18年
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
ウィングメーカー
検索エンジンの供給元:

マイブログ

18年

 
フランス北西部の世界遺産「モンサンミッシェル」が3月21日、ありし日の姿に戻った。
時事ドットコムによると、18年ぶりの大潮が押し寄せて、孤島の姿を回復した。
コトバンクによると、モンサンミッシェルはブルターニュ半島の近くにある小島で、
周囲約900メートル。
島を覆うように建てられた修道院は966年に創建されたもので、
その後は増改築を重ね、13世紀ごろに、ほぼ現在の形になったとされる。
百年戦争の際には要塞として使用された。
周囲の湾は干満の差が激しく、かつては干潮時にしか渡ることができなかった。
しかし、18世紀に建設された堤防道路の影響で土砂が堆積した。
近年は滅多に、海に囲まれた姿を見ることはできない。
ヨーロッパで20日に観測された日食の影響もあり、
21日夜の潮位はモンサンミッシェルの周辺で、
これは、ビル5階分に相当する高さだった。
「世紀の大潮」を見ようと、数千人がモンサンミッシェルを訪れたという。
 
THE HUFFINGTON POSTより
 
 
18年ぶりの最強の「スーパームーン」にからんだ日食を観、春分を迎え、
18年ぶりにモンサンミッシェルは在りし日に戻りました。
 
 
 
 
 
 
 
 

18年に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment