女神のエネルギー
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

牡牛座の新月
母の愛
新しい種 新しい世界
天秤座の満月
地球イチバン僕ニバン
検索エンジンの供給元:

マイブログ

女神のエネルギー

 
 
 
 
ラクシュミーの目には、こんな光景が映ります。
 
たくさんの人々が裁判所の前に集まっています。
無罪のプラカードが踊り出ます。
 
また、お葬式の行列のその列がどこまでも続きます。
 
スーチー女史の果てしない母性の営みは結実しますか?
 
中国では、ベージュ色の風船の中に大勢の人々がいます。
風船の口元から、真っ直ぐに手が伸びますが、燦々と輝く太陽には
届きません。
淀んだかすんだ空気にさえぎられています。
 
ヒマラヤの女神のエネルギーは、洗いざらい女性の抑圧してきた憂い、痛み、
悲しみ、絶望が噴出し、浄化されていきます。
 
イシスの世界の旅は完結しました。
 
さぁ、女神たちよ、厳かに、清らかに、華やかに、慈愛に満ちた自らの姿に
歓喜する時がきました。
 
2015/4/28 Crystal Kaoru Okado
                 羅針盤 Miho Morii
       Navi Yasuko Fujii
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LightWorkerMike
 
イエス  2009年10月28日イエスと伴侶の女性
 
皆さん、ひとつお話ししましょう。
私が地球で生きていた時、ガリラヤの丘にいた時のことです。
私はほとんど 一緒にいた最愛の伴侶がいました。
マグダラのマリアです。
皆さん、その時私たち二人は、体を持ち、
男性 と女性の陰陽でキリストの炎を持つ「2人の証言(人)」(新約聖書)という
スピリチュアルな儀式を公にせずに隠 しておきました。
そうやって男女が共に結ばれ一つになる、
そうして初めてスピリチュアルな儀式を取り行うこと が出来るのです。
皆さん、私が地球にいた頃、
マグダラのマリアと私に対して非難した人がたくさんいました。
私たち二人は結 婚していなかったというのが理由でしたが、
私たちは毎日一緒にいました。
非難した人はこのことを捕まえて 私の言うことを聞こうとしませんでした。
私も当時の彼らのしきたりに従いませんでした。
他人に承認を求め たりしませんでした。
ただ神の承認だけで十分でした。
また皆さん、マリアと私が当時一緒にいたのは、
私の使命にバランスをとるために一緒になることが必要だ とスピリットの力によって
知ったからです。
女性と一つにならなければ使命は達成できませんでした。
その聖な る女性が伴侶になって私の命は流れだしたのです。
お分かりのように、肉体同士出会った時、
私たちはこの 件に関しては決して何者にも邪魔をさせませんでした。
人の目にどう映ろうとも、すべてを捨て、すべてを後 に残すことだけが必要でした。
悲劇だと見る人もいましたし、
伝統としきたりに照らして酷いことをすると考え た人もいました。
今お話ししていることは聖書には書かれていませんが、
マグダラのマリアは私と出会った時、結婚していまし た。
夫のもとを離れ私についてきたのです。
彼女は離婚できませんでした。
だから私たちは結婚できません でした。
まさにこのことが多くの人から非難を受け、審判される原因になりました。
でもその地での使命のあっ た3年という短い期間、
達成すべき大きな目的があったのです。
だから最初に神が夫婦にした夫から彼 女を引き離すことは出来なかったのです。
皆さん、これが本当のことです。
スピリチュアルな儀式を行う際は、そこに人が集まりますが、
その後、集まった人達は自主的に仕事を始め なければなりません(ルカ伝)、
もう後ろを振り返りません。
もし振り返った場合、古いパターンとド ラマにまた引き釣りこまれるでしょう。
なので前を向き続け、生きるキリストの私を見るのです。
「汝らにとって 大切なことは私を通して進める」と言っておきましょう。
もう死んだもの(事)は土に埋めましょう。
山上で変 容する私に付いて来なさい。
皆さんも変容し、昨日の自分とは違うことが分かります。
1年前、いや10年 前とも違います。
今、生きたキリストの弟子になろうという人全員にお伝えします。
キリスト意識を体現するためにここ 地球に来たことを知っている人です。
何万、何百万人の中の一人です。
後ろを振り返らないでください、前 を向いてください。
私が始めた仕事をしてください。
今勢いがついて畑を耕され、虚から真実を切り開いてい る段階です。
また、他の人から引っ張られる時は、心で私を見て繋がってください。
「ああ、イエス、これは自 分の問題です。あなたに付いて行きます」(ヨハネ)と
言ってください。
すると、私は無条件の愛をハートチャク ラに送り流れが戻ります。
チャクラで燃えている火に風を送ります。
すると益々炎が明るく感じるでしょう。
こ れが本当のベツレヘムの星のことです。
キリストの生誕の地にあなたを導くものです。
心の火に従う
もう不要なものから離れようとする時には、内なる火は益々燃え盛ります。
そしてもっと燃え盛る方向に歩き 出すのです。
私は益々。私は永遠に益々。
毎秒もっとです。
瞬間瞬間益々燃えます。
私は益々の存在です。
だから、これをやるべきかどうか考える時には、
自分自身を、自分の考えに関して 見つめ、究極の指針を手にします。
親愛なる皆さん、もし益々もっとの地点に行けそうにない場合、
自分 の道を進めそうにない時は、それはあなた自身が進みたくないことなのです。
やろうとしても力は発揮できま せん。
益々もっとになるようなことをしてください。
すると私を見失うことはありません。
私との繋がりを失うことはありま せん。
しかし、容易いことを始める時は、水の中に沈んで行くのです。
そしてピーターにしたように手を伸ばしますが、
その 手をつかめない時にはあなたを引き上げることはできません。
自分の目に湛えた光を見ることによって自分 を引き上げなければなりません。
ドラマやエゴを見て、人がつくった狭いメンタルボックス(二極性の信念や考 え)に
引っかかったなと気がついて、生きたキリストの生きた真実を見なければなりません。
(参考)
二人の証人 The Two Witnesses 2005 11 4
「新約聖書から Revelation 11」
二人が、その証しを終えると、一匹の獣が、底なしの淵から上って来て、
彼らと戦って勝ち、二人を殺してしまう。
彼らの死体は、たとえてソドムとかエジプトとか呼ばれる、
大きな都の大通りに取り残される。
この二人の証人の主も、その都で十字架につけられたのである。
さまざまの民族、種族、言葉の違う民、国民に属する人々は、三日半の間、
彼らの死体を眺め、それを墓に葬ることは許さないであろう。
地上の人々は、彼らのことで、大いに喜び、贈り物をやり取りするであろう。
この二人の預言者は、地上の人々を苦しめたからである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

女神のエネルギーに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment