マイトル 
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

マイトル 

 
素敵な画像です、お借りします。
 
                                  以下愛と光のチャネリング抜粋
 
 
 
 
マイトルの話
 
マイトリアをどこにも見つけることができない。
 
もう僕は感情的になり過ぎて、探すこともままならない。
 
自分を静めて意識を拡大できる状態に戻らなければ。
 
アルクトゥルス人は、僕が最高次の振動の表れと肉体の両方に
同時存在してマイトリアを手助けする必要があると言っていた。
 
僕達の最高次の表れの中では、
マイトリアと僕は一つの存在なのだから。
 
ということは、僕が自分の多次元自己の無数の表現の中に
自分を見つけることができれば、
マイトリアのことも見つけることができるはずだ。
 
アルクトゥルス人の元で学ぶ前は、あらゆる状況、時間、振動、次元に
わたる多次元自己の表現を持つという概念は理解するのが難しかった。
 
しかし、今はわかる。
 
僕達は皆多次元の光で、低次元では感情のパワーを、
高次元では無条件の愛を使って無数のマトリックスへと
生命の流れを付着させている。
 
僕は、マイトリアが同時存在しているかもしれない知る限りの
全ての存在・状況を調べた。
 
彼女の本質はあのコンタクト・パーソンの中にいないのだから、
彼女はアルモンを助けに行ったに違いない。
 
おそらく、アルモンとコンタクト・パーソンの両方に同時存在を
維持しようとしたんだろうが、彼女の3Dの器にある「時間」が
彼女の多次元記憶を損なってしまった。
 
その可能性については僕達は警告を受けていたんだ。
 
今は、彼女を手助けするためにも彼女の主要な意識状態が
どの時間/空間にいるか見つけなければならない。
 
彼女はおそらく形を持たない状態にいると思う。
 
あのコンタクト・パーソンの中に彼女の意識はもういないし、
シップで瞑想している彼女の身体はまだデルタ波の意識だから
どこかで同時存在はしているようだ。
 
僕達が訪ねたことのある次元の形の中にはどこにも彼女は
いないのだから、同時存在の狭間か、次元と次元の狭間で
身動きがとれなくなっているんだろう。
 
瞑想ルームにいるマイトリアの身体に話しかけるのは避けたい。
 
彼女は同時存在している自分の生命フォースの流れを
維持させることに集中し続けなければならないからだ。
 
ただ、個室の外からできるだけ頻繁にあのマイトリアと話をしている。
 
実際に、何夜もあそこで寝て過ごした。
 
彼女が身体から出て形を抜けて次元間の旅をする間、
僕が彼女の身体を守っていることを彼女は感じられるはずだ。
 
マイトリアのコンタクト・パーソンに働きかけるのが一番いいだろう。
 
サンディというのが彼女の地球上での名前だ。
 
サンディと一緒にいれば、マイトリアが戻れるように誘導の光を
作りだすことできるはずだ。
 
ただ、僕はサンディの注意をひきつけられるだろうか。
 
彼女がナイト・ボディでシップに初めて来た時は僕に気づいて
いたようだ。
 
それがおかしなことに、マイトリアがサンディとしっかり繋がり始めると、
サンディは僕に気づかないようになっていった。
 
どうしてそうなったのか、サンディに聞いてみなければ。
 
彼女が夢の中にいる時に尋ねればいいだろう。
 
マイトリアが出て行って以来、サンディはかなり鬱状態だから
僕は彼女に光を送っている。
 
マイトリアにとって一番安全なシナリオは、彼女が旅に出た時点の
現実の形まで彼女が自分で戻る方法を見つけることだ。
 
マイトリアにはサンディに対する義務と僕への愛がある。
 
だからこの一人で出た初めての次元間の旅から彼女は戻るだろう、
そう信じている。
 
もしマイトリアがアルモンといるなら、彼が治るまでは彼女は
そこにいるはずだ。
 
それを妨害したくはない。
 
だから、僕はまず自分の自己の地上の構成要素の一つ、
人間の男性の中に同時存在しよう。
 
この人間ならサンディと繋がることができる。
 
この二人は互いに強力な磁気で引き寄せられるはずだ、
だってマイトリアと僕、マイトルの多次元自己の地上の表現なのだから。
 
つまり、マイトリアと僕が感じたように彼らも同じような本能的な引力を
感じるはずだ。
 
まず僕の意識を地球の人間の中に同時存在させたら、
可能な限り最高次の表現へと意識を拡大しよう。
 
そうすればマイトリアを探しやすくなるはずだ。
 
彼女はシップで瞑想している自分の形や地球上での形、
最高次の表現にグラウンディングするのを忘れた。
 
それが彼女の過ちだった。
 
だから彼女は迷子になってしまった。
 
現実の形や高次表現へと戻るためのエネルギーの道がないからだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マイトル に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment