十五夜
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

十五夜

 
 
 
7日、太陽が照る一日、何日ぶりでしょうか。
 
あちらこちらで、稲の刈り入れの風景をみかけました。
 
日付が変わり、月の姿はすっかり秋の月でした。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
light Worker Mike
 
大天使メタトロン世界が狂っているように見えるのはなぜか?
天体の動きとエネルギーから見るJames Tyberonn 2014-9-6
 
マスターの皆さん、こんにちは。私はメタトロン、光の大天使です。
希望と無条件の愛でご挨拶します。
多くの人が混乱を目にし、世界が狂っているように見えるのはなぜかと思っています。2038年、地球にキリストエネルギーが到来するとお話したことがあります。
偏った極性と比べると、それは光のエネルギーです。
今現在起きていることは、二極的エネルギーに特有な闇のエネルギーが
このキリストエネルギーの到来を妨害しようと無駄なあがきを行っていることなのです。
この数週間、世界は、地球全体でも局地的にも激しい混乱状態にありました。
戦争、暴力、不正が個人、集団とも、至るところに噴出し、
益々騒乱していく恐れや脅威が増大しています。
これは、 今、“宇宙の十字線” の時で、誰もがこの混乱には何かの目論見が
あるではないかと思えます。
今、新生地球というパラダイムの中で、独特かつ手っ取り早く、
強力に清めを行うために地球の力が通常の天体の引力とは関係のない宇宙の力と
結びつきました。
闇、ダークサイドと言われるものは、抑圧や不満が正当であるかどうかに関わりなく
噴出しています。
人間がその苦しい試練に直面しそれを乗り越えて現実を改めるためです。
異例ですが、一定の期間に簡単に広まってしまいます。
今、これまで隠して抑え付けていた闇が表面化しようとしています。
今、お互いを理解できず、幻想に過剰反応しています。
それは抑圧されてきたために極端に走ったエネルギーです。
不適切な形であっても“日陰” にあったものを外に向かって搾り出しているような
不満の爆発です。
天体の引力が地球に浸透していることについてお話しする前に、
ここでもう一度言っておきますが、今世界で起きていることで目的のないものは
ありません。
正反対のもの同士と闇、皆さんの言葉で善と悪という二極的に対立しあうものは、
合目的的な幻想です。
高次の世界では対立は存在しません。
すべてが最高善に向かって繋がっています。
地球はテストのための場であり、二極性の中での経験は、
皆さんにとっては実に本当ですが、皆さんの共同創造者としての力を発達させるために
はそのような試練やレッスンは不可欠なのです。
皆さんは学び、成長し、教えられ、また自分にも教えながら最適な方法でエネルギーの
対処法を身につけ、「大いなるすべて」、つまり意図を持つ、
創造主・神との共同創造者になるためなのです。
その “発達段階” の一つ、二極性の大学の学習過程には、正反対の現実、
善と悪に対処することが含まれています。
二極性の中で正反対のものがあるために、愛の道である「善」を選ぶことが不可欠です。
光と闇、善と悪を巡る争いは皆さん全員の中にあります。
光を発する人もいますが、人類の中にはまだ発していない人もいます。
ユニティ、繋がっていることが分かるようになることは、カリキュラムの中に入っています。それは、融和です。
二極的世界では理解できない一つになった世界のことです。
3次元の二極的世界では全体ではなくその一部しか把握できません。
正反対は間違いなく確かであり、
だからこそそれに対処できるようになる必要があります。
誤解しないでいただきたいのは、闇は直面するためなのです。
光はどこまでも浸透していきます。
二極性以外では実際に善と悪はありませんが、
皆さんの二極的システムでは存在の条件として実際に善と悪があります。
簡単に言えば、善と悪という考え方によって神聖な生き方を学び、
それは意識の責任のあり方を学ぶ際に役に立っており、
生き方の指針を提供してくれているのです。
では、今あるグループのエネルギーが加わりましたので地球の周波数の状態について
お話しましょう。
人間の皆さん、今、コロナ質量放出(太陽嵐)、太陽の反転が起きており、
既に感情の起伏が大きくなって秋分のエネルギーによって
益々それに拍車がかかっていきます。
土星と火星が連結し金星と月は火星と直角になり、冥王星は射手座に現れ、
冥王星の中に移動する水星など、エネルギーのカクテル状態になり、
それによって “地下室” の扉が開いて閉じ込められていた影や抑圧された感情、
闇の感情などでさえその逃げ場が生まれました。
エネルギーがこのように特殊かつ独特な形で集まる中で、
闇のエネルギーが出口を見つけます。
地球で優勢なエネルギーの波は火星の赤です。
だから感情はすぐに影響を受け、否定的になりがちです。
したがって賢く振る舞い、大袈裟に反応しないことが重要です。
オーラに宝石のエネルギーを使う人は紫とブルーの色のものを身につけてください。
それでこのような時節の赤を高い周波数に変えることができます。
また、海王星は幻想の効果を強めます。
幻想を抱きやすく時に誇大妄想的、空想に耽りやすい人は、
ベールが浮き上がり広く大きく開いた結果、
間違った夢の世界に入っていることに気づくでしょう。
この一時的に夢を失った人たちは自分の腕を噛んで目を覚まそうとします。
最善の意図に基づいていても現実を点検してみると混乱や予想外のカウンターパンチを食らったり拒否されたりすることもあります。
今、心が純粋な人でも、命令的ではなく、善良そうなアドバイスをされてもそれを
受け入れようとしない、そのような時です。
正しくても間違いでも、権力は何かしら妨害するものだと見られてしまう、そういう時です。
火星の力で普段そうでもない普通の人でも反抗的な態度が表に表れます。
そしてこのような、まるで理屈で理解できない暗雲立ち込める中へと引っ張り込まれ
そうになることがあります。
ですから、この異常なエネルギーはすべての人に影響を与えます。
自分の中の “コヨーテ” が放たれるのです。
先生は教室からいなくなり、生徒は自分ですることを決め、
既存の規則はこのような漠とした中では力なく、悪さをすることがルールになります。
このような吸引力のない世界では規制はどこかに吹き飛び、
多くの人が常軌を逸した予想もしない行動、尋常でない行動に出ようとします。
冥王星がこのときに力を出します。
認められないとか締め出され拒否されている、除外され不当な扱いを受けている。
このような考え方が大きなイデオロギーや宗教、国や特定の人々が抱く考え方になって自分たちには「決定権」や主権がない、奪われたと感じるのです。
暴力を受ける宗教集団はこのような考え方になります。
今後、個人も集団も抑圧されていると感じると、そのはけ口を求めるでしょう。
この時期には、1回で決めず考え直すことが重要です。
行動する前に時間をかけ、行動する前に何をしようとしているのか考え直してください。
同じように友人や家族の行動の自由を認め寛容であってください。
誤解はすぐに生まれます。
賛成されなくても、自分らしくないと思えても、正直に話してください。
抑えつけて隠れていた、今まで感じなかったような強い感情が、
これから表に出てきます。
内なる真実を追求してください。
間違いをして始めて自分の限界が目の前に現れます。
思い当たらない、大切だと思えないような感情が浮上してきます。
その人の「パンドラの箱」からそのような感情が出てきます。
それは好ましくない感情、嫉妬心、怒り、私利私欲の感情かもしれません。
他の人を嫌う、言葉にならない感情かもしれません。
あるいは、長期にわたる対立や問題に対する焦燥感かもしれません。
味方や家族、知り合いに向かって失言してしまうかもしれません。
お互いにびっくりするような物事が持ち上がるかもしれません。
皆さん、どんな不満やフラストレーションも、言いたかったけれども言わなかったこと、
抑えていた一言、わだかまりになっていたこと、
そういうものすべてがこの時のエネルギーで弾けます。
希望の光は空気がそれを清浄にするということです。
自分や他の人、関係など、隠して覆ってきた問題、受け入れず拒否し、避け、無視し、
恐れていた問題などの多くが表面化して、解放されて光を備えるようになる、
それが今回のポジティブな結果です。
しかし、表面化するものがそのままの通りであるということではありません。
抑圧された敵愾心は実際はその通りではないかもしれません。
つまり、出てきたものは諸刃の剣ということもあるのです。
正直な気持ちでも対応の仕方がその通り表現できなければ相手を傷つける場合が
あります。
真正面から向き合うのはポジティブですが、
どうだったのかを考える余地を残しておかなければなりません。
さそり座の土星は秘密を暴露します。
さそり座の火星はどこからでも秘密が見えるようにし、
火元に立ち合せて真相が明らかになります。
このようにして簡単には拒めないほどのプロセスで浄化という課題が動き始めます。
問題に向き合うことが必死になるのです。
個人にとっては他の人の様々な嫌な所に目が行く時期です。
また、孤独でいることの多い人は、この時のエネルギーが鏡の役目をして、
内に篭って過度に自分に対して批判的になり、
殆ど自分を責めるような状態になることがあります。
この時のエネルギーは水星の後退時期に多くの点で似ており、
自分を賢く改めることも出来ますが、過度に批判的になりやすい時でもあります。
だから、他の人や自分を責めたり非難しあうようなことがないように
お願いしたいと思います。
役に立たないことを捨て、間違いないこと、有益なことだけを学ぶようにしてください。
 
終わりに
この入り口を守り通りやすくする上で忍耐と知恵が大切ですが、
この時期を生かしてください。
最善のために諸々の関係を見つめ直し、検証することができます。
障害になるものは苦しく見えても、取り除いて道を清めることが出来ます。
このエネルギーは秋分まで大きくなり10月8日の満月と10月23日の皆既日食まで
続きます。
この期間は日月食の日よりももっと影響力のある時です。
事実、すべての天体の引力が重なり影響を受ける期間が拡大します。
地球近辺を通過する小惑星は驚くような力を持ち、
太陽嵐と秋分と結びついて地球上の力をもっと、過度に増幅します。
この時期を賢く過ごしてください。
罪や罰、嫉妬、恥、怒りなどの否定的な感情が出てくるのは自然なことです。
しかし、だからといって、攻撃や復讐、暴力などの行動に出ないようにしてください。
すべての人間は間違いをします。
この時にそういうものが表に出て解放されていきます。
影の部分が表に出て、光になるのです。
皆さんを尊敬しています。祝福と深い愛をお送りします。
そして、そうなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

十五夜に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment