癒し
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

癒し

 
 
               終わりなき愛/イエスが語った奇跡の真実より/グレンダグリーンの体験
 
 
私はただ楽しむために、一日を町中にある公園で過ごしました。
 
素晴らしいペカンの古木の広がる枝の下にある大好きなベンチに
 
座り、アダマンタイン粒子の自由な流れの中に身を置き
 
美しさにみとれていました。
 
まもなく私の取り巻く環境と完全な一体感を感じ、すべての障壁が
 
なくなってしまったように感じました。
 
突然カラスの一群が目の前の芝生に降り立ちました。
 
彼らに続いてかなりの数のリスたちが、木の間を駆け抜けて
 
きました。
 
カラスたちは草を食み、リスたちはペカンナッツを探そうと
 
走り回っています。
 
マネシツグミと黄色いアトリも訪ねてきたようです。
 
魔法にかかった私の庭はまるで生命がよみがえったように
 
生き生きとしてきました。
 
カラスの一羽一羽が、そしてリスたちが無邪気に自由に、
 
私の方に近づいてきました。
 
まるで人間を見たことがないように、私が脅威であるなどとは
 
まったく感じていないようです。
 
そこに訪れた安らぎの感覚は驚くほどで、
 
“自然を吸いこんでいる”ようです。
 
彼らが私を仲間に入れてくれているようで、思わずうっとりした
 
気持ちになります。
 
一羽のカラスが緑色の小さなヘビを捕まえて、私に見えるように
 
誇らしげに高く掲げました。
 
「あら、かわいいわねぇ」と私も応じたものです。
 
一羽のカラスが緑色の小さなヘビを捕まえて、私に見えるように
 
誇らしげに高く掲げました。
 
「あら、かわいいまねぇ」と私も応じたものです。
 
カラスが私の言葉を理解できるとは期待しませんでしたが、
 
言葉の背後にある意味は感じられるかもしれないと思ったのです。
 
その瞬間、カラスは私のほうに近づいてきて1メートル半くらい手前で
 
止まって、彼の聖餐をどれくらい上手に平らげることができるかを
 
見せてくれたのです。
 
彼はなかなかのショーマンでした。
 
そのあとすぐに小さなリスがペカンナッツを集めては地中に
 
埋めているのに気付きました。
 
新しいペカンはまだ少し緑色だったので、彼の行動をいぶかしく
 
思った私は小さなリスさんと会話をしてみました。
 
「ねぇ、それはまだ少し早すぎるんじゃないかな。」
 
するとリスは、あなたの言う事を真剣に聞いていますよ、とでも
 
言うように頭を少しかしげてじっと私を見ました。
 
それから、彼はもっと古いペカンナッツを見つけると
 
私のほうに近づいてきて、「これは大丈夫かな?」と私に調べて
 
ほしいとでもいうように差し出しました。
 
私が彼の賢さに感心したことを告げると急いで走っていき
 
ナッツを埋めました。
 
その仕事が終わると彼はもう一つのナッツを選んで私の方に
 
走ってきました。
 
私は彼の信頼にうっとりとしてじっと静かに座っていました。
 
私から1メートル足らずのところで、彼はペカンの殻をとり
 
中身を私の足元に落としたのです。
 
私はリスに食べ物をあげたことは何度もありますが、
 
リスに食べ物を貰ったのはこれが初めてでした。
 
愛がどのようにアダマタイン粒子の交換を引き起こすか
 
その完璧なモデルをこの自然の無邪気なやり取りは
 
体験させてくれたのでした。
 
 
イエス
 
アダマンタインの粒子の分かち合いは生命の呼吸です。
 
存在の世界全体でこれらの粒子が常に交換されています。
 
アダマンタイン粒子は有機生命体を構成しているだけではなく
 
地球という惑星、風、存在するすべての物質を構成しています。
 
すべてのものは存在している間ずっと呼吸をします。
 
息を吸い込み、息を吐くとき、アダマンタイン粒子は生命に
 
不可欠なバランスとつながりをもたらします。
 
アダマンタイン粒子と波長が合っている人には、
 
病気は生命の呼吸の不規則性としてはっきり見えます。
 
愛が存在するところでは、自然にバランスがとれた状態にあります。
 
手をかざすことによって健康の回復に役立つ理由はここに
 
あります。
 
癒しのふれあい、ハギングがもつ力の秘密はこれなのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

癒しに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment