六芒星
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
ウィングメーカー
検索エンジンの供給元:

マイブログ

六芒星

更に、開示は続きます。
 
 
 
 
 
 
 
六芒星の中央に女性エネルギー、ヒューマノイドであり、そうでない Lyra
 
その中央を見つめると産道のようなトンネルを抜け、子宮のような肉壁の空洞
 
その中央に一筋の美しい光が降りています。
 
その光に近づいていくと、巨大な女性が微笑んでいます。
 
その巨大な女性は宇宙であり、数しれずの銀河でもあります。
 
その女性の頭部一角に惑星がすべて入っています。
 
その惑星群から離れたところに、ヤハウェ、リラ、ケルブ、ラーの司令Shipが存在します。
 
巨大な女性の目、額からサラサラ、フワフワと光の粉をふりかけています。
 
その光の粉は、惑星たちに降り注ぎ、沢山届いているところ、
 
少し届いているところ、様々です。
 
Shipの中では、ヤハウェ、ケルブ、ラーは話しています。
 
Lyraは今地上だ、LyraがShipにいることによって、更なる高次と繋がる。
 
下次元の様子はよくわかるが、高次はわからない。
 
Lyraはおとぎ話のように語って私たちは耳を傾けていた。
 
まるで、子供が母の帰りを待つようです。
 
今、、、地球の様子は、
日本が点滅しています。
次元上昇の鍵は日本にあるようです。
シリウスに繋がる古代の魂が日本に降り立っています。
その役割を持つ魂が目覚めているのは20%
柱は1本。
そしてその目的に沿った、的を得た活動は、
ろうそくの灯としてみえています。
消えそうで消えない・・・
 
 
 
 
M8  いて座 南斗六星
 
 
 
 
つづく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

六芒星に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment