光る運
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

新緑
双子座の新月
美しい魂の記憶へ
上海
牡牛座の新月
検索エンジンの供給元:

マイブログ

光る運






昨日、南川朋宣画師の作品をみさせていただきました。

光運寺というお寺にお入りになる画です。

山あいから燦然と光る阿弥陀は
心の泉におあします。

その姿と出会うこと、まさに光る運。

画師の作品は、
こうしてお寺に納められる、天井画、襖絵、掛け軸を多く手掛けていらっしゃいます。
完成するまでのプロセスは
非常にストイックな状態だとお聞きしました。
どこまでも自己の内側に穿ちいることでしか、
作品は生みだされないようです。

画師の魂はこうして、連綿と姿、形、時、場所を変えて、不変を
体現なさっているのでしょう。













































光る運に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment