旧盆
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

旧盆

 
 
 
もう、間もなく旧盆に入ります。
 
以下抜粋は、
 
先祖供養、公志によって徳を引き寄せ集める、一族内の連鎖の真実
の啓示であると思います。
 
そして、「美しい魂の記憶が甦る鏡」の最も大切にしていることでも
あります。
 
 
終わりなき愛/イエスが語った奇跡の真実より
 
ハートが指令を出すものはハートによって保持されます。
あなたの人生のために指定され、あなたのハートによって指令を
受けた粒子はすべて永遠にあなたのものです。
 
数え切れないアダマンタイン粒子の軍団が宇宙に所属していて
彼らは酸素、窒素、炭素などの元素の形成のために使うようにと
創造主によって与えられています。
 
そうした粒子は彼らの共通のマトリックスへと戻っていきます。
 
三乗根の何兆という数が人類に属していて、
これらのアダマンタイン粒子は新たに生まれた子供たちに
再び流通していきます。
 
それは、彼らの愛が、あとに残した愛の道との相似性に応じて
流通することになります。
 
それは彼らの愛が、あなたがあとに残した愛の道との相似性に
応じて流通することになります。
 
何十億トイウアダマンタイン粒子があなたの家系を通じて
あなたのところにやってきますが、
将来の子供たちをサポートするためにそこに戻っていきます。
 
それはあなたがこれらの粒子を彼らと分かち合ったであろう
同じようなやり方で分かち合われることになります。
 
あなたが出発したあと、生命の分かち合いのために他の人たちと
交換した粒子は、それを与えてくれたドナーのところへと
戻っていきます。
 
しかしながら、あなたが通過していく瞬間は、あなたがハートで
個人的に引き寄せ、あなたの人生の創造のために活用した粒子の
すべてはあなたと一緒に去っていきます。
 
彼らはあなたの魂についていくか、あるいは、あなたが愛で
マークした場所へと旅し、あなたのハートが再び彼らを呼びだすまで
そこにとどまることになります。
 
いずれにしても彼らは永遠にあなたのものです。
 
多くの場合、そのような愛の点は永久に旅を一緒に続けたい、
あるいは、ある存在局面に戻って一緒に仕事をしたいと
願っている友達や家族によって集合的に指定されます。
 
私は、人は天国に富を蓄えるべきであると提案しましたが、
それはこの現実を考えたうえでのことでした。
 
人生を非常に明確な目的をもって生きた時、あなたの愛をより高い
意識の局面へと上昇させてくれる原則や思考に向けて人生を
生きた時、あなたの人生の宝物はより安全に蓄積されることでしょう。
 
一方、ひとの愛と人生が不誠実と裏切りに彩られ、不明瞭で混乱した
ものであったとき、その人生の粒子は彼が傷つけた人々の
人生の中に失われてしまう可能性があります。
 
これは関係している人々にとって良いことではありません。
 
多くの場合、これらの失われた粒子は借金が支払われるまで捕虜に
されてしまい、これによって関係者のすべてが大いなる苦しみと
混乱を体験することになります。
 
許して解放した方がずっと簡単で健康的です。
 
 
宇宙においては原因と結果のプロセスはバランスが失われ、
それが再び回復するプロセスの様態を描写します。
 
バランスが失われたならば、それを回復しなければなりません。
 
それがカルマです。
 
しかしながら原因と結果の道筋をたどり直すことだけが
バランスと完全性を回復する唯一の方法ではありません。
 
恩寵と愛によるより高次な方法があります。
 
あなたがしなければならないことは、完全性が失われたときには
必ず熱烈に完全性の回復を探求するだけでよいのです。
 
あなたが自らの源と再びつながることによって、
この方法を発見することを私は願っています。
 
あなたの源は愛と恩寵と共時性のより偉大なる力によって
あなたの借財を取り消してくれるでしょう。
 
カルマは基本的なレベルの倫理学に基づいた行動計画です。
 
言うなれば、宇宙の警察のような仕組みです。
 
カルマは生命のバランスを回復させるもので、宇宙にとって
必要ではありますが、魂を傷つける可能性もあります。
 
私が最優先している目標は、魂をより高いレベルの責任感へと
引き上げることです。
 
聖心と神の恩寵によって力づけられる責任感に到達して
このつらい周期に終止符を打ちたいと願っているのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

旧盆に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment