男性エネルギー カイラス山
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

銀河新年
獅子座の新月
すべての魔法を解く
満月の蓮
イエスとマリアマグダレーナの癒し
検索エンジンの供給元:

マイブログ

男性エネルギー カイラス山

カイラス山(Kailash / Kailas)、または カン・リンポチェチベット語: གངས་རིན་པོ་ཆེ་、中国語: 岡仁波齐峰)はチベット高原西部(ンガリ)に位置する独立峰
サンスクリット名はカイラーサ(कैलास Kailāsa)。カイラーサの語源は不明だが、サンスクリット水晶を意味するケーラーサ(केलास)と関係があるかもしれない。この名称が英語等へ伝わった Kailash / Kailas が、日本語における名称「カイラス」の直接の由来である。
標高6656mの未踏峰。信仰の山である為、登頂許可は下りない。但し、修行僧でもあり、吟遊詩人でもあるミラレパ1040年 - 1123年 / 1052年 - 1135年)が山頂に達したという伝説が有る。
(wikipediaより抜粋)
ダライラマという音魂(ダライラマ14世は閉じることを決定された)
一族を、名を残さなければならないという想念は、男性の剛健、名誉を
外側に求め、徹底した女性エネルギーの封印となりました。
豊臣家はこの閉じたことに私念を残します。
一族はこの惑星において一定の役割を得、その情報をDNAにて運ばれます。
それは、その使命を悟り、使命の顕現の有りようが、
結果的に氏を残す、あるいは閉じるといったかたちとして顕れるが、
その連綿と引き継がれた個性を活かす、有用たる在りように、
心砕くことにつきます。
その潔さ、自己の目に見えないことの方が多い真の意図、志への100%の信頼が
男性エネルギーです。そしてそれが真の信仰であり、聖なる愛であり、
真の女性エネルギーの復活となります。
そうあります。
 
 
 
 
photo by Miho Morii
 
時計草・パッション・フラワー:花言葉「信心」「宗教」「信仰」「宗教的熱情」「聖なる愛」
 
英名「パッション・フラワー」は、イエス・キリストの受難の意味。
特異な花型は、十字架や茨の冠に見立てられている。
  めしべ・・・十字架にかけられたキリスト
  副花冠(濃い紫の線状の花弁)・・・後光が差しているところ
  後部の10枚の花弁・・・キリストに従った10人の使徒
 

男性エネルギー カイラス山に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment