おわりとはじまり
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

おわりとはじまり

サンドーム スペースエリア テレパシーコミュニケーション 「おわりとはじまり」
で、誰もが通過するポイントとして、大変助けになり、癒しとなりますので、
掲載させていただきます。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
レムリアから戻って パート2- ガイドを求める2014年6月2日
Back From Lemuria Part 2 -Asking for Guidance6-2-14http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2014/06/back-from-lemuria-part-2-asking-for.html
 
レムリアから戻って パート2ガイドを求める
 
サンディ:
ガイアのあらゆる地域に行って自然の四大元素との話し方を学ぶというのが
私達の任務。
私とジェイソンはこれが任務だと知って初めはとてもワクワクした。
二人で朝食を作りながらこれからのことを話し、笑ったりした。
でも席に着いていざ食べ始めると、私達の生活という現実が見えてきた。
私達、どうやって国中を旅行なんてできるんだろう?
それぞれに仕事をして生きているのがやっとなのに。
二人して仕事をやめて、しかも旅行のお金を工面する方法などあるわけがない。
久しぶりの食事中にその事実が私たちの意識にしっかり根をおろしたのだ。
この食事も、どれだけ久しぶりなのかさえわからない。
ずっと時間を行ったり来たりしていたおかげで、
時計を見ないと今何時かさえわからない。
深い失望感に包まれ、私は泣き出してしまいそうな気がしたので、
コーヒーを淹れるからと言って出ていった。
フィルターに粉を入れているとジェイソンが私と同じくらい暗い顔で
キッチンに入って来た。
彼は、コーヒーはいらない、それから、一人でハイキングに行ってくる、と言った。
彼が一人でハイキングに行く、というのは、一人になって考えたい、ということで、
それについて私は何の異存もなかった。
私の方もこの深い失望感を解消し、問題の解決法を何とかして見つける必要があった。
私はジェイソンに小さく微笑み頬にキスした。
「ええ、ハニー、今のあなたにはハイキングが効くわ。私は片づけをして洗い物を
するわね。」
ジェイソンは私の額に素早くキスをしてベッドルームに入り、
10分もしない内にハイキング用の服と靴を身に着け、玄関を出ていった。
私はほっとした。
「これで悲しみにどっぷりつかれるわ。」と家の中を片づけながらつぶやいた。
家といっても、寝室一つのキャビンのようなもので、食事したり、仕事したり、
友人と語らったりするテーブルの上の食器を片づけ、そこに郵便物の山を置いた。
女々しく泣いたりしないつもりで、シンクに洗剤を入れた湯を張り、
カウンターの上のと朝食で使った食器を漬けた。
カウンターのものは何日も経っているのでしばらく漬け置きしないといけないことが
わかっていたから。
一体何日くらい行っていたのだろう?
それを知る勇気はまだジェイソンにも私にもなかった。
取り返しのつかないことをしてしまったのだ。
私たちはするべき仕事をしていない。
当然解雇されるだろう。
たとえ私たちの仕事が在宅で『自営業』のようなものであったとしても、職務はある。
そしてそれを果たしていない。
もう家賃も払えないだろう。
その状態でどうして地方を巡る旅をして四大元素と交わったりできるだろう。
どうしようもない状態に、泣くしかなかった。
ジェイソンはいないし、私はひとりきり。
そして、残った力をかき集めて高次の友の助けを求めた。
「高次の方々、個人的な質問をしていいでしょうか?」すると、驚いたことに、
光を放つ大きな雲のようなものがキッチンに入ってきて、
おぼろげな人の形にまで小さく凝縮し、私のそばに立ったのだ。
それはアルクトゥルス人だった!
「オーマイガッ」私は思わず声を上げていた。
「私たちはあなたの質問に答えるためにここにいます。」とアルクトゥルス人は
私のオーラを光で満たしながら言った。
その暖かなアルクトゥルスの輝きを身の内に感じながら、
私は自分でも思ってもいなかったような質問をした。
「アルクトゥルスの方、あなたが私の所に来てくださるなんて光栄です。
見てお分かりのように、私には色々な相克する感情があり、その理解が必要です。
とても幸福で平和な気持ちである一方、自分の内面と人生、
さらに地球の上の様々な変化に恐れを感じています。」
「思うに、私が悩まされているのは、前にぶら下がっている大いなる未知というものなの
でしょう。この未知に飛び込まなければならないということはわかっています。
でも、何かよくわからないある三次元的考えについて、
私が持っていて(多分)手放しつつある、ネガティブな感じがいろいろあるのです。
恐らく、経験しないのではないかと恐れている事柄への悲しみの思いがあるのです。
ええ、きっとそれです。
考えてみると、人生の次の段階に進む準備ができている、
けれど今の段階を離れずに進みたい、と思っていることに気づきました。
私は人生で大切にしてきたものを手放す準備をしてきたのだとわかっています。
ええ、これらのことの多くは三次元のものです。
しかし、それらはただの物ばかりではありません。
大事な人たちも含まれるのです。
今の所、私が手放さねばならなかった物や人はもっと好い形で戻ってきています。」
「時には、エゴの方が真のセルフより声が大きいことはわかっています。
私はエゴの声ではなく、高次の声に従いたいと願っています。
でも、エゴの声、あるいは私を悩ます何であれ内の声がすごく大きくもなるのです。
おそらくこの質問をしているのは私のエゴなのでしょうか?どうぞお助け下さい。」
話し終えた時、私は涙が顔を流れ落ちるのを感じた。
しかし、その涙は悲しみの涙ではなく、解き放たれた涙であった。
私は再び手放す用意ができていたが、今回は何を手放すのかを知らずにいた。
私が涙をコントロールできるようになった時に、
アルクトゥルス人が進み出て私の存在と本当に一体化した。
そして私は今度はむせび泣いた。
それは悲しいからではなかった。
私が泣いていたのは、無条件の愛と喜びにあまりにも満たされていて、
一生分の涙を流さずにはいられなかったのだ。
「我々の大切な同胞よ、」アルクトゥルス人が私の意識に話しかけるのを聞いた。
「アウェイ・チームにとって、この大転換期がいかに大変か、よくわかっていますよ。
あなた方の社会、世界、周波数は大変な困難に直面しています。
『変革の声』がますます高まり、それが『恐怖の声』を増長することになっています。」
「分極した現実の中の無数の人生で、あなた方は一つの極端が他方の極端を招くことを
学んできました。
従って、あなたが究極の体験をしている時には、それが何故かうまくいかなくなるという
恐怖を常に思い出してしまうのです。」
「うまく行っていない小さな事は、あなたを失敗に備えさせようとするあなたの無意識が
作り出しているのです。
恐怖の目で見る時、あなたの人生はうまく行かなかったことや叶わなかった夢で
満ちています。
しかし、その人生を愛の目で見ると、あなたが成し遂げた長期的成果に気づくでしょう。
「成し遂げた、と言ったのは、それらの成果があなたのエゴの結果ではないからです。
あなたは知ってか知らずにか、ずっと内なる導きに従って人生を歩んできているのです。
それゆえ、あなたは自身を飛ぶべきか古い世界で苦しむかの絶壁に置いているのです。
飛ばなければならないという感覚はあなたが内なる声に従っているからです。」
「あなたの内なる声はあなたの三次元思考には理解できない課題を与えました。
あなたが何者だったか、そして何者になったか、を振り返ってごらんなさい。
あなたの成果にはあなたのハイヤーセルフ、つまり主に我々アルクトゥルス人による
導きがあったことに気づくでしょう。」
「私のハイヤーセルフはアルクトゥルス人なの?」と思った。
この私の思いに答えてアルクトゥルス人が言った。
「親愛なるONEよ、思い出してほしい。あなたは我々の一部であることを。
あなたもアルクトゥルス人であり、同時にプレアデス人やその他多くの宇宙表現である
セルフなのです。
どうやって、あの極度の恥ずかしがりでまるで自信のなかった子供が今のあなたに
なったのですか?自分の内なる声を聞いたからでしょう。」
「人生の変容の瞬間はいつもそうですが、今、あなたは二つの声を聞いています。
セルフの内なる声、そして怯えるエゴの内なる声。
怯えるエゴはこう言っています。
『やってみたりすると失敗するぞ。』」
「セルフの声はこう言います。『あなたは数えきれない回数失敗してきましたね。
でも、失敗する度に立ち上がり、また挑戦し、何度も、何度も繰り返し、
そしてついには成功するのです。』」
「セルフを見限らなかったあなたが、どれほど勇敢であるかわかっていますか?
失敗は成功の一部であることに気付いていますか?
失敗するたびに得るものがあるのです。
つまり、セルフの言うことを聞けば学びがあるのです。」
「失敗は終了ではありません。失敗は、今立ち向かうべき新たな課題の開始なのです。」
「前にはできなかったことに取り組もうとしていること自体、
あなたがいかに勇敢になったかを証明しているのです。
思い出してください、あなたは常にセルフに助けを求めてきました。
たとえナイトボディの時にだけ求めていたので思い出せないとしても、
あなたは常に私たちの助けを求めていたのです。」
「あなたのNOWに起こっているのは、高い周波数の現実への変容です。
三次元脳は多次元マインドについていけません。
かつては疑いの中に隠されていた概念が白日のもとに現れ出て、
疑いの島を光のハイウェイにつなぐ橋を造っているのです。」
「このハイウェイの光は眩しすぎて人間の知覚にはとらえられません。
自分の疑いの中に隠された真実を開けるためのカギを探すには、
疑いに突入しなければなりません。
あなたとジェイソンは、地・風・火・水の四大元素と共感する時にこの内なる真実を
発見するでしょう。」
「地・風・火・水と共感すると、あなた方の内部の四大元素が外部の四大元素と
同調を起こします。
あなたも、全ての生物も物理的原子でできていますが、
その原子は実はエネルギーの渦で、それぞれが固有のシグネチャ周波数を
放射しています。」
「物理的原子はそれぞれ独自のシグネチャ周波数で絶えず回転と振動をしている
エネルギーの渦でできていることがあなた方の量子力学者により発見されています。
もし原子を顕微鏡で観察できたなら、小さくて目に見えない竜巻のような渦があり、
そこにはクォークとフォトンとよばれるいくつもの極限的に小さなエネルギーの渦が
伴っているのが見えるでしょう。
全ての原子はこの不可視のエネルギーでできており、実体のある物ではないのです。」
「人間がリアルだというものはすべて三次元科学が『リアルでない』とみなしているもので
できているのですよ。
物理的物質は実は全く物質的ではないのです。
実際、物質と意識は混交しています。
原子を最も微細なレベルで観察すると原子の動きが変わってしまうのです。」
「高次元から見ると、非物理特性が宇宙を支配し、
意識があなた方の現実の『物理的』構造に重要な役割を果たしていることは明白です。
ですから、あなたが意識のシグネチャ周波数を発信することで、
周りのあらゆる要素のシグネチャ周波数に影響を与えるのです。」
「シグネチャ周波数は意識の状態によって決まることも忘れないで下さい。
もしあなたが恐怖に満ちた意識状態で低い周波数にとらわれていたならば、
あなたのシグネチャ周波数も知覚も、その現実の低い周波数に同調してしまうでしょう。」
「あらゆる物質は、意識の影響を容易に受けるエネルギーフィールドでできているので、
あなた自身の物理的物質はあなたの内部や周辺の四大元素のシグネチャ周波数の
影響を受けるのです。
ですから、美しい花、すばらしい夕焼け、澄み渡った空などが意識を拡張するように、
暗いコンクリート、人間のゴミ、汚れた空などは意識を低下させます。」
「あなたは物理的現実に繰り返し影響を与え続けており、
また物理的現実も常にあなたに影響を与えています。
だから、多くの意識上昇している人の多くが、混雑した汚染されたコンクリートの都会を
離れて、町の喧騒をしのぐ自然の声を聞ける田舎に移っているのです。」
「あなたの意識は、いろいろな状態を行ったり来たりしているので、
あなたの原子もすべてその集束エネルギーの渦を通じて異なる周波数を行ったり来たり
しており、同時にあなたも無数の次元間移動で行ったり来たりしているのです。」
「三次元脳は時にしばられているので、そういった無数の移動に気付いてはいません。
あなたが身体性から外に出る時には時間を超えた現実に入っていくのです。
あなたの3D脳はそういった事を理解できないので、ただ無視するだけです。
しかし、あなたの意識が多次元マインドを受け入れるほどに拡大すると、
実際に別の場所に行っていることに気付き始めるでしょう。」
「しかし、あなたは別の「場所」に行ったのではない。
「時間を超えた周波数」に行くのです。
あなたが5次元要素の時間を超越した周波数に同調すると、
あなたの3D脳はあなたが一瞬時間から離れたことを認識し始めます。
身体脳は三次元の知覚や経験を処理することしかできないので、
思い出せることはせいぜいそのくらいなのです。」
「あなたが戻って来た時、いなくなって一、二秒前か後ですが、
あなたが関係を持てた5次元要素が、体内の5次元要素に次元間旅行をしたことを
思い起こさせるのです。」
「5次元要素との関係を深めるためには、まず三次元の要素である物理的な、
地・風・火・水と溶け合うことです。
そしてさらに要素と、従って四大要素と溶け合うためには、
不可視の要素であるエーテルを探すのです。」
「物理的世界でもあたりのエーテルの中には多くの4次元ポータルがあり、
それは4/5次元の地の精ノーム、空気の精シルフ、火の精サラマンダー、水の精ウンディーネが住む、フェアリーの領域に通じています。」
「子供は想像の世界でフェアリーやノーム、シルフ、サラマンダー、ウンディーネと
よく遊ぶことができます。
子供たちはまだ想像力を忘れてはいないので、
高周波数の現実へと意識を拡大することができるのです。
想像力という光のハイウェイを通じて、
彼らの三次元の身体頭脳と多次元マインドの間のポータルを開くことによってです。」
「人は『大人』になると、暮らしていくために仕事に励まなければならなくなり、
それまで常に知っていたことを忘れてしまうのです。
しかし幸運なことに、四大元素との親しい関係ができていると、
それらがあなたの多次元マインドを5次元要素セルフの現実へと導いてくれるのです。」
「ガイアが生命を持つ存在で、あなたもその一部であるとわかるのは、
5次元要素世界との関係を通じてなのです。
この経験はちょうど、あなたのつま先が自分は足の一部である、
そして、それは脚の一部である、またそれは体の一部である、という風に次々と理解して
いくのに似ています。」
「人間/地球のアセンションにとって最も大きな弊害は、
自分と現実は別物だという幻想です。
レムリア人の子孫とそのまた子孫は全て、つまり『ネイティブの人々』は、
人と地球はONE一つのものであることを知っています。
彼らは、思考が現実に影響を与えることを知っており、
四大要素と密な関係を結んでいるのです。」
「レムリアの祝祭に参加した個人やカップル、小グループにはそれぞれレムリア人の
付き添いがいるのは、そういった理由からです。
それぞれのレムリア人の友が、かつては常に知っていた事を思い出すための手助けを
してくれます。
あなたもお気づきのように、あなたとジェイソンにはランターンが付き添います。」
「ONEの中にいなさい。意識の周波数をできるだけ高く保ち、
人生が花開いてゆくのにまかせなさい。
あなたの現実の創造者はあなたです。
だから、あなたの人生のパイロットをセルフの最高の周波数に託しなさい。」
「意識の周波数が高いほど、創造の周波数も高くなります。
それから、意識と創造が愛に満ちONEとつながるにために忘れてはならないこと、
それは、常にあらゆる恐怖をも無条件の愛で祝福する、ということです。」
***これらの最後の言葉と共に、アルクトゥルス人は私の前から消えたが、
心の中からは消えなかった。
私は、今の会話を全部忘れずにジェイソンに伝えられるかしら、と思いながらキッチンの
ドアを見た。
そこにジェイソンがいて、私を見ていたのだ。
彼のあふれるような愛を感じて私の心ははちきれんばかりだった。
彼は小さなキッチンを素早く渡って来て、私を強く抱いて囁いた。
「全部聞いたよ!」
 
 
翻訳:Sumile
 
 
 
 
 

おわりとはじまりに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment