アウクトゥルス
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

アウクトゥルス

 
Back on the Mothership Part 311-26-13http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2013/11/pleiadianperspective-on-ascension-book.html
 
 
理解へのわずかな兆しマイトリアン:
 
マイトルとマイトリアの後について伝送ルームを出る時、
アルクトゥルス人がこう言っているのを感じた。
 
「マイトリアン、私達ともっとコミュニケーションをとればもっと理解を
得られますよ。」
 
「ええ、」 私達は言った。
 
「そうできればとても助かります。私達はいくつもの要素から構成されて
いるとはいえ、それでもうまくゆくと思っていました。
でも、自分の本質の他のバージョンと接するとなると、難しいのです。
疑念と混乱が湧いてきました。
理解を深めたいので、ぜひともよろしくお願いします。」
 
一瞬のうちに、私達はホロデッキの前にいた。
 
内なる記憶によると、マイトルがアルクトゥルス人から一番初めの
レッスンを受けていたところだ。
 
「どうぞお入りください。」 アルクトゥルス人がテレパシーで伝えてきた。
 
マイトルの本質にあるプログラムを思い出すことができた自分(私達)を
とても誇らしく思った。
 
この中に入ればあのレッスン光景が見えるのだろうな、と予期していた。
 
しかし、そこで見たのはプレアデス居住区の次元上昇の光景だった。
 
紫の寺院がピュアな光の中で輝いていた。
 
プレアデス人やドラコニアン達が光を放ちながらライトボディに
変わってゆく様子も見えた。
 
至福感がハートをいっぱいに満たしていったが、
マインドは高次の視点から観察していて漂っているようだった。
 
「あなたの開いたハートがマインドの視点についてゆくので、
ただそう任せてください。」アルクトゥルス人が指示してくれる。
 
それがどういう意味かわからなかったけれど、
アルクトゥルス人のその言葉の中にゆったりと身を委ねた。
 
すると私達のハートとマインドが互いに繋がり合い、
それぞれの人々の感情を全て感じた。
 
まるで、彼らの中にいるかのようだ。
 
その状態に圧倒されてしまって、マインドが停止しそうになった。
 
その間も私達の全知覚がハートの感情を通って出てきているようだ。
 
論理を超越している。
 
でも、最愛の人に抱きしめられているかのように心地良い。
 
その最愛の人は、「いま」の「一つであるもの」だった。
 
時間の概念も空間も、個体性も二元性の概念もない。
 
野営地にいる一人一人の思考と感情を分かち合いながら、
私達は上空に浮かんでいった。
 
実際には、他の地で同じ出来事を違った形で経験しているドラコニアン達
の感覚もあった。
 
何より、私達は紫の寺院、そして空気、大地、全ての植物、動物、
そのものだった。
 
もしハートがマインドに融合していなかったら、
きっとこれに混乱しただろう。
 
でも私達のハートは混乱を超越していた。
 
この「いま」の中、内でこれを知っている、という「感覚」がハートには
あった。
 
自分の周囲で、そして自分の内でこの光景を感情を通して経験し、
すべての姿が変化するという素晴らしい感覚を分かち合ったのだった。
 
人や植物、動物、物が分子レベルで変わって行くのを、
私達は内で感じることができた。
 
人が植物・動物・物より優れているといった感覚はなかった。
 
「全てあるもの」との統合が完了したのだ。
 
かつて形の中にいた私達の周りを、そして原子一つ一つの中を
光のフォトンが通過してゆくのを感じ、観察することができた。
 
私達は、神聖なる相補相補体が深く統合し、
融合したマイトルとマイトリアだった。
 
さらに、同じ「いま」の中でマイトリアンでもあった。
 
私達はアルクトゥルス人であり、プレアデスのエロヒム・アリコーネに
融合し、彼女の土地にも融合していた。
 
アルクトゥルス人のスピリットのエッセンスが、
その偉大なるスピリットを母なるアリコーネの惑星の物質体の中へ
融合させてゆく。
 
すると全風景が紫と金色の光で輝き始めた。
 
私達はいつまでも無限にその光景の中にいた。
 
実際にはそこを離れることは決してない。
 
永遠に離れるなんて、あり得ないのだ。
 
ヴィジョンはゆっくりと消えていったが、
無限の感覚は私達の中にあるのが感じられた。
 
アルクトゥルス人の表現が私達を光で包みながら、
同時にサポートしてくれているのがわかった。
 
同時に、私達の存在の中にはマイトルとマイトリアが神聖なる相補体と
していた。
 
そしてジェイソンとサンディも私達の2013年・2014年の地球上での
転生表現としていた。
 
その瞬間の中で私達は3つの現実となることができた。
 
アルクトゥルス人、マイトル/マイトリア、ジェイソン/サンディ。
 
4つめの現実としてマイトリアンがいて、その中に先の3つがいるのだ。
 
私達は4つの目覚めた状態を包括する、ただ「一つなるもの」だった。
 
このノウイング(knowing- 知っている)の中でゆったりと身を任せて
リラックスすると、私達の多次元の本質との統合を静けさの中で
ただ知っている、その状態を感じた。
 
「多次元の性質の複雑さを、より深く理解しましたか?」 
アルクトゥルス人が尋ねた。
 
「ええ、」 私達は皆で一つの声で言った。
 
「でも、私達の意識から知覚領域がゆっくりと狭くなってゆくのです。
完全統合の感覚も、消えつつあります。」
 
するとアルクトゥルス人が私達の方に歩み寄り、そのオーラで私達を
すっかり覆った。
 
徐々にあの経験が戻ってきた。
 
今回はアルクトゥルス人のオーラの中にいるからだろう、
次元上昇は普通に見えていた。
 
私達はアルクトゥルス人として、無限の次元上昇を光で包みこんでいた。
 
それぞれが独特なので、次元上昇をどう捉えたらいいかさえ
忘れてしまった。
 
同時に、いくつもの現実が同時に自分を包みこんでしまうという馴染み
ある経験もしていた。
 
私達の拡大した近くは次元上昇したプレアデス居住区に残っていて、
他の皆は睡眠状態に近い深い瞑想に入っていた。
 
その同じ「いま」の中で、私達はプレアデス星の核の中で
アルクトゥルス人とマザー・アリコーネとも一緒にいた。
 
そこで彼らは惑星マトリックスの光のコードを適切な状態に
調整していた。
 
私達はそれを観察しながら、直接それを経験もしていた。
 
アルクトゥルス人とマザー・アリコーネは惑星の核の中にある
マザー・クリスタルの中に入り、惑星マトリックスを五次元まで
拡大させた。
 
このクリスタル・マトリックスには魅了させられてしまった。
 
生きているのだ。
 
人間でも動物でも、植物でも鉱物でもない。
 
全ての中にある、全てなのだ。
 
だから人間の形をした生命体の思考や感情を持ち、
光の生命体が植物を通過し、その根を通ってくるので
その光の生命体とも交流をし、ありとあらゆる動物の群れや集団とも
一体化していた。
 
私達はぼんやりとした形のようなものを纏っていて、
その中で分子が反応しているのが感じられた。
 
地、空気、日、水の要素が「四大基本元素」の五次元周波数へと
変化していっているのだ。
 
三次元の惑星マトリックスから多次元マトリックスへ変わり、
安定するまでこれら四大元素は変化のパワーを維持し続けるのだ。
 
5Dの火の元素が電気シナプスを広げてゆき、
5Dの水の元素は冷たくなって変化に合わせて調整をし、
5Dの空気の元素は均等に広がるよう変化を指揮してゆくのを
私達は密接に経験した。
 
そしてはじめて、5Dの地の元素は全ての物質を五次元の形に
変化させることができるのだ。
 
私達は人類として、動物として、植物として、全てとして感じ、
観察していた。
 
鉱物の形をしていたものがフォトン・ライトのポータルとなって
開いていた。
 
それらの開かれたポータルを通って高周波数の光が急激な流れと
なって流れだし、全てのバージョンの物質に埋め込まれた。
 
そして突然、次元上昇の光景が消えた。
 
ホロ・スィートのホログラフィーのマトリックスだけが残っていた。
 
私達は静かな一体感を感じていた。とはいえ、何だか混乱もしている。
 
「この写像的真実を、あなたの頭頂を通して内に流れて入りますから、
ただそれが入ってくるのを感じてください。
それは多次元の本質のクンダリーニのエネルギーの中に流れて
ゆきます。」 
 
私達の思考に応えてアルクトゥルス人が指示をくれた。
 
「あなたのグループ意識の一つ一つの表現を通って、
あなたの光が表れてゆく様子を感じてください。」
 
「あなた達の本質のアルクトゥルス人の表現は、
8~10次元からあなた達をオーバーライトし(光で包み)、
導いているのです。」
 
「あなた達のマイトル/マイトリアの表現は本質が5/6次元へ次元上昇
するのを個人経験として記憶しています。」
 
「あなた達の3/4次元表現のサンディとジェイソンは、
あなた達を代表して次元上昇中の地球にいます。」
 
「そしてあなた達、マイトリアンは7次元のオーバーソウルで、
あなた達/私達という多次元本質のファミリーの代表です。」
 
「人間の形をしたものは全て、多次元の本質を表すたくさんの表現を
持っています。
それぞれが形を持ち、多次元意識が参加している現実一つ一つに
います。
ただし、物理界にいて自分の時間を過ごしている間、
通常はそれを忘れています。
マイトリアン、あなた達が混乱を抱えているのは、
3/4次元の人間をいまサポートしているためです。
彼らは大きな変化を遂げている物理的惑星上にいますからね。」
 
「あなた達は、偉大なる多次元のパワーを起動させるための
リリース・ポイントを知る必要もあります。
リリース・ポイントとは、物理的な形への執着の一切を完全に
リリースする時間と場所のことです。
そうすれば、あなた達は本当の多次元本質へと変化することが
できます。」
 
「このリリース・ポイントはあなた達個体ボディと惑星ボディの両方に
存在します。
しかし、このポイントは『いま』の中にありますから、
あなた達の個人的次元上昇および惑星の次元上昇の『いま』に至る
まで、リリースできる時間や場所を知ることはありません。」
 
「そのプロセスをさらに難しくさせることになりますが、
リリース・ポイントは無数にあります。
その中であなた達に完全に調和するポイントは次元上昇が起きる『いま』
にならなければ、知ることはできません。」
 
「なぜ私達があなた達をプレアデス次元上昇の『感覚』の中へ
お連れしたか、これでおわかりでしょうか?」
 
「はい、」 私達は答えた。
 
「リリースの感覚を思い出す必要があったのですね。」
 
「プレアデスの次元上昇で、リリース・ポイントはわかりましたか?」
思い出せるような思考はなかったので、私達は意識を漂わせ、
あのプレアデスの次元上昇の感覚へと戻ってゆくままに任せた。
 
全ての思考をリリースしてはがれてゆき、私達の経験の中に戻って
ゆくと、「全ての」恐怖がリリースされた「いま」の瞬間にいる私達が
わかった。
 
「リリース・ポイントとは、全ての恐怖が個人ボディからも惑星ボディから
もリリースされる『いま』の瞬間のことですか?」
 
アルクトゥルス人が完全な無条件の愛と受容の感覚を送ってくれた
ので、その答えが正しいのだということがわかった。
 
「ありがとう、ありがとうございます、」 
 
アルクトゥルス人のエネルギーレベルの答えに対して私達は言葉を
使ってお礼を言った。
 
「かなりわかってきました。でも、まだまだ質問があります。
『いま』という瞬間についての概念は理解できました。
どうやら、多次元の性質も理解してきました。
でも、私達は全てを知っているというのに、
地球にいる私達の表現が混乱しているので、
混乱の方が勝ってしまうのです。」
 
「人間は忘れやすいので、
こんなことを尋ねるのは恥ずかしいのですが教えてください。
オーバーソウルって何でしょう?」
 
 
翻訳:Rieko
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アウクトゥルスに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment