讃美歌
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

讃美歌

昨日アップいたしました、大天使ミカエルのメッセージ。
召集のラッパに馳せ参じた私たちの記憶を呼び起こしなさいと
語られています。
讃美歌が心の中で甦った方もおみえです。
讃美歌338番
(O Jesus, I Have Promised)

主よ、終わりまで 仕えまつらん
御側(みそば)離れず おらせ給え
世の戦いは 激しくとも
御旗(みはた)のもとに おらせ給え

浮世の栄え 目を惑わし
誘(いざな)いの声 耳に満ちて
試むる者 内外(うちと)にあり
主よ、我が盾と ならせ給え

静かに清き 御声(みこえ)をもて
名利(めいり)の嵐 静め給え
心に騒ぐ 波は凪(な)ぎて
我が主の御旨(みむね) さやに写さん

主よ、今ここに 誓いを立て
僕(しもべ)となりて 仕えまつる
世にある限り この心を
常に変わらず 持たせ給え

私の祖父は、神主の系譜の流れの中で生を受け、
警察官であり、イエスの悟りを深く愛した人でした。
私はその祖父から、心の世界をいつも傍で肌で感じていました。
その祖父がいつも謳っていた讃美歌312番を思い出しました。
祖父がこの世を去る時もこの讃美歌で送りました。
讃美歌312番
(What a Friend We Have in Jesus)
慈しみ深き 友なるイェスは
罪とが憂いを 取り去りたもう
心の嘆きを 包まずのべて
などかは下ろさぬ 負える重荷を

慈しみ深き 友なるイェスは
我らの弱気を 知りて憐れむ
悩み悲しみに 沈める時も
祈りにこたえて 慰めたまわん

慈しみ深き 友なるイェスは
変わらぬ愛もて 導きたもう
世の友我らを 捨て去る時も
祈りにこたえて いたわりたまわん



讃美歌に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment