メッセージ
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
ウィングメーカー
検索エンジンの供給元:

マイブログ

メッセージ

LightWorkerMike
 
 
 
 
大天使ミカエル隠れた光の戦士の出現地球の転換にパワー・愛・光を注ぐ
Celia Fenn 2014-10-3
 
2014年10月の日月食
地球の新年と秋分後、地球上ではエネルギーの転換が力強く続きました。
光のコード、太陽のインパルス、ダイヤモンド光が銀河から押し寄せすべての生命に
深い変化を与えています。
この光のインパルスは、ライトボディがそれを受け取れる段階にある人の意識
及びそのライトボディの光のグリッドに取り込まれます。
それが吸収されると、非常に強い変化を起こして古い3次元のパターンを粉々し、
多次元意識を地球に起こし続けます。
ダイヤモンド・チルドレンが誕生してクリスタル・チルドレンに加わり、
この新たなハートの戦士と光の戦士の勢いに拍車がかかります。
この若い人たちは、自分が誰か、何のためにここに来たのかを思い出す時に
差し掛かっています。
この人たちには内なるパワーと愛、強さ、誠実さ、透明性を強力にアンカーする
ミッションがあります。
彼らは勇気と目的があり、地球上にその存在感を示し始めています。
今、中国でそのことが起きています。
多くの人々が街に繰り出して抗議行動を起こしていますが、
その大半は17歳から22歳です。
その人たちがクリスタル・チルドレンです。
今立ち上がり、未来の地球に必要なことを要求する時だと感じているのです。
それは中国ばかりではなく、地球の多くの場所で起きています。
このような若い人たちが内なるパワーを感じ、
自分が隠れた光の戦士であることに気づいて前に踏み出しているのです。
このエネルギーが地球で強くなる時に、
光のコードとダイヤモンド光に共鳴する人たちは
自分が隠れた光の戦士であることを感じ取り、地球にも人々にも強くハートで結びつこう、
そう訴える必要があることを感じて行きます。
それがいろいろな形を取って表に現れるでしょう。
若い人たちは抗議行動や集会を実施する一方で、
瞑想をして静かな状態の中に入ることにフォーカスする人たち
、またエネルギーワークをする人たちなど様々です。
いずれにしても、日月食のある今月に入って生じていることは、
隠れた光の戦士の登場であり、内なる神聖な光の強い表明です。
その結果、皆さんは自分の光を輝かせ、
自分の光を放って他の人が見ても分かるようになります。
最早、自分自身でいることに恐れを感じることはなく、
喜び勇んで愛と思いやりを外に表して行きます。
自分独自の方法で光を表しながら、
人の形をした魂とスピリットとして自分の個性や素晴らしい点を表現するのです。
ダイヤモンド光の戦士の登場によって地球にもっと多くの光と輝きが広がります。
そして地球で起きている出来事の真実が分かるようになります。
もう混乱によって見えなくなることもなく、
人の感情を操作したり戦争や惨禍や苦しみを作り出そうとする者によるシナリオに
騙されることがなくなっていきます。
寧ろ、新生地球を創り上げようとしている人たちの努力や勇気、素晴らしさ、
そのインスピレーションを目の辺りにしていきます。
メディアがそのような素晴らしいことを報ぜず、恐怖と怒りに目を向けさせようとしても、
皆さんは光の戦士になってそのような古いシナリオを拒否し、
新生地球のダイヤモンドコミュニティを追及します。
このコミュニティは既に新しい生き方を追求し、
古いエネルギーや旧式の考え方で生じた問題解決策を見出そうとしています。
皆さんはそこに意識を向けそこに自分のエネルギーを注いでいきます。
光の戦士としてはそこが一番快適に感じる所なのです。
 
10月8日の月食 銀河と太陽のタイムゲート 地球の再起動
 
10月8日、満月が牡羊座に入る時は皆既月食でもあります。
4月15日の月食に続く今年2回目の月食です。
4月の時は天秤座でした。
だからこの2回の月食は正反対の位置にあり天秤座と牡羊座のエネルギーを
活発にします。
この2回の月食は銀河と太陽のタイムゲートです。
それによって地球の現実という時空の生地(下地)が変わります。
最初にタイムゲートがコード化されると、ダイヤモンド戦士が登場します。
牡羊座は戦士の座でありクリスタル・チルドレンの座でもあります。
牡羊座のエネルギーがダイヤモンドの光を持つ戦士に地球の聖なるブループリントに
同調する崇高な「純真さ」の暗号を埋め込みます。
クリスタルチャイルドもまたダイヤモンド光の戦士です。
その光はこの時に光を出します! 
この新しい周波数に同調する時には、自分の中から力が漲り、
地球上のすべてが上手くいくと強く感じます。
ダイヤモンド光がアンカーしダイヤモンド戦士が動き出すと、
新生地球のブループリントもまた皆さんのハートの中やライトボディの中で、
地球の光のグリッドの中で起動します。
 
2番目にこの暗号化が強く感じられる所は、人との関係です。
バランスの取れない関係は去年プレッシャーに晒されてきました。
そしてダイヤモンド光のエネルギーでは、
このバランスというコンセプトは互いに尊重しあう、
正直で誠実な自立しあう関係を浮かび上がらせます。
ダイヤモンド光では、それは、高い意識と最も強いエネルギーを持つ
「神聖で自立した」関係のことを意味します。
パートナー同士が、関係とパートナーシップを通して内なる光と輝きを表すために
魂レベルで引き寄せあいます。
2人はお互いに完全にバランスが取れ自立した状態ですが、
それは、魂とハイヤーセルフと共同して愛のある関係を創り上げている状態です。
この愛の絆はその時にお互いに照らし合い、外に表れます。
2人の魂のエネルギーは歓喜で一つになりながらも、
自立した一個の存在そのものでいられます。
ふたりは一緒に働くこともありますし、別々の場で働くこともあるでしょう。
2人がパートナーシップを表明すると、
愛と思いやりの聖なる炎が強力に反射して他の人に喜びと癒しを与え、
光り輝く場が生まれます。
 
10/10の刷新
 
10月10日、地球のタイムゲートを通過し、
一人ひとりと地球のコードが刷新されて起動し始めます。
この時は、更に高い意識になる時です。
それは、過去6ヶ月間の様々な困難や障害がなくなるということを意味します。
また、再度前に向かって歩いていけるようになるということです。
自分を抑え付けていたものがなくなったかのように感じるかもしれません。
新しい道、新しい方向性に動き出せる感じがします。
それによって意識が高まり、希望や夢を抱いてもっと楽に進めます。
地球全体では、人々の意識を戦争や対立に煽る “タイムエンジニア” を演じてきた者は、そのような思惑が上手くいかないことを思い知るでしょう。
今、意識はだんだん高くなって彼らの目論見や意見は、
最早、人類の未来と人間のためにならないことが極めて明白になるのです。
再度繰り返しますが、皆さんはこの地球を故郷とする地上天国を建設することに意識を
向けることが出来るようになります。
そして自分のすることが支持され支えられていると新たに感じるようになります。
次の地球のタイムゲートは11月11日と12月12日ですが、
皆さんが新しい現実に向かおうとする時は、
この2回で更にエネルギーが磨き抜かれます。
 
蠍座の新月と皆既日食 10月23日
 
10月23日の蠍座新月と皆既日食によって経済がシフトして新たなエネルギーを
感じるでしょう。
10月のこの時には、金融や銀行業界の中で強い緊張が起こるかもしれません。
金融とビジネスに新しいエネルギーが生じて古いシステムと置き換わるので
緊張が生まれます。
皆既日食の時にアンカーする新しい光のコードが金融経済の転換を促進します。
一方、個人にとっては自分の家計を見直し、また仕事を見直す格好の時になります。
また、地球と調和する生き方を志向する場合、いい機会になるでしょう。
同じように、すべてにわたって地球と調和し、平和で共生する人生を歩きたいと願う人を
探したり手助けしたりしたくなるかもしれません。
また、今までとは違う人生を考える時でもあります。
生活の糧を得ながら情熱や喜びを追求する人生を考えるかもしれません。
このダイヤモンド光の中では、現れつつある新生地球とダイヤモンド光に一致するための優先事項が非常にはっきりと分かります。
皆さん、ダイヤモンドの光の戦士として行動し、自分の光を世界に放てられるように、
蠍座のエネルギーを生かして暗いところを抜け、
そのためには何が必要なかをはっきりと理解してください。
何があっても後ずさりしないでください。
恐れて後ろに下がらずに、次の光のサイクルに向けて創造の種を蒔いてください。
光のファミリーの皆さん、10月の光の中を喜びながら進んでください!
 
© 2006-14 Celia Fenn and Starchild Global http://www.starchildglobal.com – You are free to copy, distribute, display, and perform the work under the following conditions: You must give the author credit, you may not use this for commercial purposes, and you may not alter, transform or build upon this work. For any reuse or distribution, you must make clear to others the license terms of this work. Any of these conditions can be waived if you get permission from the copyright holder. Any other purpose of use must be granted permission by author.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

メッセージに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment