EARTH=HEART❤
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

牡牛座の新月
母の愛
新しい種 新しい世界
天秤座の満月
地球イチバン僕ニバン
検索エンジンの供給元:

マイブログ

EARTH=HEART❤


聖なる叡智、聖なる愛、聖なる力、、、なんて素敵な言魂でしょうか。。。

私は長男が宿っているころ、丁度そのようなイメージが湧いてきました。
なんどもなんどもこだまするのです。

「聖」

そして生まれた時に名付けたのは「聖仁」

彼は今、飲食店のシェフとして日々キッチンにたっています。
独り立ちし、4年の月日がたちます。

大切な時には、いつも話をしてくれる、とてもハートが暖かいのです。

7月11日、彼は私に電話をかけてきました。

体調の異変があり、病院に行こうかと思うと。
状態を聞けば、急を要するのは一目瞭然でした。

昨夜、仕事を終え、帰ってきました。

今朝、二人で病院へ行きました。
専門の先生を紹介され、すぐ別の病院へ向かいました。
私は、心配でありながらも、「何かある、とても大切な転機が・・」とよぎりました。

結果、心配ない、仕事と私生活のメリハリを。
そしてリラックスをとアドバイスいただきました。

診察室から出て来た息子は、私と顔を見合わせプゥッと吹きだし笑いだしたのです。

帰宅して、、、

ほんとにいろんな話ができました。
ほんとにしたいことは何?と尋ねたら、
したいことではなく、どうありたいかという意図をはっきりと話しだしました。
そして食に関わることは好きなんだけど、
自分だけの特別な才能を知っていると、確信に満ちた答えが返ってきました。

私は、生まれて間もないころ~幼少期に観た彼の特別な天賦をありありと
思いだしました。

お・め・で・と・う

思いだしたね☆

あ・り・が・と・う

ガイドのみなさん❤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スザンヌ・リー2015年6月14日
第四番目のチャクラとガイアが語る――”ガイアと融合する”オンライン・セミナー 
初回ダウンロード翻訳:Nagisa さん
Fourth Chakra & Gaia Speaks–DOWNLOAD First “Merging with GAIA” Webinar6-14-15http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2015/06/6-14-15-welcometo-our-one-people-and.html
ガイアと融合する:夏至のチャクラ・セレナーデ・オンライン・セミナーのセッション1を楽しんで下さい!
https://onedrive.live.com/?id=F59E36A3CCA9372E%216306&cid=F59E36A3CCA9372E&group=0&parId=root&authkey=%21AN%5FkRIKIgFuYoWY&o=OneUp
上記の無料ダウンロードと下記にて全ビデオ(ガイアからの贈り物)

四番目のチャクラ
リンク

*場所*: 四番目のチャクラの場所は私たちのハートの中です。

*花弁*: このチャクラは高次の振動の一番目を司ります。
十二の花弁あるいは 輻があります。
数秘術では十二は三に変換します。
三は聖なる叡智、 聖なる力、聖なる愛の関係を象徴します。
ハート・チャクラの主要な焦点は、このバラ ンスです。
聖なる愛と聖なる力が無い、聖なる叡智は無慈悲で、脆弱でしょ う。
聖なる叡智と聖なる愛が無い、聖なる力は危険で、我がままで、
そして、聖なる力と聖なる叡智が無い、聖なる愛は犠牲になり、愚かでしょう。
私たちのハートの中で、私たちはこれらの三つの徳のすべてをどのように見つけて、
一緒 にするのかを学ばなければなりません。

*音とマントラ*:このチャクラの音はF#で、マントラは”ヤム”あるいは”アー”です。
私たちの身体のこの部位に注意を集中させながら、
F#のキーでこれらのマントラを唱えることは、
私たちにもっと意識的にハート・チャクラにアクセスさせることが出来ます。

*色*: このチャクラの色は緑(で、ハイ・ハートはピンク)です。
緑は光のス ペクトルの中心の色で、癒し、成長と健康を表します。

*統制*: ハート・チャクラは私たちの身体の中心部であり、
私たちの内側の男 性と女性と、私たち人間と神のエネルギーが出会う中心点です。
四番目のチャ クラは私たちの内部と相互の人間関係を司ります。
このチャクラは私たちの愛の 知覚、愛を与え、他者から愛を受け取る能力、
私たちの最も高いエッセンスと 私たち自身を司ります。
私たちのハイ・ハートは無条件の聖なる愛を、その下のハートは人間の愛を司ります。
慈悲、癒し、肺、呼吸と、私たちの呼吸と心臓 の鼓動のリズミカルな循環に
結びついている私たちの時間感覚を司ります。

*感覚*: ハート・チャクラは私たちの触ることの感覚を司ります。
触ることは 私たちが幼児として知っている最初の親密さであり、
私たちの生涯を通して、 引き続いて、もっともパワフルな、
私たちの無言のコミュニケーションの手段です。
触ることは最も愛情あふれる、あるいは最も 恐ろしいコミュニケーションの手段と
なり得ます。
私たちが触ることについて、そして、次には、自分がどのように他者を触りたいと思う のかについて学ぶのは、私たちのハートの中でです。

*占星術の宮*: 天秤座は関係の宮で、愛の惑星、金星がそれを支配します。
私 たちの自己と私たちが愛する者たちとの間で、
私たちの注意と愛のバランスを 取ることを私たちに教えます。
金星は接触、愛、調和、自己の拡大を得ようと奮闘するように、私たちを駆り立てます。

*エレメント*: 空がこのチャクラによって司られているエレメントです。
四番 目のチャクラは私たちの肺も司り、それは私たちが空気――酸素を
私たちの 身体 に持ち込む方法です。
私たちの肺と心臓の関係は極めて重要です。
私たちの肺が 私たちの心臓に入れる新鮮な酸素無しでは、
私たちの赤血球は私たちの身体中 になくてはならない生命力を運ぶことが
出来ないでしょう。

*意識*: 第四番目のチャクラは私たちの毎日の意識的な生活を司ります。
また 一方、最も学術的な人でさえ、いくらかの共感と直感の四次元の特徴が現れます。ハート・チャクラは私たちの家族と共同体の意識を司り、
私たちが生きとし 生けるものと、母なる地球自身との一体意識を得ようと奮闘するのは、私たちのハート・チャクラを通してです。
私たちの“人間の愛”はしばしば、否定性、恐れ、憎しみと残酷さに満ちていま す。
けれども、私たちが“ハイ・ハート”から機能することが出来るのならば、 
私たちの愛は無条件で、私たちは心を開いていて、判断・批判がありません。
私たちが他の者たちが私たちに為した危 害を癒すことが出来るように、
私たちの 霊的な『真の自己』の愛とつながり、
受け取るのは私たちのハートのチャレンジ です。
その結果、 癒しと自己愛のハート・スペースから、
私たちは他の者たちを愛することも出来ます。

*個人的時系列*:このチャクラは人生の思春期の段階に相応します。
思春期で は、子供は自分自身の独自性を創造します。
そして、それを行うために、彼らはしばしば、彼らを愛し、導いた者たちに対して、
反抗します。
彼らは、その時に、彼らが生きたいと望む人物を作り上げるために、
彼らの内側と外側の現実から受け取った聖なる叡智、聖なる力、聖なる愛の特質を
見つけなればなりません。

*社会的時系列*:ハート・チャクラによって一番良く象徴される時代はルネッ サンスです。長く苦しい暗黒時代の後に、芸術と美がよみがえったのは
ルネッ サンス時代の間でした。
“国家”という概念が“帝国”という現実に取って代わり始め、
崇拝は主にひとつの神に対して集中されました。

*内分泌腺*:このチャクラの内分泌腺は胸腺で、私たちの免疫系の中核部であ り、
私たちの治癒に欠かせません。
しばしば“愛が癒す”と言われて来ました。 
精神的、生理的、両方の癒しの中核がハート・チャクラにあります。
ハートは生 命のシンボルとして知られています。
形而上学の文献では、アートマ、生命の 三重炎は、私たちの誕生で起こされ、
私たちの死で消されると言われています。

*神経叢*:こ のチャクラの神経叢は心臓神経叢で、心臓、肺、血管系の神経の
中心地です。血液と酸素の循環無しでは、私たちは三次元の世界で生きること が
出来ません。

*クリアである場合*:私たちのハート・チャクラがクリアでバランスが取れて いると、
私たちは愛、慈悲、承認、達成を経験することが出来ます。
私たちの心臓と呼吸器系は強く、健康であり、良好な免疫系があり、
私たちは落ち着いて、楽しく感じます。
男性と女性の側面 のみならず、人間と神の側面のバラン スを取ることが出来ます。
私たちの『真の自己』と他者との関係も満足であり、 
私たちは家族、共同体、国家と惑星に対する私たちの奉仕を見つけました。

*クリアでない場合*:私たちのハート・チャクラがクリアではないと、
私たちは免疫不全、喜びの欠如、心臓の問題、人生における苦痛があります。
無神経で、感情的に閉じていて、受け身で、悲しいです。
心臓血管あるいは呼吸器の問 題があります。
高血圧、脳卒中、心臓 麻痺あるいは喘息を患っているかもしれません。
私たちの人生はしばしば実現せず、私たちの家族の中でと共同体の中で の私たちの
場所を 見つけてはいません。
愛を受け取ることが出来ないように、 それを与えることが出来ないので、
私たちの関係は愛情がありません。
私たちはしばしば批判的、断定的、冷酷で、喜びがありません。

*地球のチャクラ*:地球のハート・チャクラはマウイのハレアカラです。
青々とした新緑の成長と、香りの良いそよ風のマウイに、一 度訪れただけで、
どう してそこが母なる地球のハートなのだか理解するでしょう。

*次元*: ハート・チャクラは日常の三次元のベータ波の意識と、
高次元への架 け橋であるアルファ波の意識を司ります。
私たちのハートが開いている時は、 一瞬一瞬の美しさに生き、
あらゆるバラの香りを嗅ぎ、愛と調和の現実を創造 し、
私たちのありふれた生活と超意識を結び付けることが出来ます。
形而上学的には、ハート・チャクラは高次の大脳皮質と抽象的思考の脳の領域を 
司ります。
これらの領域は、私たちが日常の現実に対応するという“型にはまったお決まりのやり方の中で”、かつ、時間を取って私たちの創造的な自己にアクセスすること に集中した時に、一番盛んになります。

*要約*:私 たちのハート・チャクラは私たちの意識を拡大する能力を決定しま す。
私たちが私たちのハートを愛するために開くことが出来なければ、 
どんな に瞑想しても、高次の次元にアクセスはしないでしょう。
愛無しでは、私たちは 低次アストラル界を超えて旅することは出来ませんし、
私たちの意識は、私たちの自我の自己によって表される分離と限定に限られるでしょう。何にもまして、私たちの観察者の自己へと私たちに階段を登らせ、
私たちの人生で真の客観性を可能にするのは、聖 なる愛なのです。
客観性の視点から見れ ば、私たちは日常生活の欲望と理性のない感情から
自由になることが出来ます。 
その結果、依存か ら自立、信頼できるものへと、
私たちの意識を高めることを 歩むにつれて、
私たちは自由に私たちの真意を見つけることが出来ます。
ハート・チャクラが開いていると、
私たちの自己の感覚は私たちの自我に限られていません。
私たちが私たちの男性/女性と、人間/神のエネルギーのバランスを 取ることが
出来るようになったならば、

私たちは私たちの『自己』を個人の意 識から、家族意識へ、国家意識へ、
惑星意識へと拡大します。

ひいては、母、 レディ・ガイアと『ひとつ』であり、
地球の身体の上にいる他のメンバーたち に、どんなことでも私たちがすれば、
それは私たちが私たち自身にしているということに気が付くことが出来ます。








EARTH=HEART❤に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment