変化、移行
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
ウィングメーカー
検索エンジンの供給元:

マイブログ

変化、移行

 
 
 
たきさんのホームページより
 
アンドロメダ評議会・・・2014年末 地球の広範囲の変化 ホームへ戻る
http://www.andromedacouncil.com/
Time of Transition for Planet Earth
A Time of Planet wide Earth Changes
 
2012年– 2016
これらの時は2014年後半の現在の地球上の人間の、
進化の中の特定の瞬間でのレベルに基づく参考と調整、
多くの種々の星の兄弟、姉妹たち、スピリチュアルな感覚と意識を持つ
者からのフィードバックを経たものであることにご注意ください。
 
2011年の年 末から2012年を通し、全く新しい、
より高いレベルの周波数振動をもたらした、
2012年12月21日と言う時に最高潮になって以来続いてる
より高い次 元の振動は、地球上の人々が知るに至ったように経験と
時間の測定が去り始めるように飽和に至りました。
それは去り続け2012年から惑星地球のより高い次 元への変容が
起きる2017年にかけて低減して行くでしょう。
 
振動の変化と、地震、火山爆発、波動イベント、
などの地球の核の回転の変化と、
現在の東西の南北への方角の変化を含む継続的な地理的変化が
起きるでしょう。
 
又この期間には磁極の移動、反転も起きると思われますが、
地球上の人達には何ら問題を生じません。
地球の電気システムの一時的な調整期間がありますが、
これはほんの数時 間のことで問題にはなりません。
もしも何か困難な事が起きれば、
アンドロメダ評議会の生物圏が援助することになっています。
 
23.5度の地軸の傾きも同じように修正され、傾きはなくなります。
これは地球全体の気候が穏やかになる事を意味します。
この惑星全体が地中海地方と同じような気候になると考えて下さい。
 
そうです、惑星地球はこの新しいより高い次元振動の存在になるために
継続的で劇的な変化を遂げようとしているのです。
これらのイベントは人間にとってもこの惑星上の全ての生命にとっても
暮らしを変えるようなものになるでしょう。
それは変容です。
それは進化です。
 
この期間全体を通じて、最大の者から最小の者まで全ての生物には四次元の生命への変化、進化の機会が与えられます。
 
女性の体の変化のように、調整と拡張が行われ、地球も不快な調整、
一時的な生みの苦しみを通り抜けなければなりません。
地球も、遙かに色とりどりで、振動し、美しい世界である、
四次元密度としての新しい暮らし、この新しい始まりに対して調整し、
準備しなければなりません。
 
これらの地球の変化はこのサイクルの残りの期間を通じて定着すること
が期待され、2017年に入ると収束するでしょう。
 
2017年
 
繰り返します が、地球の歴史の中の2104年後半というこの瞬間に
於ける、現在の種々の星の兄弟、姉妹たちからのフィードバックに
基づいて、2017年のある時点で、 惑星地球、その上の人達、
及び実質的に全ての生命体は新しい上部四次元のより高い次元振動
の存在になり始めるでしょう。
 
この全体の遷移とより高い次元への変容のプロセスは意識、
気づきによって駆動され、時間、日取りによるものではないことを
覚えておいて下さい。
そして変容の瞬間は人間の感覚的意識とスピリチュアルな気づきが
最高点に達した時に起きると期待されています。
 
これが起きる時には、文字通り瞬く間に四次元への変化の瞬間が
来ます。
この四次元への暮らしの変化は瞬間的です。
あなた方の新しい四次元の地球上には五次元の振動ポケッ トも
あるでしょう。
しかし、それは更に色彩に富み、
遙かに美しく生まれ変わった世界なので安心して下さい。
 
四次元は完全な自己愛、相互の愛の表現に向かっての旅であることを
心に留めておいて下さい。
この四次元、愛の暮らしに向かっての進化の間には、
自分と他者を許すことを忘れないようにし、ハートを開いて下さい。
 
三次元から四次元への旅は又、数千年の間の男性/知的/論理的エ
ネルギー及び外向的表現からより穏やかな女性/与える事/直感的エネルギーへの旅としても表現出来ます。
 
多くの聖人がこれまで言ってきたように、
“ 愛はこの宇宙で最も強力な力である。”
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

変化、移行に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment