2017年年始と年末
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

新緑
双子座の新月
美しい魂の記憶へ
上海
牡牛座の新月
検索エンジンの供給元:

マイブログ

2017年年始と年末



































































水瓶座の新月と旧正月を迎え、
年始のご挨拶に、鈴鹿峠の県境にあります片山神社に参りました。

こちらのサイトより転載させていただきます。

【延喜式神名帳】片山神社 伊勢国 鈴鹿郡鎮座 

   【現社名】片山神社 
   【住所】三重県鈴鹿郡関町大字坂下624 
       北緯34度53分28秒,東経136度20分12秒 
   【祭神】倭比売命
       (配祀)瀬織津比売神 気吹戸主神 速佐須良比売神 坂上田村麿
       天照大神 速須佐之男命 市杵島姫命 大山津見神 

   【例祭】4月12日 例祭 
   【社格】旧村社 
   【由緒】由緒不詳
       天正17年領主関盛信社領寄進
       寛永14年本田俊次社領寄進
       明治4年5月村社

   【関係氏族】 
   【鎮座地】もと三子山に鎮座
        永仁5年(1297)現地に遷

   【祭祀対象】 
   【祭祀】江戸時代は「鈴鹿大明神・鈴鹿御前・鈴鹿権現」と称していた 
   【社殿】本殿神明造
       拝殿・神樂殿・神饌所・手水舎・襖殿・神馬所
 
   【境内社】 

鈴鹿トンネルの南に鎮座する。

もと三子山に鎮座したが、度々の水害・火災に会い、永仁5年に現地に移つたと伝える。当社の鎮座する坂下村は、東海道随一の難所である鈴鹿峠に近い宿場町であつたが、古代の生活の基盤である水田耕作の可耕地にめぐまれない地域であつて、
古代において集落が作られることは考えられない地であろう。
古来鈴鹿大明神、鈴鹿権現とも呼ばれ、
その縁起は坂上田村麻呂を助けた鈴鹿御前を祀ったともいわれている。
鈴鹿明神と呼ばれ、水害や火事の神様である。
神社の鳥居の近くに鈴鹿流薙刀術発祥の地とかかれた石碑が立っている。
2002年に放火により瓦解した。
2007年再度訪問したときは未だに本殿の再建はなされておらず、
本殿跡地は更地となっている。

転載以上。


2014年7月15日に私は初めて訪れました。
焼け残った社屋の一部が残された状態でしたが、
そこには青い光を湛え聖域がありありと人目に触れることなく臨在していました。

本殿跡地は、雪で覆われ、鹿の足跡だけが残されています。

この度、心ある人たちにより、再建の動きが始まりました。

心から感謝し、ある意味水瓶座の流れが始まった予兆に心躍りました。
鎮座する祓いの神々の性質からも、いよいよ始まります。
真実のみが顕現し、
潜在的に持つ傾向性がはっきりと現象化し、
選択の連続が個人にも社会にも、、地球まるごとはじまります。

いえ、始まりました。
そして私は始まりと同時に終わった2017年、そのようなイメージが同時に
湧きあがりました。







2017年年始と年末に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment