魔法
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

魔法

先日、こんな話がありました。
 
食事を創る時、ふと、あ~いやだなという感覚がよぎる
 
そのよぎることが苦痛だと。よぎることをなんとかしたい、なくしたいと。
 
今日こんな記事を見つけました\(^o^)/
 
料理は創作ですが、家族の体を守り、育み、心に愛と勇気を宿らせ
 
人生の旅を有意義にしていくお手伝いができます。
 
しかも毎日少しづつ。
 
この積み重ねはいったいいかほどでしょうか。
 
それをご本人が悟ろうと悟らまいと、
 
そんな魔法のような仕事をさせていただけることは、他には
 
そうないかもしれません。
 
 
 
 
 
「秘密のハーブ」


キッチンを通るたび、ベンには気になってしかたないものがあった。

... 妻のマーサが調味料棚に置いている小さな金属製の容器である。


マーサに「絶対にさわらないでね」とあれほど口うるさく言われて
いなければ、ベンは気にもとめなかっただろう。

だが彼女によれば、母から譲り受けた「秘密のハーブ」はもう二度と
手に入らないから、貴重な中身をこぼされてしまっては困るのだという。


この調味料入れは、とても年季が入っているということ以外、
何の特徴もなかった。

長年使い込まれたため、赤や金色の花模様がところどころ
消えかかっている。


マーサの母親も、祖母も、この調味料入れに入った
「秘密のハーブ」を使ってきたのだ。

どんな料理を作るときも、彼女はその「秘密のハーブ」を
材料にふりかけた。


調味料入れの中身が何であれ、その効き目は確かなものだった。

マーサはそれをどうにか30年以上使い続け、
いつもおいしい料理を作ってきたのである。


一方、その中身をのぞいてみたい、というベンの思いは
日増しに強くなってきた。

一度でいいからちょっとだけ・・・。



そんなある日、マーサの具合が悪くなり、1日だけ入院することになった。

マーサが外泊するのは、結婚以来初めてのことである。


冷蔵庫に何があるか確かめようとキッチンに入ると、
調味料棚に並んだ例の容器が目に飛び込んできた。

磁石に引かれるように、そこに目が吸い寄せられた。


あわてて目をそらすものの、また視線が戻ってしまう。

好奇心がうずいた。


中にはどんなものが入っているのだろう?

「秘密のハーブ」の正体とは?

あとどれくらい残っているのだろう?

どうしてさわってはいけないのか?


ベンは調味料入れをにらみつつ考え続けた。


自分の心に問いかけた。

見るべきか、見るべきでないか?


彼はそしてついに、こらえきれなくなり調味料棚に行くと
例の容器を手に取った。

中身をこぼさないよう、注意深くそのふたを取った。


そして、大きく目を見開いた。

なんと中は空っぽでただ小さく折り畳んだ紙切れが
底に張りついていただけだった。


短い走り書きは、一目でマーサの母親の筆跡とわかった。

それにはこう書かれていた。



マーサ、あなたが作るすべてのお料理に愛をふりかけなさい。



ベンは、こみあげてくるものをぐっと飲み込んだ。

そして、その紙切れを容器に戻すと、静かに引き返した。


出典元:(心のチキンスープ)
 
 
 
 
 
 

 

魔法に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment