ブラック〇〇
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

日本のDNA
蟹座の新月
2017年夏至
黄昏時
無償の愛は決断
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ブラック〇〇















もう10年以上前になるでしょうか。
息子が飛びきりの笑顔で飛びきりの歓声で
この母の子宮の中のような滝壺に
のびのびと勇ましく何度もダイブし遊びました。

今日訪れましたが
変わらず、清らかさ美しさを湛えたその姿に
息子の屈託のない歓声が鮮やかに甦ります。

人は本来そうであってよいし、そうでしか本来の個性が光らず、
心から縁ある人々を楽しませることはできません。

時はもう、すべての存在が
母の子宮に戻る時がやってきたようです。


この滝にダイブする時は、
「わたしは〇〇だ」という自分自身が受け入れてしまったレッテルがあれば、
怖くて飛び込めません。

地球はまるごと、この滝壺にダイブします。

その瞬間

はたして、、

100%「わたし」という存在に優しい眼差しを向けられるでしょうか。

まずレッテルを貼った状態であることを受け入れる
これは、コンプレックス、欠乏感となっていますので、
外側に穴埋めすることに忙しく
やがて、にっちもさっちもいかない状態、限界を経験します。
逃げられない環境でとことん映し鏡の状態を体験しているのですが
映し鏡であることを認識できません。
欠乏感を恐れているからです。

レッテルを受け入れたのは自分他ならない
記憶の再生であることを思い出す
この状態に在ることは非常に重要なポイントになります。

真に自分自身を知り、「在る」=滝壺にダイブとなりますね☆


昨日、「ちょっと、いまから仕事やめてきます」を観ました。

この映画を観て、仕事を辞める人がたくさんいるそうです。

どのような条件、エゴによるパワーを受け入れる必要は
全くありません。

純粋にすべての存在の真価は平等です。

平等を否定(欠乏の存在を認める)し、選択の結果の公平さを認めない
宇宙の真理からかけ離れた選択を強いられても受け入れる必要は
全くありません。

ブラック〇〇
〇〇には様々な関係性に置き換えられます。

この問題の本質も多くの人々の心からクリアになりつつあり、
爽やかに呪縛から解き放たれる時が到来したのではないかと思います。

それでもその選択に固守する場合は
一つは、今回の人生においてはクリアしていく準備のためにやってきた。
この場合、自分自身へ真の関心から程遠く、そういった問題意識がありません。

一つは、記憶の再生から抜け出せない状態
この場合は、かなり過去のタイムラインに流れています。
ですが心の遥か彼方に納得していない「わたし」を垣間見ます。

この分岐を夏至と共に迎えるのではないでしょうか。






























































ブラック〇〇に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment