娘の涙
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

娘の涙

 
 
 
ルビナス:母性愛
 
昨夜、自室から駆けおりてきて、私の胸で号泣した娘。
 
しばらく抱きしめ気がすむまで、泣き明かします。
 
並々ならぬ決断をした15才から2年半。
独り独創の世界を歩く中で、自身を信頼する勇気の連続でした。
 
わたしは、あなたが人知れず忍耐しているそのことを
理解する人でありたいと願っています。
 
その独創の道を守りたいと願っています。
 
大丈夫です。とわたしは、確信をもって伝えます。
 
わたしはわたしの願いが創造そのものであることを思い出しているからです。
 
娘は拠り所がない自身の状態をよく観察できています。
その状態はハイヤーセルフの視点があるからです。
 
自分の存在が完全に宇宙に溶け込むそんなタイミングが来たようですね。
 
オールはあなたの心の中に。全ては今の中にあります。
1000年先の花の種そのものです。
 
わたしの「子育て」は実は1000年先にはごくごく当たり前のその種をもって
今の中で育てています。
子どもたちはそれぞれ個性も役割も違いますから、
その種の発芽も育ちも姿も勿論違います。
 
あ~そんな生き方ができたらなぁと心が動くと言う事は、種が撒かれたということです。
要は、1000年先の開花している・・そのための種を撒いているのです。
1000年先なんて・・と唖然と口をぽっかり開ける光景が目に浮かびますが、
その1000年先も今なんです。
 
主人にも聞かれたことがあります。
確実にそうなると決まっていての上での話なのか、生きているうちになのか、
100年後、いやそれ以上なのか。。。?
 
時間というトリックの中では、ごく自然な問いです。
 
トリックの外にでるのは、自分自身が、自分の存在への洞察の極限を迎えたとき、
選択肢があらわれ、選択をすることにより可能となります。
 
とても制約された箱に合わせることにエネルギーを費やし、
そのためにパイの取り合いの世界がどんどん色濃くなるサイクルから
あ~もう飛び出そう!と心が動いた事例を
つい最近、講義を受けて下さった学生さんの心の声も確実にみています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

娘の涙に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment