2017年夏至
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

2017年夏至






明日、夏至を迎えます。


この夏至は実に大いなる分岐を迎えます。
闇をどう見るか。

闇を相殺することに奔走しカルマの再生、ループにとどまるのか、

闇の最奥に進み自分自身を否定し拒絶している中に静かに入りその奥の光に進むのか
そして、自己信頼の中で、自らの傾向性を観察して手放していけるのか。

前者は、失って、後悔すでに時遅しを体験し
今度こそは!と時空間が制限された空間に舞い戻るという
実はもう繰り返しすぎて楽しくもおもしろくもないはずなのに。。。
その繰り返しで悟ることはないということを十分に知っているはずなのに。。。
そのループを頑なに握りしめている状態です。
その状態からどれだけ観ても見える景色は同じです。

そして注意しなければならないのは、今のこのタイミングで
その状態を選択していると言う事は、
その概念がくっきり、はっきり現象化し、
対象を、そして自分自身をひどく痛めつけることになっているということです。
その状態はやがて病変となりあらわれます。
自分はそんなことをするつもりはなかったし、被害者はわたしだと叫んでも
自分自身がその見解を最も納得できない状態を確認することとなります。

だから手放す、、、不十分です。

AMATERASを立ち上げた際、
言魂めくりを創作いたしました。
お披露目は2009年6月21日、AMATERAS1周年記念パーティーでした。

その頃、次元を超えた存在から毎日毎日アクセスが殺到し、
原稿用紙100枚ほどになりました。

その中のある存在からのメッセージは、
生前、自らが発起となりはじまったラインが
自己証明の道具と成り果て
罪悪感で一杯で、ああだった、こうだったとふさぎこんでいたのが、
言魂の世界のタイムラインを観ると
とてつもない愛の大河の流れに
何てとるにとらないことに囚われていたんだ、穴があったら入りたいぐらいの
境地になったことを伝えています。

闇が完全に愛の流れに包まれている様子、
闇に心開く瞬間、闇のど真ん中を歩く勇気がその方自身が思いだした瞬間。
闇は大いなるミッションが遂行されるにあたり、その道を守ることもある実相。

この夏至に、
わたしたちは、どちらを選択しますか?

そう願うことで、
必ず必ず、自分自身の選択の傾向性を手放すための情報がもたらされます。

夏至以降は、その選択したタイムラインが決定に向けて動き出します。

5月23日~24日に神戸、六甲比命大善神を訪れました。
実に母性を切り離した記録、いわゆる封印の記録を確認させていただきました。
その後、神戸は猛毒ヒアリのニュースで賑わっています。

女王アリと卵は発見されず。

すべてのアリの内側に女王は存在し、外側にないという本来の姿を思い出すと
いうことですね。


































2017年夏至に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment