鏡の中の鏡
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

鏡の中の鏡

 
 
 
長野 しだれ桜 Photo by Miho Morii
 
 
相対する人は映し鏡と言われます。
 
その真相が実体験を伴い、身にしみて悟られ、
やがて、その鏡のループを抜け出します。
 
様々な映し鏡の様子を観、必要なものやこと、必要な時に差し出します。
 
そこは、静寂に満ち「祈る」世界です。
「祈る」とは静のイメージがあります。
 
「百聞は一見に如かず」
 
「祈る」とは躍動に他ならず、
 
いなやかに、力強く、いかようにも変化し、自由自在に上昇することです。
 
その姿は十一面観音の姿に他ならず、千手観音の姿でもあります。
 
日本の鏡の中の鏡は靖国の奥院に。
 
全面には、国を我が身と同じくし、心願を守った魂の砦によって、
固く固く守られています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鏡の中の鏡に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment