金の浄化
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

牡牛座の新月
母の愛
新しい種 新しい世界
天秤座の満月
地球イチバン僕ニバン
検索エンジンの供給元:

マイブログ

金の浄化

 
 
 
 
 
 
 
 
 
上弦の月&木星&金星
 
 
 
昨日、教育の現場に立つ教授とお話させていただき、
学生の遷移について赤裸々なお話をうかがいました。
 
お金のシステムという幻影の網に自動的に組み込まれていく魂の様子が
つぶさに語られます。
 
しかし、その中で、私は外部講師として講義をさせていただき、
学生さんが正直な感情や、自分の変化を客観的に語られた心の奥底に灯る小さな光をレーポートに確かに観ています。
 
その光は爆発的なエネルギーの解放の火種です。
 
私は、大丈夫、大丈夫、必ずその光は、虚しさや、重たさや、憂鬱や、くやしさや、
絶望を優しく優しくくるみ氷解し、この地球に住まうすべての存在の牽引と
なることを信じてやみません。
 
ご縁は必然
 
そうあります。
 
教授、学生のみなさん、ありがとうございます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
より抜粋
 
 
ほとんどの人たちがお金を怖がっている…


ということに気付いているかな?


お金がなければ生きていけない、と怖がり、


お金をたくさん持っているれば、失うことを怖がり、


お金をたくさん得ようとすればするほど、

自分自身の創造性と体力に限界が訪れるのではないか…と怖れを抱く…。


とにかく、あなたがたは、お金と一生、戦いつづけて、つねにお金を怖がりつづけている。



その理由は、あなたのコンシャスセルフに


さんざんお金にまつわるネガティブな印象、制限の信念を


周囲から教え込まれてきたから。


とくに信仰と道徳と健康という入口から、刷り込まれてきた。




インナーセルフにきちんと向き合ってみれば、


お金よりも生きることを楽しむことが大切、だってことが理解できるだろう。



お金を稼ぐことと生きることを楽しむことは、まったくつながらないんだよ。


生きることを楽しむ、人生を楽しむように生きる、ということは、


まずあなたが自分の人生を「自分の表現と創造のための時間」として


完全に認識しないとはじまらない。


人生は結局、どれだけあなたのイマジネーションとクリエーションの


パワーをつかって、物質現実にそのエネルギーを具体化させられるか、


ということが大テーマなんだよ。



ところがお金を稼ぐ、お金をたくさん貯めるという意識が


それよりも全面に立ってしまうと、


とたんに人生という「時間」は、数字と合理主義の魔術に取り込まれてしまう。


あなたのすべてのイマジネーションとクリエーションのパワーが


お金という単純なトリックによる魔術的現実の渦のなかに吸い込まれてしまうんだよ。



さまにこれは一種の意識への魔術。


お金という、イメージの魔法の根っこをしっかりと抑え込んでいる


とても狡猾な魔術師たちの意識魔術さ。


ほとんどのひとたちは、その意識魔術にまったく気づかないうちに


呑み込まれて、肉体の生命時間を


彼らに吸い取られてしまう。


肉体の生命時間は、


いまのところ、あなたがたの世界では「有限である」という


信念設定がかけられているから、


その有限の生命時間を吸い取るもっとも強力な意識魔術システムが


「お金によるエネルギー吸引システム」というわけ。



ただ、このトリックは


あなたたちがその単純な仕掛けに気付きされば


簡単に捨てられる。



つまり…生命のクリエーションとイマジネーションのパワーを


時間と労力に換算して、数値化してお金に置き換えることで


常に彼らに盗まれている…という仕掛けに気付くかどうか…ということ。



そのためには、まずあなたたちが


自分自身が、生命のクリエーションとイマジネーションのパワーを


人生の有限時間のなかで


どれだけ具体化できるか、どんなふうに楽しみたいか…ということに


気付かなければならない。


意識魔術にひっかかけていることに気づかなければ、目覚められない…。

つづく


光の愛を意図し、選択することを一人でも多くの人にシェアしてください。愛と感謝をこめて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

金の浄化に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment