サナンダ
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

サナンダ

Light Worker Mike
 
 
 
 
 
親愛なる皆さん、サナンダです。
 
久しぶりにこのチャネラーに話しかけました。
 
彼女は魂が話したかったことを伝えるためにハートのままに従いました。
 
彼女がそう許可をしたので嬉しい気持ちです。
 
どうか、皆さんもまだそうでなければ、
彼女と同じようにハートがしたいように魂を外に出してあげてください。
 
皆さんは、一人ひとりが他の人と分かち合う大切なギフトを
持っています。
 
この点においてそれぞれの人がユニークで、
人類という「大いなる魂と意識」という存在をまとめているのです。
 
一つになった人類の歌においては、
それぞれが個性的でユニークな波動になっています。
 
もしそのひとつでも失うことがあれば人類の素晴らしい歌は
完成しません。
 
各魂の叡智は「すべてが存在する」「永遠の源」から流れてきます。
 
それぞれが独自の色をもち、様々な色でユニークな彩りを
見せています。
 
しかしすべての色は「大いなる一の白色」に昇華されます。
 
この「大いなる一の白色」から切り離された魂はありません!
 
「大いなる存在」の中で目覚めて「大いなる存在」に委ねようとする時、
自分の起源と一つになろうとする魂は本当に祝福されます。
 
魂の音色は「大いなる存在」と一緒に非常に素晴らしく大きく
振動し始めます。
 
音がうるさくなるのではなく、源と一つになるまで多次元に
どんどん拡大していくのです。
 
この新しい創造の前に「究極」に入った魂は、
「聖なる愛と至福の意識」という「広大無辺の海原」の中で
自分を失いました。
 
魂は個々の魂でありながらも、同時に「聖なる意識」が大きくなった
フィールドに入ることが出来ます。
 
それが新しい「聖なる創造」です。
 
今が祝福の時なのでそれが出来るのです。
 
そのことはこれまで人類全体には分からなかったことです。
 
過去に傑出した僅かな魂だけにしか出来ませんでしたが、
このことは「神聖なハート」の中で飛躍的な進化を遂げる際に
重要なところでもあります。
 
個であると同時に「究極」でもある意識になるのです。
 
個の魂はどうやって両方でいられるのですか? 
 
これは “チャネリング” するようなものです。
 
魂は「無限の源」の導管になって「広大無辺」に接していますが、
一瞬で自由に個という限られた状態に入れ替わることが出来ます。
 
そのようにするために「神聖な創造主」は、
魂の形をそれまでのように固形化せずにもっと透き通った形にしました。
 
人間の魂は今や、今流行の言葉で言えば、
粒子状から波のように広がっているのです! 
 
絶対的な創造主が魂のその変化の合図に気がつくと、
魂は意のままそういうことを起こすことが出来ます。
 
科学において創造の本質が新たに発見されると、
それは常にスピリチュルな世界で拡大した意識と知識に一致しました。
 
科学的発見と進歩によって知識が拡大したということは、
同時にスピリチュアルな成長を遂げたことということをも
表して見せたのです。
 
量子力学の知識を生かせると思います。
 
その知識はあなたのハートの中で「知っている」ことです。
 
魂の気づきを大きくします。
 
高度な物理学で表される記号は皆さん自身を知り「意識の本質」を
もっと知るための入り口です。
 
リアリティを描き出す物理学で観察されることは、
最終的に同じ真理です。
 
そして、それを見比べ、それは魂で感じられること、
直感で知ることと同じであることが分かると、
 
それは「神聖なリアリティ」であるということも分かるでしょう。
 
しかし、それはあくまで現象の世界だけに言えることです。
 
形がなくなるやいなや科学もスピリチュアルもありません。
 
どちらも「究極のリアリティである広大・無辺・完全な源」の中にあります。
 
そこでは形はなく、そこから形が生まれます。
 
このことを理解するのは重要です。
 
それを理解していなければ魂を超えるものを知ることはできず、
 
魂より「大いなるもの」に委ねて信じることも出来ません。
 
魂は「聖なるもの」の見事な「顕現」ですが、
それでも「源」と幾分離れています。
 
あなたの魂だけでなく個々にたくさんの魂が存在するので、
分かるでしょう。
 
魂は「究極」ではなくそれ以上でも以下でもありません。
 
源が「唯一」無二です。
 
分割不能、不滅、「純粋な輝き」、「すべて」が生まれて返る
「無限の意識」です。
 
生まれるものには名称が付与され客体化されます。
 
源は客体化されません。
 
源は永遠にすべての対象の「主体的実体」です。
 
源を知る時は、どんな主客の関係をも乗り越え、
対象は「主体」の「視点」から知ることになります。
 
しかしそれは「考える」とか説明することではありません。
 
「悟って」しまうのです。あなたは「それ」になるのです。
 
皆さんに「無限の視点(知識)」をお伝え出来、
魂の成長と拡大を促すことが出来て心から嬉しい限りです。
 
「あなたの」ハートで聞いてくださり感謝します。
 
いつもあなたを愛しています。
 
サナンダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サナンダに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment