魔女の夜明け 復権
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

上海
牡牛座の新月
母の愛
新しい種 新しい世界
天秤座の満月
検索エンジンの供給元:

マイブログ

魔女の夜明け 復権

今日は、七夕です。
 
抜粋

今日は7月7日、七夕です。
でも、本当の七夕は今日ではありません。去年(2012年)、
8月19日の「ほんとうの七夕」を参照してください。
今年は8月13日になります。

七夕の織姫星ベガは、遠い遠い将来、北極星になります。

そう言われて、  「北極星って変わるの?!」
と思いましたか?

実は今の北極星は、おおよそ1000年ぐらい前に北極星になった星で、
あと1000年後には北極星ではなくなります。
星の方が動くのではなくて、地球が動きます。正確に言うと、地球の自転軸が動きます。

地球は24時間で1回転しているコマです。
勢いがなくなって止まりかけているコマを想像してみてください。どんな動きをしますか?

首を振りながら回りますよね。
もう少し正確な言い方をすると、こまの回転軸が下が尖った円錐を描いて回ります。
地球の回転軸は南極と北極を結ぶ線。
これが同じように円錐を描いて振れています。
ただし、ものすごくゆっくりで、約2万6千年で1回転。
そして、南極と北極を結ぶ線の延長線上ある星が北極星。
南極と北極を結ぶ線が振れるのですから、その先にある星も変わります。
現在、たまたま、そこにポラリスという名前の星があり、それを北極星と呼んでいます。

~魔女の夜明け
 
ギリシャは今世界から注目を浴びています。
経済政策で今後前代未聞の扉を開けていくこととなるのでしょうか。
 
デルポイ神託、宇宙の母性と繋がり、多次元からのお告げを手渡し、
男性エネルギーを補佐します。
 
Raやソロモンはこの補佐により、母性と繋がります。
 
この魔女たちには、隙あらばと取り巻くエネルギーがありますが、
要は、自らの内に波立ちを明鏡の如く鎮め、安らぐこの一点が求められます。
外側の評価や結果に囚われることで、
いとも簡単に、エイリアンの支配下にも成りえます。
 
神託は、深淵な母性の担い手であり、それぞれの個性を通して表現し、
自由が担保されます。
 
魔女の神託を否定した想念は、この地球にエイリアンの支配を許可することと
同義でした。
 
今、世界に観る宗教間の争い、人々の創造性に限界を設ける経済システム、
利権、特権を許し、呼吸ができないぐらいにあえぐ様相は、
支配を許可しておきながら、「神託、聖所」に責任転嫁するサイクルが
現象化しているだけです。
 
男性も女性も苦しみ続けましたが、
今、その整合性を認め、受け入れ、そのサイクルは終焉を迎え、
サンクチュアリ・聖所は、更なる進化をみます。
 
 
 
 
九尾を束ねるループは解き放たれます。
 
そうあります。
 
 
 
画像:瑠璃の星☆彡
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Light Worker Mike
アークトゥルス・グループ 2015/7/5Marilyn Raffaele
こんにちは、皆さん。
深いレベルで多くのことが起きているので、
地球のいろいろなところでこれから間もなく起こる変化に備えなくてはなりませんが、
そのことを言いたいと思います。
転換と浄化の激しいエネルギーが、肉体と感情、メンタル面、精神面に表れますが、
個人にも、土の塊ではない、生きた魂を持つガイアの上にもそのエネルギーが
やって来ます。
それは、恐怖心を起こすためではありません。
そのような出来事が起こるのは、
人類に喚起を促すために重要かつ必要なことなのだという理解を促すためなのです。
そのような地球の出来事に関わる人たちは、
常に経験することを深いレベルで了解しているということを知っておいてください。
皆さんは、物質地球に生きる単なる血と肉の塊ではないことを忘れないでください。
人類が、私利私欲のもとに、ガイアと生きとし生けるものに与えたダメージを理解し、
認め、そしてそれを修正する期間は、とうの昔に過ぎています。
益々多くの人が目覚めるにつれ、変化は避けられなくなります。
しかし、その際、壊滅的な被害や出来事が伴うことがよくあるので、
それに対してなぜだと考え、また次のような疑問を持つ人さえいます。
こんなに水や空気が汚染され、生命が破壊され犠牲が増え続けて、
そこまでして金を稼ぐ意味があるのだろうか、と。
地球上に変動が起こる時は、それに逆らったり、“古き良き時代”の方がよかったと
現状維持に必死になるのではなく、流れに乗れるようになってください。
合衆国は、今独立記念日に沸いています。
自由・独立の意味を本当に知っていますか?
あるいは、あなたは自由だと言われていることがその通りだと信じていますか? 
皆さん、周りを見て、だんだん、安全のためという口実でいろいろな自由が奪われるのを許すような社会になっているかどうか、それをじっくり観察してください。
「恐怖(脅威)」は、コントロールするための効果的な手段です。
皆さんには、安全でいるためにそのようなルールや規制が必要ですね。
でも、もう、「新時代」です。
これまで、政府当局者は、国民にとって最善になることを知っているに違いないと信じて、
疑問を持つことなく認めてきた人が数多くいますが、
そのすべてに対して疑問を持ってください。
皆さんは、進化の途上で、知らず知らず明け渡した、
自分を信じる力を取り戻さなくてはならない地点にいます。
内なる導きを信じて、そして、崖っぷちにいることが分からないリーダーに
盲目的に従う烏合の衆のような行動をとらないことから始めてください。
今や、すべての国の国民は、「正しかろうが、間違っていようが、
我が国家なり(”My country right or wrong, my country”.)
<訳注:国粋主義者や国家主義者の用いる言葉。
cf.「悪法も法なり」>というようなことを声高に叫んで旗を振ることはやめる時です。
すべての国民がひとつ(ワンネス)の意識になる時です。
今や「新時代」です。
数多くの人生を2極的対立と分断の3次元で過ごした結果、
一つになるのを無視することが人類の普遍的なコンセンサスになりました。
この分離観は、力や知識、強さなどを持つ者と持たざる者というように外で
露わになります。
この信念は今なお根強く、金や強さを持つ者がそれ以外の人をコントロールする結果になっています。
ほとんどの人が今までそれを受け入れたままです。
いまだに多くの人が、規制や法律を求め、生き方を教えてほしいと思っています。
しかし、目覚めた魂にとっては、今や「新時代」です。
必ずあなたの意見を取り入れますなどと声高に言っている人に投票する前に、
よくよく考えてください。
疑問を投げかけながら、さらに大切なことは、自分の中で候補者の意識状態を
感じ取ってください。
そのエネルギーを感じ、言葉の端々、行間を読み取りながら、
自分の直観を信じてください。
そうやって自分が持っている力を手にして、
権力を手にしようとする人の作り上げた宣伝や雑音に対して不動でいられます。
そうやって本当の民主主義が形成されていきますが、
もともと合衆国建国の父たちは、そういう目的を持っていたのです。
アメリカはスピリチュアルな原則に基づいて建国されましたが、
時とともに、個人的な関心や利害のために操られ、
当初の崇高な目的から逸れて堕落しました。
個人の宗教観や狭い考え方で、ごく少数の者の利益だけのための法律が
決定される時には、心の自由は失われ、独立宣言の理念は、もはや存在しなくなります。
戦争をすることに誇りを感じる人がいまだに数多くいます。
私たちはまた、自分を犠牲にする人たちに敬意を表します。
そのような勇敢な魂は、崇高な権利意識を全うして生きたからです。
崇高な権利意識を全うすることがすべての人に求められます。
そうやって問題を解決する方法が、昨今までの世界の考え方の趨勢でした。
しかし、今や「新時代」です。
「自由はタダではない」とはよく言われる言葉です。
しかし、自由はタダです。
そういうことが、分断と戦争の考え方になり、自由を妨害するのです。
暴力では、決して平和は訪れません。
分断と戦争は、両者共、まさに分離分断のエネルギーです。
皆さんは、これから真の自由を味わおうとしているところです。
真の自由は、生まれながらの権利としてこれまでもありました。
自由こそがあなた自身なので、決して奪うことはできません。
しかし、教えられ言われてきたものではなく、本当の自分を知り、
自由が何かを知っている意識状態になって初めて真の自由が現実になります。
皆さんは、企業や既成宗教、政府の気まぐれや思いつきに従って生きることには
なっていません。
あなた自身が企業であり宗教であり、政府なのです。
でも、だからといって、街に出て叫んだり反対運動をしなければならないということでは
ありません。
というのも、そうすることで却って問題を勢いづかせるだけになることがよくあるからです。その真意は、静かになって、自分が信じることついては、
自分で選べるのだという自分の力を信じるということです。
つまり、自分の心の中に入って疑問を持ち、よく考えて、
光を広められるように導かれた行動を起こして変化のために動くという意味なのです。
それは、自分を縛り、既存の大方の賛成意見に縛られないということです。
スピリチュアリティというのは、日常生活と別個にあるわけではありません。
同一ですが、世間一般ではまだそのことが理解されていません。
特定の集団の勝利だけのために神に祈ることはできません。
それは、通用しません。
あるのは、すべてひとつです。
日頃から、感情と考え方を最高レベルにしてください。
その時には、ドアを開けているので気づくことがもっとあります。
すべての人も生きとし生けるものも、
すべてが神聖で神という普遍的意識の中では同じ一つであることを自覚する時に、
一人一人も世界全体でも初めて心の自由を味わうことができます。
そのことに気づいてください。
自由は、スピリチュアルな存在としてのあなたの魂、あなたのアイデンティティ、
あなたのリアリティです。
それが信じられないと思わない限り、自由でなくなることはありません。
世界中がその真実を知らないのでそう思えないと思いますが、
自由は、あなたという存在そのものです。
世界中がそのような意識になる時に、
戦争と分離分断で平和がやって来ると思う人間がいても、
多くの人が求める平和という形で自由が現実になるでしょう。
皆さん、建国を祝ってください。
でも、その真意を忘れないでください。
7月4日に独立した出来事は終わってはいません。
この記念日は、人類が真の自由に進むために必要な、
進化の段階の中の数ある一つに過ぎません。
いつものように、兄弟姉妹の皆さんに心を込めてお話ししました。
 
We are the Arcturian Group 7/5/15
 
 
 
 
 
 

魔女の夜明け 復権に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment