in the 17th century, the country was named 'Druk Yul', or the Land of the Thunder Dragon.
 
 
ブータンは雷龍の地。
ブータンが『雷龍の地』として知られている理由-偉大なチベットの聖者Tshampa Gyarey Yeshey Dorjiが、12世紀ごろ、チベットで新しい修道院を奉献していたとき、彼が、ドラゴン(ブータン語のDruk)(仏教の教えの最も大切なことを大声で宣言すること)の声である雷を聞いたことにある。 『Druk』と宗派として修道院に名をつけたように、彼は「Drukpa Kagyugpa」を設立した。 大乗仏教のこの学校が17世紀のブータンの国教になったとき、同国は『Druk Yul』またはThunder Dragonという名前であった。
 
"仏教の教えの最も大切なことを大声で宣言する"
 
これは人として決して捨ててはならない心の尊厳のことであり、
 
実際、現地で見て触れた人々の心の在り方が証明していました。
 
Bhutanの歴史の中で、日本が果たしてきた役割もあります。
 
例えば、旅の途中で立ち寄った、西岡京治氏のメモリアル仏塔。
 
 
農業の発展に大きく貢献し、
「ブータン農業の父」といわれる。
ブータン国王から「最高に優れた人」を意味する「ダショー」の称号を贈られ、現地ではダショー・ニシオカとも呼ばれる
 
ブータンに、海外技術協力事業団(現・国際協力機構)のコロンボ・プランの農業指導者として夫人とともに赴任。以後、
28年間、日本から導入した
野菜の栽培および品種改良荒地開墾など、ブータンの農業振興に尽力する。西岡の振興策は援助側の一方的な施策の押し付けではなく現地の実状に即した漸進的なもので
あった。このため、成果の確実性と定着性において他に例を見ないほどの成功を収め、産業・生活の基盤改善に大きく寄与した。
 
1980年(昭和55年):ジグミ・シンゲ・ワンチュク国王から「国の恩人」として、民間人に贈られる最高の爵位である「ダショー」を授かり、同国において唯一にして史上初の外国人受爵者となった。(Wikipediaより)
 
 
                                                  
 
 
インド経由での入国。
 
空のパノラマはすでに
 
参道のようです。
 
 
 
 
 
 
 
国王、王妃のお出迎えは
 
看板だけではなく
 
人々の心と共に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Bhutanは人の手が
 
加わらない自然も多く
 
残されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
標高3000mを越えます。
 
ヒマラヤ山脈を臨み
 
ため息がでるほど
 
清々しいドチュラ峠
 
 
 
 
 
 
 
こんなに標高が高いのに、
 
犬も沢山いました。
 
それにしても色つやがいいです。
 
体格も立派な犬ばかり。
 
とっても穏やかで満たされている様子
 
Bhutanでは、犬も馬も飼うのではなくて共存するのです。
 
                                             
 
幻の蝶「貴婦人」
 
ワンチョク国王が日本に
 
送られた標本。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パロのお店で、記念切手を
 
扱うお店がありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チミ・ラカンへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
名付けて降魔成道の菩提樹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
降魔・・・敵は内にあり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マニ車は願い事をしながらでは
 
なく、心の内を調律していくため
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Bhutan王国の正装は
 
男性は「ゴ」
 
女性は「キラ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、袈裟を着用します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プナカ・ゾン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仏画の色彩に目が釘付けで
 
した。
 
中にはとても抽象的な
 
宇宙を表す画もありました。
 
美術、工芸の修行を積む
 
ための学校があるようですが、
 
日本人の留学生(1人?)もいるそうです。
 
 
 
 
Bhutan王国の警察官。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建造物は寺院と宮殿の
 
要素を併せ持った
 
とても気持ちのいい空間です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                               
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王国のオフィス
   タシ・チョゾン
 
 
 
 
 
 
 
 
Bhutan最古の寺院
     キチュ・ラカン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お堂の鍵を持ち、
 
参拝の方のために
 
閉開をして下さる女性
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
聖杯
 
タロットカードの
 
カップのエースを思い出しました
 
一人ひとりの心の奥には
 
このように尽きることのない
 
灯がともされています。
 
燃料は宇宙から受け取る
 
無限に尽きることのない愛
 
 
 
              
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Asia BhutanA dzong is a fortress-monastery that serves both as a civil administrative center and as a monastic home for a community of monks.Most dzongs were built in the mid-1600s to protect the inhabited valleys from invasion by Tibet.

The Paro dzong was started in1644 on the order of Zhabdrung Ngawang Namgyel, the unifer of modern day Bhutan. Unlike most of the dzongs in bhutan, it survived the massive 1897 earthquake mostly unscathed,though it was damaged by fire in 1907.
 
Asia Bhutanの記述より~
 
パロ・ゾンは、市民の管理センター、コミュニティのため修道院の家としてチベットによって居住された谷を侵入から保護するために1600年代中頃に構築された要塞-修道院です。

Zhabdrung Ngawang Namgyel(現代の日ブータンのunifer)の始まりは1644年でした。 bhutanの大部分のゾンとは異なり、損害を受けた大きい1897の地震unscathed,thoughが1907年の火災から免れました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
映画「リトル・ブッダ」の
 
ロケ地
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お世話になった宿泊先
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お世話になったBhutanの皆様
 
Bhutanで旅は、政府管轄のツワーガイドが滞在中お世話して
くださいます。
 
 
ツアーガイドのMr.Sonam Dendhap そして、運転手さん。
 
是非、皆さん一度訪れてください。
 
Bhutanから日本を改めて眺めてみてください。
 
きっと、大切な大切な決して失ってはならないことを
 
思い出していただけると思います。
 
ご縁あれば、Mr.Sonam Dendhapにガイドしていただいてください。