国尊立尊の命日/未来への恐怖心(追記事有)
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

国尊立尊の命日/未来への恐怖心(追記事有)














10月10日は国常立尊の命日です。

ちょうど一年前、御嶽山噴火の記憶も新しいところです。

噴火時、山頂にあります祭神像が崩壊いたしましたのを
放映でご覧になりましたかたも多くいらっしゃるかと思います。

1年後にようやく記すことが出来ますので、
まだ若干のタイムラグがあったようです。

観音が抱く黒い影が、画像(お借りしました)が確認できます。

母性の象徴である女神、観音の記憶には、
大変な未来のタイムラインが存在していました。

そうです、、、

地球は完全に破壊されるタイムラインです。
その光景は目を覆うほどであり、
そのタイムラインを回避する可能性は限りなくゼロに近いものでした。

しかし、たとえ1厘でも可能性が残される限り、、、

その1厘にどこまでも焦点をあてて、
この地上に降り立った存在たちがいます。

賭けともいえる無謀さに賛成する存在は皆無に近かったのです。

気の遠くなるほどの忍耐で、その未来のタイムラインの因に辿りつき、
その因を浄化し、宇宙に昇華する作業は終えたのです。

そうです、終えたのです。

それぞれの潜在意識に眠る崩壊の物語はもう存在しません。

そうです、辿りついたのです。

終わりと始まり。

祭神像の崩壊は、終わりと始まり。

「今」この奇跡を内側で観る人は、確かにこの碧い星、地球を救う一心で
この地に肉体に宿り、降り立った証、
未来から、やってきました。

そして未来は黄金に。
















朝焼けの空に整列 月と4惑星、数十年ぶりのチャンス




































国尊立尊の命日/未来への恐怖心(追記事有)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment