豊かさのはじまり
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

蟹座の新月
2017年夏至
黄昏時
無償の愛は決断
検索エンジンの供給元:

マイブログ

豊かさのはじまり

 
 
 
 
昨日、伏見稲荷大社に向かいました。
真の豊かさが顕現します、そうありますと静かに手を合わせました。
 
ニギハヤヒと陰陽一体である瀬織津姫(内宮・天照大神)であり、
イエスのパートナーであるマグダラのマリアの母性が
この世界に豊かさとして顕れるところでもあります。
 
しかし、この豊かさがエゴにより計られ、その豊かさを人々が願い、
そのとおりの世界が展開してきたように思われます。
 
その阻む最もの要因は、
主義、主張の違いにより、優劣を競う・・・宗教
利権(既得権益)・・・ひいては国家の侵略に使われます。
人種による差別・・・DNAに伝承されている叡智の情報の略奪(権益をえるため)
 
これまで、上記の実現のために、豊穣の道は阻まれ、
本来の稲荷としての顕現は八方塞がれているようです。
 
八方塞ぎ、エゴによる権益を守るため、
本来は、豊穣を阻むことから守るためにあります陰陽道の式神も
情報を盗む(盗聴)ために使われる呪詛となりました。
 
 
これらは、満月の光にてらされ、あぶりだされ、誰もが目にし、
音をたて、崩れ去り、昇華します。
 
そうあります。
 
 
 
京都からの帰り道、
サービスエリアで四日市へ行きます!と立っている、世界、日本をヒッチハイクしめぐる
青年に出会いました。
そこから先は、主人と青年と私の三人で、これまでの旅の見聞を聞きながら、
豊かな豊かな在りように心の底からワクワクし、
アッというまに四日市に戻りました。
お送りしたのは、目と鼻の先で、
昨日のスタートは京都であったという驚きのシンクロに三人は大笑いしたのです。
 
その先は、那智の滝、熊野三山、玉置神社に向かうそうです。
まさに、水神 瀬織津姫の地をめぐという青年。
 
伏見稲荷大社の九尾の狐が永らくの八方塞がりから解放に向かう旅の
始まりを見せてくれたように思います。
 
感謝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豊かさのはじまりに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment