sirius
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

sirius


 http://lightworkers.org/channeling/193644/sirians-greetings-your-star-kin
The Sirians: Greetings from your Star Kin : 23Dec. 2013
Copyright(C) Elizabeth Ayres Escher 〓 All Rights Reserved.
 
ご挨拶を!私たちはこのチャネラーが最近記事を書いたことがある
シリウスからの使者です。
 
私たちは平和のうちに到来し、年末に至り、新年を迎えるにあたり、
喜びのご挨拶を申し上げます。
 
そして又、あなた方は古い世界を後に残して、
新しい世界を迎えようとしています。
 
今年は多くの人に取って難しい年だったことを、私たちは知っています。
 
変化の速度と種々の出来事の推進力は国々、社会、ファミリーを
引き裂きました。
 
変化は、より洗練された現れ方をし、あるいは中心を保つための
あなた方の能力の限界を試しているにもかかわらず、
あなた方の意識を占め続けています。
 
世界にどのような変化が起きようとも、それらを受け入れ、
挑戦が成長と経験のための新しい機会を意味するという可能性に対して
心を開くようお勧めします。
 
新年とそれに引き続く年には、私たちの星で生まれた子供たちは、
最近経験されている宇宙の愛の波の到来によって活性化されている
DNAの中にしまい込まれていた才能に真に目覚め始めるでしょう。
 
あなた方には多くの者が陰から踊り出して、
自分たちの生来の権利が尊厳あり、
かつ強力であることを主張し始めるのが見られるでしょう。
 
そして新しい夜明けへと残りの人達を導く者は、
いつもは静かで感受性の高いこの者たちなのです。
 
彼らは天の交響楽を聴く耳を持ち、隠されたゴールへと引き寄せるために前途に横たわっている銀の道を見る目を持っています。
 
ベールに包まれて長い間忘れられていた才能が前面に出てくるでしょう。
 
人間は周囲の動物と植物にマインド中の思考を話しかけ始めるでしょう。
 
これらは昔からの才能であって、古い土着文化が未だに残っている
世界の一部では忘れられたことはありません。
 
種族のシャーマンと聖なる男女の間には長い間争いがありましたが、
それらはあらゆる努力にもかかわらずまだ解消せず、
彼らのハートと秘密社会の中に閉じこめられている内なる世界の秘密を
維持してきました。
 
長年の間、彼らはこれらの贈り物を他者、よそ者に与えようとして
きましたが、今、これらの贈り物は、豊かな水辺に新しい草が
生えるように都市とその近郊に住む者たちのハートから
外に出て来ています。
 
彼らは自分たちが経験している新しい感情を説明するために古老たちと
向き合っています。
 
多くの人達はシャーマン、ヒーラーとしての僧侶、太陽と月の女僧侶、
聖なる修道士、ドルイドの教師、及びその他のスピリチュアルな道を
たどる者としての道を歩んできました。
 
あなた方がこれらの生涯で勝ち取った性能と優雅さは今この生涯に
おける目覚め意識の中に定着し始めています。
 
今は渦の転換点であり、再び宇宙へと導くスパイラルのダンスの
始まりの時です。
 
人間はその真の生来の権利を発見し、星々の中へと飛躍しようとして
います。
 
人間と私たち親類との会合が来年であろうと20年先であろうと
あなた方の線形の将来において起きるとしても、
私たちの現在の今の時にすでに起きていることを知っていて下さい。
 
私たちの”時間”という概念は、あなた方のそれとは合わない事を
忘れないで下さい。
 
私たちは過去、現在、未来と言った線形の時間を経験することは
ありません。
 
私たちは時間を直線的には経験することが無く、
種々のタイムラインの上でより多くの経験を楽しみます。
 
間もなく、あなた方はこれを自分で感じ取るために十分な感受性を
得るようになるでしょう。
 
今は、あなた方が好きな時、どのような時へも移動出来る時間の
マスター、時間のロードであることをイメージしてください。
 
あなた方の惑星にとって、今は多くの文化が宗教や祖先あるいは
ファミリーを念じて光の祭りを祝う一年の内の特別な時です。
 
西欧のキリスト教徒が祝うクリスマスは非常に古く、
レムリアやアトランティスの古代の伝統に根ざす異なる宗教に
基づいているのだということを申し上げます。
 
レムリア人やアトランティスの僧侶階級は光と結晶と共に作業を
していました。
 
彼らはあなた方の現在の科学者たちよりも遙かに強力でしたが、
自分たちのエゴを制御したり、火星やメルディックの破壊から受けたり、
他の星間システムにおける多くの古代文化から受けた古いカルマの
パターンから脱却することが出来ないことを示しました。
 
親愛なる皆さん、あなた方は今住んでいるこの惑星を
ふるさととしている本来の者ではありません。
 
そうではなく、あなた方の全ては、数百万年のも長い間風雨にさらされて
浸食を受けた山々よりももっと古い時代のルーツに根ざしています。
 
あなた方の現在のふるさとはかなり最近のものですが、
あなた方は間もなく星の親類たちととうとう面会するようになった時に、
私たちが今お伝えしている真実を発見する事でしょう。
 
これらの多くの人達は現在のあなた方の感受性とは相容れない顔を
していますが、彼らはこの世界への到来への準備としてのあなた方の
夢と想像の中に現れ始めることを知って下さい。
 
あなた方は毛皮を持ち、動物のような顔をし、鱗と尾、牙を持ち、
多色の肌を持ち、翼を備え、その他の衣類以外の装具を持つ者たちに
会うようになるでしょうが、どの場合でも、彼らは感覚を持った完全意識
の存在であり、装置によっても、装置なしでも宇宙を旅する能力を
持っています。
 
彼らはあなた方の祖先、親類であり、多くの者は人間の様相を
してあなた方の間を歩行するスターシードであり、
この遷移の時に、人間が囲われていた存在から抜け出し、
銀河種族になる準備のためにここに住んでいるのです。
 
二つ以上の目で、想像という内なる目で見る作家、芸術家、
音楽家を参考にして下さい。
 
彼らは近い将来に現れてくる巨大な変化に合わせ、
受け入れることが出来るように人々を導くでしょう。
 
この将来が何時かは、あなた方の集合意識に依存しているので、
今目覚めているあなた方にとっては、ハートとマインドをこの出来事に
備えるようにすることが大切です。
 
性別、宗教、文化、国、あるいはその他のあらゆる分離の形による
相互の分離を必要とする心理的、及び信念システムと、
支配と征服を望んでいた者たちによって想像されうる紛争の中に
あなた方は閉じこめられていたのですから、親愛なる皆さん、
ハートを開いて下さい。
 
制御され支配され、他者及び異なる者たちを恐れていたので、
あなた方は、愛に値せず、苦悩に値し、死のために生を受けたのだと
信じながら暮らすように追い立てられてきました。
 
このどれもが正しいことではなく、あなた方は、ハートセンターの周囲に
張り巡らされていた壁を破り始めるので、
自分で真実を発見する事でしょう。
 
人間は一区画の土地又は名誉のぼろ旗ならいざ知らず、
如何なる支配にも屈したり、死んだりすることはありませんでした。
 
戦争はあなた方の真の潜在能力を自覚させないように、
考えの集中をさせないように、指導者を見失わせ、
希望を持たせないように仕組まれています。
 
今、私たちはあなた方に希望を与えています。
 
あなた方は自分たちの苦悩にも屈しないようにより強くなっていて、
全体性に目覚め、もはや苦悩することもなくなっています。
 
あなた方には苦悩の必要はありません。
 
それは創造主が創り出したものではありません。
 
あなた方の将来は遠い昔に他の者に奪われてしまっていたのですが、
今このサイクルは変わり、あなた方獄中にいる者が解放される
新しい機会が来たのです。
 
世界の変化の風の動きを感じて、あなた方のハートの中に恐れを
持ち込もうとする悪意の者たちから自由になって下さい。
 
あなた方は今自由に方向を選択出来るのです。
 
立ち止まって考え、それからさらに前進して下さい。
 
自分の体を貫通するエネルギーの流れに耳を傾けて下さい。
 
あなた方の目に感じられる周波数を見て、ハートを通じてダンスを
踊って下さい。
 
あなた方は長い間の妨げの多かった眠りから
目覚める過程にあるのです。
 
そして私たちはここにいてあなた方の前進をお迎えします。
 
初めは個人としての、後に集合としての夜空にきらめく星の間の多くの
場所からの親類縁者と再会する、聖なる人間、銀河の人間である
あなた方をお迎えします。
 
私たちは人間を誕生させた星の種族の内の一つであり、
親類としてご挨拶を申し上げます。
 
私たちが起源であるとの記憶を取り戻しつつある多くのスターシードが
あなた方の中にいます。
 
このスターシードたちは夫、妻、子供たち、そしてある場合には地位や
マスターとしての立場さえをも放棄している者さえいます。
 
あなた方はまさに真の全体性の淵に立っていて、
道は足下に開けつつあります。
 
夢の中で最初の一歩を踏み出し、私たちと会うことにしますか?

 ナマステ!
 
 
翻訳 Taki
 
 

siriusに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment