Ri-La
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

ウォークインの契約
日本のDNA
蟹座の新月
2017年夏至
黄昏時
検索エンジンの供給元:

マイブログ

Ri-La

イザベル・ヘン 2014年8月13日 日記
昨日は昼も夜も、最悪でした。
毎週行っている注射のせいで吐き気をもよおし、それに加えて胃の感染症をおこし、
とても悲惨でした。
これらの注射が治療に役に立つのかどうか、
それに肝臓の数値も今もって増え続けているので、
この療法を止めるべきなのかどうか、まだ分からないのです。
もう、うんざりです。
読むときには、好きなものを読みますが、沢山読む訳でもありませんし、
コメントもしません。
読書もそうですが、世俗的な何かをするという事に、殆ど興味が無くなってしまいました。ですが私の家族や、私の拡張された家族である他の次元の家族の何人かは別です。
ベールの向こう側の子供たちの何人かが、私の動物達(ペット)となって、
私の人生に現れているのを私は知っているのです。
そして音楽も例外です。
一昨日の夜は悲惨でした。
とても気分が悪かったので、長い時間、バスルームにいました。
自分ではどうする事もできませんでしたので、私のチームとツインフレームに助けを
求め、ヒーリングを頼みました。
彼等は手助けをしてくれました。
本当に感謝しています。
具合が悪くなる度に、彼らに頼んで、手助けしてもらっています。
昨日は殆ど一日中、そして夜もぐっすり寝ることができました。
この事で私は何を学ぶべきなのだろうかと、考えています。
 
感謝をする事なのでしょうか?感謝はしています。
 
手助けやヒーリングを受け入れる事でしょうか?受け入れています。
 
コントロールを手放すこと?手放しています。
 
他に何があるのでしょうか?それを見つけ出さなければなりません。
 
シップの中では、私の居住空間の柔らかい草の上でアサガの身体に寄りかかって
多くの時を過ごします。
彼女は私と一緒にいてくれて、ヒーリングもしてくれます。
「私の幸せ(My Happyness)」と彼女の名前にある様に彼女は私を幸せにしてくれます。彼女の愛を、素晴らしいエネルギーを、そして暖かい身体を感じるのは、
それはもう素晴らしヒーリングです。
多次元の存在としての私は、同時に、エオン(AEON)の家にもいました。
私の子供達何人かが、プレゼントとして私の為に建ててくれた家です。
海に、間近に面した大きなテラスと寝室だけを覚えています。
でもその家は大きくて、音楽室や、絵画や創作の為の部屋、工作室、キッチン、
図書室そしてハーブの部屋など、もっとあったかもしれませんが、
沢山の部屋があるのを知っています。
そこでは、私のツインフレームのシルバースターの腕にもたれて、時を過ごしました。
彼が私と一緒にいてくれる事がとても嬉しく、彼がヒーリングをして、エネルギーを
強くしてくれるのを満喫しました。
彼は本当に素晴らしくて素敵な夫です。
気分は良くなりましたが、まだとても眠くてだるい感じです。
又注射をする事になって吐き気をもよおすのは避けたかったので、
あまり食べませんでした。
私のハートは愛と平和と感謝に満ちています。
I AM でいるときにはいつもホームにいられるのが分かっています。
ホームはI AM の私であり、私のハートの中にあります。
けれども物理的なものとして感じる事のできるホームを、
完全意識でホームにいられる事を、ずっと待ち望んでいます。
 
全てであるものと私は一つではないのでしょうか?
 
全てであるものは私なのではありませんか?
 
何故ホームにいてはいけないのでしょうか?
 
自分の目で、耳で、手で私の家族や友を見て聞いて、感じるという物理的な事が今は、
欠けています。
両方の手の平で彼等のエネルギーに触れると、彼等が分かります。
そして第三の目では彼等が見え、テレパシーでは彼等の声が聞こえます。
足りないものは物理的な体験だけです。
この事はいまだに堪え難く、とても辛いです。
これは忍耐を学ぶレッスンなのでしょうか?
そうなのです。
そして私のハートが属し、そこに在りたいと望む、その場所であるハートに留まるための
レッスンです。
このビデオは私の今日のフェイスブックに載せてあります。
 
古き良きベートーベン、あなたは「喜びの歌」で喜びに満ちる事を、
私達に教えてくれました。
沢山の素晴らしい音楽を有難う。
今日の午後、シップの中で草の上に数時間横になった後には、
私は立ち上がって、アサガや、ボビーをも撫でながら、
私のハンモックに座る事ができました。
なるがままに、私の移行を手配してくれる私のハイアーセルフに委ねます。
彼女を信頼する事が必要です。
私は彼女に任せます。
シップの中や、エオン(AEON)にある私の家では、起こっている事を自覚しているので、
私が彼女を手助けしています。
エンカとしての私の身体がどういう様子なのかは覚えていませんが、エルフの身体を
持ち、私の現在の人間の身体よりは背が高く、もっとほっそりとしています。
背丈は女性のエルフが6〜7フィート(1.83m~2.13m)で、
男性のエルフは7〜8(2.13m~2.44m)フィートです。
私の髪は長くて黒く、目は茶色で、肌は明るい色をしています。
ですが私達は主に太陽光から滋養を得ていますので、
普通は日に焼けています。
私の耳はちょっと尖っていますが、アニメや映画で見るほどの物では無く、
「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるレゴラスの耳の方がもっと似ていると思います。
私達はエルフですが人間であり、地球の人類の創造の際には、
私達のDNAが沢山組み込まれました。
大天使達も姿を現すときにはエルフの身体になるのだと私は強く信じています。
聖なる母も、聖なる父もエルフの身体を持ちます。
ただ、知っている事として、そのように思っているだけですので、証明はできません。
エオンも、360次元のシリウスにあるという事がわかります。
I AMの私、全ての大天使達と天使達、そしてシリウスは、リラ、リモリア、
そしてシリウスのプリンセス・エンカとしての私の、ホームです。
私は最愛のシリウスのプリンス・サルーサの永遠の妻であり、
間もなく彼と再び結婚する事になります。
サルーサ、あなたをとても愛しています。
私はシリウスの女王の古い王家の血筋を引いている事が分かっています。
私の人々が、ホームに帰るのを待っていてくれるのが分かっています。
暫く前にエルフの一つのグループから友人を通じてメッセージが届きました。
彼等が私の帰りを待っていると、エンカに戻って来て欲しいと、願っていると、
そして彼等は私に素晴らしい貴重なプレゼントをくれました。
子供の頃花で作った飾りの様な、私の頭につける、美しい紐の飾りでした。
でもこれらの花はクリスタルや宝石でできています。
結婚式の日に使うつもりです。
それを見たのは第三の目を通してです。
その頭の飾りがホームで私を待っています。
いつかは、そこにいると思いますが、今は忍耐強く今という時に留まり、
できる限りこの人生を楽しみ、そしてシップの中でも、エオンででも、
できる限り多くの時間を過ごす様にしたいと思います。
私は、愛であり、永遠から永遠へと続く、光です。これが私の存在であり、
これがI AMの私です。
私はI AMです。
 
リラとリモリアそしてシリウスのプリンセス・エンカより
 
 
Copyright © 2012 – 2014 by Isabel Henn. It is allowed to share this message in its complete form without changes and when the author’s name and the link to the original site is given. http://thesilverplatinumflame.wordpress.com/
 
翻訳 Koh
イザベル・ヘン 2014年8月17日 日記 ホームヘの道にて
このところ、少々疲れ気味でした。
キーバは暴れるので時には手に負えなくなります。
彼は意志が強く、頑固ですが、私は彼が好きです。
二日前に彼はものすごいいたずらをしました。
彼が絶対にいじってはいけない物を、彼から取り戻す為に、
私は庭中彼の後を追いかけ回さなければなりませんでした。
キーバには危ないものだったり、その又逆であったりしたからです。
かつてないほど、彼は私達を噛みました。
おそらく何かが怖かったのか、それとも興奮しすぎたのか、
または安心できなかったのか。私達には分かりません。
でも、私達は作戦と教える方法を変えました。
彼はいまだに元気がいいですが、今はご褒美を増やしながら、違反もありますが、
何とかなってきています。
キーバとのこれら全てのストレスは私の旅立ちに対する不信と疑いが別の激しい行動と
なって頂点に達したのです。
以前程ひどくはありませんが、まだ無くなった訳ではありません。
 
同じ日の夜に私のツインフレームから別の事が確かになりました。
それは私はその旅立ちのプロセスにいるという事です。
ですがまたしても日付けについては何も教えられないとの事でした。
でも今はどうしてか分かります。
イエスから新しい情報をもらってきて欲しいと、私のチームの一人に頼みました。
イエスと私の友は昨日私と話をしたのです。
沢山の事がわかるようになり、良い話ができました。
疑問を解き、答えを得る為に、私の外部から、時には新しい情報や確認がもらえるのは、なによりです。
 
I AMの私の半分以上は高次元にいますが、
私の疑いや不信感は挫折の様なものを作り出します。
深刻なものではありませんでしたが、生じてきました。
これらの疑いや不信感は私の波動を下げてしまい、これでは逆効果です。
私自身に対するヒーリングの重要なパートは、私に起きた事について、
その過程をどのように眺めていたのかという事を、そして私自身の銀河の存在への
ゆっくりとした目覚めについての説明をする事でした。
少しずつ、一歩一歩、そして私がシップにいればいる程、
又はエオン(AEON)にあるホームにいればいる程、そこにいる時間は長くなりました。
そうしていつの日かホームへと完全に目覚めます。
昨日の朝、まだ半分眠っていましたが、エオンで体外離脱体験をしました。
私は自分の家にいて、私の素晴らしい夫のシルバースターの側で横になっているのが
分かりました。
すると私は身体を離れて、そしてテラスにある大きなベッドの上に浮かんでいました。
ええ、海の近くにもう一つ別の身体があって、海と太陽を楽しんでいるのです。
そこにいる私達の姿がみえました。
私は初めて、自分の本当の姿を、私の通常の姿を見たのです。
長い黒髪に、茶色の目をした、スリムで背が高く、日焼けしたエルフの身体をしており、
私の、イザベルの顔では全くありませんでした。
これはゴールデンスターとしての私の身体です。
私の夫も又、良く鍛えられた腹筋を持つエルフの身体をしており、背が高くてスリムで、
焼けた肌をしています。
髪は茶色で長く、耳は私の耳の様にちょっと尖っています。
彼は本当に素敵な男性です。
すると突然、スピードのある動きが見え、シルバースターの銀色のきらめきのある茶色の
目を見つめながらながら、私は突進して自分の身体に戻ったのです。
本当の私が誰なのか、私自身を見ることができたのは、このときが初めてでしたが、
私は見たものを気に入っています。
今日シップでスウィングに乗っていると、手にタブレットの様なものを持っているのに
気がつきました。
アバターに出てくるポータブルなモニターの様なものでした。
情報や画像、その他のものを、一つのモニターから自由に移動が可能な幾つもの
タブレットに移すことができます。
私にもこのタブレットが読めると、未来永劫のあらゆる本や書類が、
エネルギーの、デジタルな形であれば読めると、私はただ読みたい本を選べば
良いだけだと、ミカエルが私に説明してくれました。
ホームにも又、私はいました。
私の家で夫と素晴らしいエネルギーを交換しました。
波動をあげる方法としては、それは美しいやり方であり、十分に満たされます。
彼は私を如何に手助けして支えるべきか、本当に分かっています。
彼は私の家を見せてくれましたが、それは沢山部屋のある大きい家でした。
今日まで、見て回る事をしなかったのですが、
今日は彼が私の手を取って私の家の小さいツアーをしてくれました。
アトリエや音楽室、私のハーブの静養所、図書館、健康の為のお風呂場、二階の寝室、
書斎や、天地創造の中で何が実際に起こっているのか、私に分かる様になっている、
ハイテクなコンピューターやモニターの沢山ある戦艦や宇宙船の中の手術室の様な
部屋がありました。
私の寝室の天井は、スクリーンの様になっていて、
異なった空や天気状況の映写ができ、
シリウスには太陽が二つあるので夜はありませんが、星空さえも見る事ができます。
私はそれぞれの部屋に音楽が聴けるサラウンドシステムを持っており、
声や考えでスイッチを操作できます、おもしろいでしょ。
その部屋や他の部屋にもある、熱を持たない火を起こす暖炉を、
私は気に入っています。
私がそこで燃えては困りますからね。
必要では無いのですが、冬や秋の一夜に暖炉で心地良い雰囲気をかもし出す為に
あるのです。
次のツアーでは、さらにもっとベヤをお見せできると思います。
高次元の生活は心地良くて素敵です。
私が自分の家を好きだと言う事は認めざるを得ません。
私の素晴らしい子供達、この家を有り難う。
 
今夜、思いついたのですが、キーバはおそらく、私の旅立ちを阻止して、
地球へ連れ戻そうとする、闇の存在立ちからの影響を受けているのかもしれません。
 
彼の行動がこのところとても変わってしまったので、それは明らかでした。
 
それで今日は、朝食の後、一番に彼を浄化してヒーリングし、
それから彼にも又聖なる母のダイアモンドシールドを作るつもりです。
今はもう、彼は、アストラルプレーンからのあらゆるアタックや影響からは
守られています。
この日記の更新と私のプロセスについての説明をしたので、
私はずっと良い気分になりました。
今は信じる事ができます!!!
もっと積極的に自分のプロセスに取り組めます。
私の全ての仕事、あらゆる私の契約はここで終了し、
今、私は本当に帰ることがで来ます。
 
ホームに帰る途中にいるのです。
 
私はIAMです。
 
リラ、リモリア及びシリウスのプリンセス エンカより
 
copyright © 2012 – 2014 by Isabel Henn. It is allowed to share this message in its complete form without changes and when the author’s name and the link to the original site is given. http://thesilverplatinumflame.wordpress.com/
 
翻訳 Koh

Ri-Laに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment