Innocent Blue
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

Innocent Blue

毎朝、起きたら必ずSKY FMのクリスマスチャンネルの音楽を流します。
心地よいクリスマスソングを聴きながら、家事をこなします。
世界中の多くの人がこの日を特別な日として過ごします。
そう考えると、キリストの生涯は様々な形でこの地球上の人々に
その存在を伝えています。
それは、この宇宙にとってキリストの存在は希望であるということです。
種族間、銀河間の相違を越えて一本の軸により、調和、秩序をもたらす、
希望の情報を携えている存在だということです。
そのキリスト、イエス、サナンダ、ジーザスのアカシックは更に明かされました。
ジーザスは言います。
「宇宙は太陽系だけではない。
この宇宙の拡大のため、銀河の融合のための情報を携えて「わたし」という個は
誕生した。」と
ジーザスには兄弟がいます。
幼いころ、兄弟たちと遊ぶのですが、どこか馴染んでいません。
ジーザスは大変もの静かで、自分の内面を表現できません。
よく一人で、空を眺めています。
そうしている時は、和み心が開いています。
青年に成長したジーザスは心の在り方や表し方を求めてインドへ旅をします。
やはり、空を眺めています。
大きな木の下で休みます。肉体の成長とともに、現実とのギャップに対して苦悩し
答えをみつける旅としたかったようです。
イスラエルにもどり、巡業しつつ純粋に伝え、説いてまわります。
やがて、ジーザスの隣にはマグダラのマリア、妻として迎え入れています。
ジーザスにとって最も心安らげる場所となります。
様々な人がジーザスの話を聞きに来ますが、理解できる人はいません。
日を追うごとに、「あの人はすばらしい、素晴らしい能力を持っている」といったことが
クローズアップされ、人々はすがり、依存し、なかば見せ物の状態におかれています。
相当な人数にふくれあがっています。
ジーザスに従っている弟子たちもその膨れ上がる数の多さに惑わされています。
イエスの弟子であることを鼻にかける人もいます。
イエスは大変苦悩します。
マグダラのマリアはその苦悩を知り、その苦悩を凌駕する見取り図をこの時
知っていたことは追々明らかとなってくるでしょう。
ジーザスは預言者でもあり、自分の未来についても予見をすでにしていました。
母性の真髄、真価を深く知るジーザスは、その母性を守ることが最も重要であり、
すなわち、マグダラのマリアを守ることについて、疑いの余地がなく、決断されていました
ジーザースは、幼馴染のユダ(ケルブ)に自身の予見を、母性の守護についてを
話します。
ユダは、マグダラのマリアを慕っていました。
そしてジーザスから聞いた話を先取りとして状況を使うこととなります。
ジーザスはこの状況に向かったことも向かうこととして識っていました。
火を囲み、ジーザスと弟子たちは話をしています。
ジーザスは、自分の「真実」を伝えることを話します。
弟子たちは、あまりに周波数がかみ合わず、真に応えることはできません。
唯一マグダラのマリアは、目の前でおきている状況、ジーザスの心中も
理解し、更には何が限界なのかも見通していました。
ジーザス、弟子たち、それぞれの周波数の現実を静かに受け入れることが
どれほどの苦であったか測り知れません。
人間です、五感を持ち、感情もあります。解ることの苦しみは耐えがたいものがあります
弟子たちは帰り、マグダラのマリアと子どもたちそしてジーザス。
ジーザスは子どもたちに語ります。
 
ジーザスが生まれた時の話をし、「消えてなくならない」ことを伝えます。
 
マグダラのマリアには、「ありがとう、こうなることも解りながら、見守っていてくれたことに
心から感謝している」
 
母性は失ってはならないという固い信念はありつつ
恐怖心、子どもたちを残して去ることの無念さは、生身の人間として当然ありました。
 
母マリアに対しての深い愛もありました。
このことが、母マリアの母性への目覚めとなることも識っていたのです。
 
処刑の日、怒号、やじを浴びせかけられながら、
ジーザスは空(Innocent Blue)を見つめます。
 
「これでよかったのですか?」空に問いかけます。
 
問いかけはヤハウェに対してです。
しかし、ヤハウェは答えません。
 
宇宙は騒然とします。
このような結末になろうとは。
 
太陽系の司令塔であった、ラー(ポンシオピラト)、ユダ(ケルブ)、ヤハウェの
宇宙の拡大による保身、嫉妬は、現象化したのでした。
 
クライオンの存在は伝えてきます。
 
宇宙の拡大に際し、一点の曇りを残さないように、エネルギーの曇りは浄化する。
現象化の厳しさも見据えてのことであり、計画の中でくるいはなくほぼタイムラインは
重なってきている。
無償の愛、母性の拡大である
 
 
ようやく、母性の全容を明るみにし、ジーザス、SEEDが宇宙に根付き、花が咲く
そのタイムラインに入りました。
 

Innocent Blue に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment