天女とともに在る
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
生まれた記憶 消去
検索エンジンの供給元:

マイブログ

天女とともに在る










28日地蔵大松に会いに行きました。

雌松と雄松が一体となり、木肌はまるで龍のようです。

そしてその横には、大松の子どもも立派に育ち親松の腕のような枝に
抱かれています。

自然界は周波数そのままを顕します。

その周波数はすえひろがり、そしてメビュウス。

何度も記しますが、
時を奪われることなかれ。

時は一瞬、一期一会

日本中の方々が知り、様々な想いで見つめ見守り、時には痛みや慟哭、
荘厳さや愛を自らと重ねさせるそのような存在となっている
歌舞伎界 海老蔵氏の魂から絞り出されたことばをお借りします。

あの時にこうしておけば

あの時に戻れれば、

あの時の麻央に伝えたい事

あの時の海老蔵に伝えたい事

山ほど山ほどある

人は時を取り返すことができない

取り返す事は出来ない

事 わかっていた。

ずっと昔からわかっていた

時は戻らないこと分っていました

いや

わかっていたつもりだった

わかっていたつもりだった ということに

気がつきました・・・

人生とはわからないものですね、

(6/29 17:13 配信ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ)



日本には道と名のつく伝統芸能、武道が存在します。

その真髄はこの海老蔵氏の魂の声そのものではないでしょうか。

ずっと昔からわかっていた時はもどらないという黄金律から離れることの
理由にこの黄金律を凌駕するものは存在しません。

決して存在しません。

いまわたしたちは、
過去の悔いや、未来への不安、終わりのない己の証明から抜け出すには
いまのこの瞬間に最高、最善のわたしでありたいといういのりそのものの化身に
回帰することです。
そこには、天女、宇宙の母が自らの内に生命の樹となり
永遠の循環、∞、をもたらします。

感謝
























天女とともに在るに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment