第5のチャクラ
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

牡牛座の新月
母の愛
新しい種 新しい世界
天秤座の満月
地球イチバン僕ニバン
検索エンジンの供給元:

マイブログ

第5のチャクラ


たくさんの雨が降り続いています。

台風が近づいてくると、我家のPinkyは、食べませんし、水も必要最低限の摂取、
トイレもほとんどせず、
ひたすら、眠っています。

娘は本日から静岡の自動車学校へ。
運休もある中、無事に到着したようです。

さて、第5チャクラについて、以下の記事をご紹介いたします。

以前から、セッション等でお会いし、お話をさせていただく中で、
会話の途中から、喉に違和感を覚えられ、せき込んだり、声が出しにくかったり
されるケースに頻繁に遭遇します。
その時に感じますのは、
目の前のお方は、その方自身の真実を顕したがっているということです。
そのことに、どうかご自身が認め許すことができますようにと
願わずにいられません。

口をついて出るまさにその選択が真実に背いていることの反応として
顕れているようです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







チャクラ1






















チャクラ2























チャクラ3
















チャクラ4






















チャクラ5



スザンヌ・リー2015年6月16日第五チャクラ – ガイアが語る – ウェブセミナー1 

翻訳:Tatsuhikoさん
Fifth Chakra – Gaia Speaks–Free Download of Webinar 16-16-15http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2015/06/6-16-15-to-our-one-people-and-planet.htmlようこそ、

『ひとつになる -人々と惑星- ブログセミナーへ!』

今日、私たちは第五チャクラに関する情報を掲載します。
明日はガイアに彼女の第五チャクラについて聞く予定です。


第五チャクラ
LINK
http://www.multidimensions.com/integration-process/integration-of-your-planetary-body/fifth-planetary-chakra/

場所:第五チャクラの場所は私たちの喉です。

花弁:このチャクラは創造性を司り、私たちが高次の存在に触れ始めることができる
最初のチャクラです。
この喉のチャクラは16の花弁を持っています。
数秘術において16は7へと減じます。
7は分析、理解、知識、気付きと瞑想の数です。
7という数は内なる集中を導きます。内なる集中力は豊かな創造のために
必要不可欠なものであり、私たちの最も深い誠実な自己と、他者と、
高次の存在たちが交流するためにも必須のものです。

音調とマントラ:第五チャクラの音調はG#で、マントラは『ham』あるいは『blue』の中にある音のような『u』です。

色:このチャクラの色はペールブルー、あるいは緑がかった青です。

支配:喉のチャクラはスピーチ、ヒアリング、コミュニケーション、自己表現、優美さ、
そしてハイヤーセルフの声を聞く能力を支配しています。
このチャクラは、『自己』の発見へと私たちを駆り立てます。
このチャクラは創造性を通して『自己』とコミュニケーションするよう私たちを促します。
そして私たちの高次の感情の創造的な力を用いて、
私たちの意識を高次元へと移行させます。

感覚:第五チャクラは聴覚を支配します。
私たちは内なる自己の声を聴く必要があるのとまったく同じように、
他者の声をも『聴く』必要があります。

星座:双子座、そしてその支配性である水星は、
コミュニケーションに焦点を当てています。
太陽をふたご座に持つ多くの人々は、演奏や、他の種類の創造的コミュニケーションを
楽しみます。
また双子座はとても分析的でもあります。
その二重の本質は、彼らを社交的にし、同時に彼らをすっかり遁世的にもします。

エレメント:エーテルがこのチャクラのエレメントです。
第五チャクラは私たちの高次感覚によって支配される最初のチャクラです。
高次感覚は天使界のメンバーに集中するためにこのチャクラの力を必要とします。

意識:第五チャクラは私たちの注意を高位三次元と四次元に向けます。
まだ第五チャクラは大部分、私たちの意識的マインドによって支配されていますが、
それは集合意識にもアクセスしています。
このチャクラのバランスが取れるとき、私たちの個人的意識は人格を超えて発達します。そして、グループ意識は『国家的意識』へと進歩します。

個人的タイムライン:このチャクラは人生における成人期を表します。
このステージでは、自己の感覚は十分に確立されており、
私たちは完全に責任能力を持っており、
長期に渡る交際を構築すうことができます。
もし私たちがこのチャクラの力を使うことができるなら、私たちは自身の内側に向かい、
自分の感情のソースを選択して決定することを学ぶことができます。
そして私たちは自分の個人的経験を効果的に他者へと伝えることができるように
なります。
それは他者とコミュニケートする前に、
自分の内なるガイダンスを求めて内に向かう能力であり、
それによって真の親密さが創造されます。
なぜならそのようなコミュニケーションは
私たちの最も深い内なる真実に基づいているからです。

社会的タイムライン:喉のチャクラを象徴するのに最も相応しい時代、
それは現在の私たちのニューエイジ時代です。
これは国家的な視点から惑星的な視点へとシフトするという挑戦の時代です。
この集合的意識は、『国家的意識』の中にいる個人を、
その意識を拡張するように駆り立てます。
私たちの前に横たわっているチャレンジである、
汚染や核戦争などの生命を終わらせる力に向かい合うために、
この世界に生きている私たちは、皆ひとつであるということに気づくべき時がきています。私たちは現在、多くのチャレンジに向き合っています。
かつて一度も想像したことがなかったチャレンジです。
私たちは皆、内に向かい、私たちの最高のガイダンスを呼び出す必要があります。
それによって私たちは正直になり、効果的に、そして創造的に私たちの解決方法を
外に示すことができるようになります。
このチャクラを通しての祈りは、怒りと復讐という人間的特性を持つひとりの男性神を
超えて拡張します。
遠い天国で安楽に暮らしているという神という概念を超え、
それは男性性と女性性の両極を含み、さらにすべての創造物をも含んだ、
神/女神/すべてなるものへと拡張していきます。

内分泌腺:このチャクラに関する内分秘腺は甲状腺です。
甲状腺は蝶の形をした内分秘腺で、
それは喉仏の真下にある気管の前面を覆っています。
それはホルモンを生成します。
それは主要なすべての内臓、器官、そして身体のすべての細胞に影響を与えます。
甲状腺ホルモンは肉体の新陳代謝と臓器の機能を調整し、
鼓動やコレステロールレベルや体重、エネルギーレベル、筋肉の強さ、肌の状態、
月経周期、記憶とその他の様々なコンディションに影響を与えます。
換言すれば、私たちの甲状腺は私たちの肉体全体をコミュニケートしており、
それは私たちの全体的な健康と幸福のために、とても多くのことをしています。

神経叢:このチャクラの神経叢は咽頭神経叢です。
この神経叢は喉、肩、腕と声をコントロールします。

クリアなとき:このチャクラがクリアなとき、私たちは良いコミュニケーション、表現、
創造性、インスピレーション、そして他者とのポジティブな交流を持ちます。
私たちの代謝は健康的で、コレステロールレベルは良好です。
私たちは生命力に満ち、物理的にも精神的にも強さを感じます。
私たちはハイヤーセルフを表現するための霊感を受けます。
創造的な表現と娯楽によって人生は豊かになります。
人々との交際関係は正直なコミュニケーションと真の親密さに基づくものになります。

クリアではないとき:私たちの第五チャクラがクリアではないとき、
しばしば聴覚、喉、声に問題が生じ、咳やどもりの症状が現れ、
代謝は不健康になります。
甲状腺に問題を抱えたり、流感にかかりやすくなります。
創造性を十分に発揮していないように感じ、退屈さとつまらなさを感じるかもしれません。大声を出しすぎる、あるいは声を外に発するのを恐れるという問題を
抱えることもあります。
貧しいコミュニケーションと、親密さの欠如した交際関係を持ちます。
スピリチュアルな導きとの連絡が断線したように感じ、霊感がなくなったように感じます。

地球のチャクラ:母なる地球の第五チャクラはカリフォルニアのシャスタ山にあります。
シャスタ山はスピリチュアルな渦の中心地として長年知られており、
沢山のリトリートやセミナーが催されています。
形而上学的には、古代レムリア人がシャスタ山の地下エリアの四次元領域で
暮らしていると言われています。
シャスタ山は合衆国における最も高い山であり、霊感の高峰です。

次元:喉のチャクラは高次三次元と四次元を規定しています。
私たちの苦悶の感情は低次アストラルプレーンへと私たちを引き寄せます。
それゆえに、リアリティの内なるプレーンを通して私たちが内なる旅を始める前に、
私たちは自分自身のダークサイドを貫いて通る『トンネル』を浄化する必要があります。
それは低次アストラルの地獄に横たわっています。
一度私たちがその浄化をやり遂げると、私たちはリアルな驚くべき内なる世界への意識を開きます。
事実、それは私たちの物理的リアリティという幻想の世界よりももっとリアルな世界です。

要約:喉のチャクラは、『私たちはトレーニング中の神であり女神である』という認識に
向かう最初のステップです。
花から落ちた小さい種のように、
私たちは自身の花を成長させることを学ぶためにこの三次元にやってきました。
私たちは沢山の苦難に出くわします。
しばしば土が乾いていたり肥沃ではなかったりするように。
しかし内と外の葛藤に向かい合うことを通して、
私たちは高次のクリエイティブ・セルフへと成長するのです。
私たちの個人的な創造性は、芸術の形として社会が認めているものに
制限されていません。
私たちの生活のあらゆるエリアが私たちのクリエイティブな力とのコミュニケーションを
求めています。
愛情を込めて小さな子どもを案内する方法を見つけるのはどのぐらい難しいことでしょう。それとも独善的な雇い主のように振る舞うことの方が簡単でしょうか。
沢山の人々は言います。
「私は創造的ではありません」と。これほど真実から遠いことはありません! 
私たちの喉のチャクラは創造的な表現の力を持っています。
それは私たちの生得権です。
誰もが創造的です。
もし私たちが自分とクリエイティブ・セルフとの繋がりを失ってしまったなら、
それは私たちが被ることのできる最も大きな損失です。
しかしもちろん、どのようにしたら私たちは内なる自己を失えることができると
いうのでしょう。
そんなことは不可能なのです! 
私たちの内なる自己へと続くドアには『いつでも』アクセス可能です。
癒やされていない痛みと恐怖がそのドアを閉ざし鍵をかけているだけです。
もし私たちがそのドアを開けないなら、そのとき私たちがすべき最初のアクションは、
私たちの内側で私たちを待っている『セルフ』と私たちがコミュニケーションすることを
手伝ってくれる誰かを探し出すことです。

ガイアが彼女の第五チャクラを語る

アメリカ、カリフォルニア シャスタ山

私はガイアです。

私たちがチャクラを個人的に、そして惑星的に、ひとつの中へとブレンドするための
ガイドのために戻ってきました。
私の第五チャクラにあなたを歓迎します。
そしてあなたを私の惑星的なボディに入ってくるよう招待します。
あなたが自分のヒューマンボディの中に私が入っていくことを許可してくれたように。
私の第五チャクラはアメリカのカリフォルニアにあるシャスタ山です。
それはほとばしる男性的エネルギーのチャクラです。
その頂上は高次元の光を集め、それを私のコアへとダウンロードする稲妻の杖のように
働いています。
その力の渦を通じた高次の光のコミュニケーションを受け入れるために
私の第五チャクラは働いています。
同じように、それは私が惑星上のすべての存在、すべての人々と、
親密にコミュニケーションするための手段としても機能しています。
私の惑星で最初に形を取った存在であるレムリア人が、
シャスタ山を彼らの四次元的なホームとして選んだことは、不思議なことではありません。ここで彼らは静かに待っています。
彼らが長年守ってきた『真実』のメッセージを自由にわかちあうことができる日を。
フォトンベルトの『空間』の中で、地球が多くの『時』を費やすにつれて、
人々の意識は拡張し、レムリア人のミッションは始動しつつあります。
あなた方の多くがレムリア人に耳を傾けています。
彼らはあなたの意識に、真実は『そこにあるよ』と囁いています。
しかしもっとも重要な事は、真実は『あなたの内』にあるということなのです!

第五の個人的チャクラ:喉あなたの個人的な喉のチャクラと私の惑星的な喉のチャクラを融合することは、あなたたちは皆、惑星地球の神であり女神であるということを
認識するための重要なステップです。
大昔、花から小さな種が落ちたように、
あなたは全体的な『セルフ』の小さな断片として私たちの三次元的な経験の中へと
落ちてきました。
あなたは3Dゲームに入りました。
なぜならあなたは、あなたの完全なる多次元セルフの断片が、
分離と制限を基礎とした環境の中では、より良く学び成長することができるのかどうかを知りたかったからです。
この惑星での、あなたの沢山の人生の中で、
あなたは無数の困難を生き抜いてきました。
ですが、内と外の葛藤に向かい合うことを通して、あなたは『実験』を完了しており、
あなたは多次元セルフの完全性に帰還したくてそわそわしています。
なぜならあなたは、あなたの魂/自己をあなたの物理的な地球の器へと統合しており、あなたはガイアである私とコミュニケートすることができるからです。
そしてあなたは意識的に私たちの第五次元的ニューアースの創造の
創造的パートナーシップの中へと入るからです。
高次のコミュニケーションと拡張された創造性を支配する惑星的な第五チャクラを、
個人的な第五チャクラとブレンドすることで、
私たちの統一されたミッションの実現は促進されるでしょう。
古代レムリア人のように、あなたの『セルフ』は長い間この成就と統合の時を
待っていました。
あなたの自己はどんどん増大していく創造性を表現することをもう待ちきれません。
あなたのエッセンスを私のエッセンスに合流させることによって、
あなたの『アンテナ』は増幅されます。
そしてあなたは高次の世界とより良くコミュニケーションできるようになります。
地球の第一次元から四次元とも、より良くコミュニケーションできるようになります。
また、あなたはあなたの最も偉大な創造の過程にいます。
ライトボディになり、第五チャクラの中のあなたの甲状腺は、変容の準備の中で、
あなたの代謝を変えています。
私もますます私のライトボディ・アースを創造することを熱望しています。
その兆候は天候のパターンと物の形の沢山の変化の中に見ることができます。
みなさん、覚えておいてください。
『新たなもの』を創るために、私たちは『古きもの』のリリースに伴う混沌をくぐり抜けることを意思する必要があるということを。
さあ、私たちの第五チャクラを融合しましょう。
それによって平和に、確実に、私たちの真の、多次元的形態への帰還という冒険を
私たちは経験できるようになります。
この帰還を通して、時間と空間は幻想であることが暴かれ、
統一と啓明は『事実』となります。
人と惑星が、ひとつの存在となるために、私たちは『自己』へと帰還するのです。
チャクラの融合私の親愛なる男神官と女神官たち、
数多の人生にまたがる記憶のミッションに献身してきた人々よ。
私はあなたにもう一度、私の惑星コアの中に旅することを頼みます。
想像してください。
あなたは暗い洞窟へと入っていくところです。
私のコアへと滑降していくとともに、高次の光の強まる周波数を吸収してください。
その光はシャスタ山として知られている私の体のエリアに、
私がダウンロードしているものです。
あなたがその光を吸収するにつれて、私のコアへと続く道が露わになっていきます。
それはあなたを電磁気的な渦へと導きます。
それはレムリア人の四次元的世界への通路です。
通路の中央にある記憶の聖杯を受け取ってください。
そしてそれを飲み干してください。
そして、道をさらに歩いて行ってください。
すると、あなたはガイアの初期のヒューマノイドであるレムリア人の存在を感じます。

・彼らの威厳のある光の体を感じ、かれらの偉大な忍耐と、
目的へのコミットメントを感じてください。

・彼らはあなたを取り囲み、彼らの意識へとあなたを引き寄せます。

・彼らはあなたが帰還する、この黄金時代を待っていました。
彼らはテレパシーであなたをこの世界に歓迎します。
その世界の中で、彼らは『生命』の真実を守ってきました。

・開いたハートで、彼らはマインドをあなたにシェアします。

・あなたのハートとマインドを開いてください。
それによってあなたはより良く彼らを理解できます。
あなたのエッセンスが彼らと親しく交わらせ、思い出してください。
私たちの惑星の変容のために貢献することを、あなたが自ら望んで志願したということを。ゆっくりとした、あなたの魂と自己の統合を通じて、あなたはメッセージを受け取ります。
それはあなたに伝えるために、レムリア人が選んだメッセージです。
よく聞いてください。
あなたの魂が顕現することを欲した創造物であるあなたに、
レムリア人が思い出させようとすることを。
古代レムリア人があなたのハートに囁きます。
それを彼らと共に繰り返してください。

『円環は完成した。ガイアは星になり、私は惑星となる。
私たちは、共にニューワールドを創造する』



内なる通路を山の頂上に向かって旅するにつれて、
あなたの道はどんどん明確になっていきます。
最終的に、『常に』あなたがそれであったものである『創造主』となるために、
あなたは光の中へと抜け出します。
勝利の栄光に満ちて、あなたはシャスタ山の山頂に立ちます。
あなたは広大な空に伸び上がり、
あなたの多次元的な自己の高次元の光を引き下ろします。
誇らしく、あなたは私たちの個人的/惑星的な体の中に、この光を設置します。

ようこそ、あなた自身へ。

私の大切なあなたたち。

ようこそ私たちの惑星へ。

私はガイアです。

私達はひとつです。

























第5のチャクラに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment