黒曜石の記憶
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

日本のDNA
蟹座の新月
2017年夏至
黄昏時
無償の愛は決断
検索エンジンの供給元:

マイブログ

黒曜石の記憶

 
 
 
photo by Miho Morii
 
第三の眼で黒曜石を見つめます。
 
中心に鏡が見えてきます。その鏡の中に入ります。
 
 
 
 
静かなブルーグリーンの鏡の池のそばには、大きな大きな大木が存在します。
しかしその大木は今は存在せず、
そのエネルギーは鏡の水として湛えられています。
その水の中にこの黒曜石は在ります。
さほど高くない火山、噴火し、大木は姿を変えました。
この黒曜石は先住である子どもたちが持っています。
DNA、記憶の一部として刻まれています。
記憶を呼び起こすことは、その池に繋がります。そしてM81へ。
ケルトの音に刻まれています。
 
動物→植物→鉱物へとアクセスします。
シルバーコードは自由自在
 
 
 
2015/2/23
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
トム・ケニョンとハトホル・・・2015年2月22日  地球磁場と意識 ホームへ戻る
http://lightworkers.org/channeling/211044/earths-magnetic-field-and-consciousness-through-tom-kenyon
The Earth's Magnetic Field and Consciousness
22 February 2015
Channeler: Tom Kenyon (and the Hathors)
 
地球磁場は摂動 (他の天体に影響されて動くこと)
あるいは変態に巻き込まれます。
これは次元間で起こりつつあり、その効果は磁場の振幅もしくは強度の
一時的な拡大です。
地球磁場のこの変態は非常に急速な昇降波のようなもので、
振動は僅かですが明瞭です。
これは人間の意識、特にあなた方の生物的な経験に非常に奇妙な
影響を及ぼします。
多くの人達は大きい疲労や倦怠感を感じます。
(これらの症状は遙か遠くの宇宙から銀河と太陽系を通過してゆく
エネルギーの動きからももたらさ れます。)
 
しかし、この地 球磁場の動きは異なる範疇に属します。
これは遙か遠くの宇宙からやってくるエネルギーに対応する
磁場そのものによって引き起こされます。
それは地球自体の溶融コアの反応であり、
比喩的な表現をするとすれば、磁場が宇宙と会話するようなものです。今はあなた方の科学は物事をこのようには見ませんが、
私たちの磁場に関する見方はこれらの宇宙からの訪問者である
遙か遠くの宇宙からのエネルギーとの会話だというもので、
本来的にスピリチュアルな進化の触媒として作 用します。
 
地球磁場の摂動に直接関係するもう一つの一連の症状は、
記憶が神経系と地球の磁気の関数なので、
あなた方の短期的記憶の明瞭な変化です。
あなた方の頭脳は、それ自体の構造中の微少な重力場及び
非重力場を通じて情報を処理するので、
地球磁場の揺動に直接影響を受けます。
ですから、あな た方の短期記憶の異常が増します。
話をしている時に突然言葉を思い出せなくなり、
或いは用語法を混同したりします。
ある場合にはこれは頭脳の不調によりま すが、
一般大衆の間にこの現象が増します。
集合的な短期的問題の増加が人々を非常に貴重な状況に
追い込みます。
この状況はあなた方のこの現象への対処の方 法によって、
良い機会になるか、逆に呪いになってしまいます。
 
良い機会とは自 分自身の創造の心理マトリックスを通じて
見ることです。
これによって私たちが言いたいことはマインドが手慣れた方法で
物語りを構成出来なくなった時には、
あなた方にとって(感知の)カーテンの背後の現実を見る機会が
出現するということです。
あなた方はこのカーテンを創造した者であり、見たくない、
或いは直接経験したくない、
もしくはある場合には他の誰かがあなた方に直接見させたり
経験させたくない物事から
あなた方を遠ざけることによってこうしてきました。
ここではあなた方の集合的な現実を操作する目に見えない支配者、
経済的及び政治的な権力の保持者のことについて言っています。
 
以前申し上げた通り、あなた方の惑星上にはスピリチュアルな進化の
動きを積極的に妨げる勢力があります。
彼らはあなた方を支配するために情報の歪曲を通じて
自分たちの嘘を続けています。
このような操作は益々難しくなってきています。
 
彼らの仕事は磁 場の摂動が人間のマインドによって統制される
心理的な現実の創造にギャップを創り出します。
あなた方を支配し、操作したいと願っている者たちは自分たちの
意のままに出来る膨大な部隊を持っていて、
その一人一人にたっぷり賃金を支払っています。
しかし、彼らは地球磁場までは支配出来ません。
ですからこの現象に対してあなた方の感謝が必要です。
 
地球磁場に影響するインパルスは彼らの影響範囲の遙か向こうから
やって来ます。
地球磁場の摂動がこれからの数年間増すという事は、
私たちの超次元物理学による理解に基づく予想です。
エネルギー的に敏感な人達は現在最も強くこのことを感じていますが、これから二、三年の間はほとんどの人達がなぜか分からないまま、
これによって意識に昇ってくる程度に影響されるで しょう。
 
このような状況に対処するためには幾つかの方法があります。
第一の方法は最も簡単です。
それは地球自体のコアとの繋がりを理解することです。
エネルギー的な存在として、あなた方は、肉体と血液に加えて
意識上のエネルギー的な地球のコアとの繋がりを形成出来ます。
 
あなた方が地球 磁場に浸漬され、
或いは囲まれているということがこの理解、或いは方向付けです。
地球磁場の発生機である地球のコアとの心理的な共振状態を
得ることによっ て、あなた方はエネルギー的な安定を図れます。
意識を持つ存在としての地球は、
該当する言葉がないので言い表しがたい方法で
自分をあなた方に示す事が出来ます。
あなた方の最大の強みであるこれに対する気づきが得られないように、あなた方は操作、支配されてきたのです。
 
地球のコアとの共振状態にはいることによって、
あなた方は地球を、生きている、意識を持った存在として意識することが出来るようになります。
この繋がりを通して、益々増してくる地球の混沌の最中でも、
あなた方は一種のエネルギー的な連帯を形成します。
 
しかし、それについての奇妙な事はこのような連帯を感じると、
偽情報、操作、マインドコントロールを通じての人間の思考の流れを
支配する勢力による支配や”操作”が低減することです。
 
別の言い方をすれば、地球のコアとの直接の意識的関係を
築くことによって、私たちがネガティブな生命コントロール、
と呼ぶ技術の影響を避けられるのです。
 
地球のコアとの心理的な共振状態に入ることに何かを付け加えたい
のなら、あなた方のプラーナチューブを利用するようにお勧めします。
これは頭頂から体の中心を通り、
地球の中へと貫通する精妙なエネルギーチャネルです。
このチューブ、或いはチャネルは、地球の中深くまで、
又頭上では宇宙の遙か遠くまで展伸できます。
この方 法では、あなた方は頭上でのチャネル形成を意識する必要は
なく、地球のコアに向けての展伸のみを図ればよいのです。
 
しかし、大切な事はこのチャネルをあまり地球の奥深くまで
展伸させないようにすることです。
理解すべき大切な事は、単に地球のコアを知ることによって
それと共振状態に入るということです。
これによって増してくる混沌のなかでも意識の安定と言う感覚が
得られます。
それはあなた方の感覚を目覚めさせます。
それはあなた方に地 球との関係を大いに意識させます。
そして強調したいことは、それによってあなた方を催眠状態から解放し、
制御されにくくすることです。
そうすればあなた方は周囲の嘘をよりはっきりと見破るでしょう。
 
第二のお勧めは銀河のコアとの意識的な関係を築くことです。
基本的に、あなた方は地球のコアとの場合と同様に
ブラックホールであるミルキーウエイ銀河のコアと共振状態になり、
銀河との関係を安定させることが出来ます。
 
これが出来れば、ここに述べたことを聞き入れればどうすれば良いかが
分かります。
これは複雑なことではありません。
あなた方の一部が肉体の時空座標には縛られないと言うことさえ
分かれば至極簡単です。
 
 
それには意識が瞬間的に時空のどこにまでも届くということを理解する
必要がありますが、意識を銀河のコアに届けることによって
銀河との関係を安定に出来ます。
 
理想は同時に地球のコア及び銀河のコアとの関係を築くことです。
そうすればあなた方は遙か遠くの宇宙からのエネルギーの波にのって大いにマスターすることが出来ます。
 
しかし、繰り返しますが、これによってあなた方に対する支配を
困難にし、催眠を難しくし、周りの多くの人達が眠っているのに、
目覚めるという非常に奇妙な経験を得ることになる可能性があります。この気づきに必 要な事は、言うまでもないことですが、
あなた方の選択と対応能力です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒曜石の記憶に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment