メッセージ
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

メッセージ

Light Worker Mike
 
 
 
 
 
 
The Golden Light Channel 2014-1-14
 
こんにちは、私たちはエンジェル・カウンシル、大天使ミカエル、
プレアデス・カウンシルです。
 
今日は、もう一つの高次元テクノロジー、フリー・エネルギーについて
お話したいと思います。
 
フリー・エネルギーは「大いなるすべて」に行き渡る、
すべてに内在する創造主の共創的なエネルギーに繋がり
それを利用したエネルギーのことです。
 
それは宇宙や多元宇宙、銀河、惑星、生命的存在を創造する
エネルギーです。
 
すべてに命を与え息吹を吹き込み、すべてを生み出すエネルギーです。
 
ガイアの地球がこのエネルギーによって宇宙空間にいることが出来、
太陽がとてつもないとパワーとエネルギーのある光を発することが
出来ます。
 
このエネルギーによって皆さんが地球の低い次元で肉体を持って
生まれるだけでなく、高次元、多次元の存在として生きられるのです。
 
私たちのプレアデス文明は、長い時間をかけて大いなるすべての
創造主のこのパワーに繋がって利用する方法を学んできました。
 
このフリー・エネルギーで私たちの宇宙船が動き、
皆さんのエネルギー高調波に合わせて地球の大気近くまで行くことが
出来ます。
 
このチャネラーは物理学や数式に詳しくないので、
フリー・エネルギーを取り出して宇宙船を駆動させる際に用いる複雑な
数学・物理についてのアルゴリズムを翻訳させるつもりはありません。
 
でも、私たちは遥か昔にその方程式を解きました。
 
そして他の高次元社会と同じように、コンピューターを開発し、
私たちの「意識」の力によってコンピューターを操作しています。
 
このコンピューターはテレパシーによる指示に反応してから
宇宙船の機器・装置を操作します。
 
宇宙船の装置はフリー・エネルギーの原理に基づいて動きます。
 
以前このゴールデンライトチャネルでお話しましたが、
「同郷の者同士が集まる(同窓会)」時に、
ギフトとして皆さんに差し上げたいと思っている
テクノロジーのひとつです。
 
このチャネラーは「チャネリング」という言葉が 
“ライトワーカー” のコミュニティで否定的なニュアンスを持つ時が
あるのでその言葉を使いたくないと思っていますが、
それに代わる言葉が見つかりません。
 
彼女は何らかのグループに分類されたくないのです。
 
それは、必ずしも誠実に、かつ敬意を持って受け留められるわけでは
ないからです。
 
「ゴールデンライト」(このメッセージ・チャネルの名称)は彼女が地球に
生まれる前に人類のために高次元のメッセージを伝える契約を
行っていました。
 
1年前に事前契約したことを思い出しそれ以来高次元のメッセージを
公表してきました。
 
彼女は大天使とプレアデスの世界との絆があります。
 
元々魂は天使界に生まれその後ほとんどをプレアデスで過ごしました。
 
高次元で何回もの生涯を私たちと一緒に過ごしました。
 
そして “現在” のもっと重い世界に降りました。
(「現在」と言いましたが私たちは時間の外にいます)
 
彼女は、3次元地球に来て人間の体を身につけて記憶喪失になった後に
高次元やハイヤーセルフ、エンジェル・カウンシルに再度繋がりたいと
思っていました。
 
ですから地球で経験をしながら、今、再度私たちプレアデスのファミリー、
エンジェル・カウンシル、ハイヤーセルフ、多次元的自に繋がりました。
 
ではまた高次元のテクノロジー、フリー・エネルギーに戻りましょう。
 
このテクノロジーは高次元の社会では幅広く至るところで
使用されています。
 
今、たくさんのスター・ネーションが地球の周りにいます。
 
勿論、高い波動であるために、私たちの波動を少し下げない限り
天文家たちが望遠鏡で私たちを見ることは出来ません。
 
ただ、下げたとしても、安全上の理由から長時間その状態でいたくは
ありません。
 
地球の多くの人が必要性から周波数をあげています。
 
今地球の内外は周波数が高い状態なのでそれに合わせる必要が
あるのです。
 
ですから、波動を上げることは地球にいるために必要なことです。
 
波動を上げ続けると、益々私たちを見られるようになります。
 
だから今これまで以上に “UFO” の目撃情報が増えているように思え、
文明としての波動が上がっています。
 
それについては皆さんを誇りに思います。
 
この厳しくも興奮する歴史上かつてない時にいることに同意した
すべての人に敬意を払っています。
 
今日は、フリー・エネルギーについてお話ししたいと思っていましたが、
同窓会の時に人類への贈り物にしようと思っています。
 
それで地球の文明は完全に変わってしまいます。
 
無限の繁栄と豊かさがもたらされて地球の様相も人々も全く変わり、
大切なガイアをも助けることになります。
 
皆さんはガイアの上に暮らしている事を忘れないでください。
 
彼女は地上でも地下でもそこで人々が楽しく幸せに生きることを
願っています。
 
それが翻って彼女の最大に喜びになります。
 
彼女の上で楽しくやってほしいというのが最大の願いなのです。
 
すべての惑星がそうですが、地球は生きた存在であることを
常に忘れないでください。
 
そこに生きる存在に対して役に立とうとする生きた存在です。
 
ほとんど完全なまでに、彼女の肉体を破壊する行為が長い間
続きました。
 
将来そのような傾向は急に反転していくでしょう。
 
これ以上彼女の健康が侵害され続けることに耐えられないのです。
 
外部の助力がなければ彼女は惑星として死に絶えていたでしょう。
 
それが衝撃波を起こして地球の構造と宇宙全体に影響を与え、
大いなるすべての周波数を上げるという計画そのものにも
影響を及ぼしていたでしょう。
 
その計画は遥か昔、創造主によって実行に移されたものです。
 
この時に地球にやって来た多くのスターシードたちは生まれる前に
この計画を了解し、その計画を推し進めるためにやって来ました。
 
他のスター・ネーションからもいろいろな高次元テクノロジーが
もたらされるでしょう。
 
それによってアトランティスやレムリアのような黄金時代の幕が
開けます。
 
アトランティスでかつて使用されていたクリススタル・テクノロジーは、
すべてに最善という目的だけに使用される時に地球に
戻ってくるでしょう。
 
ネガティブな目的で悪用されたアトランティスのテクノロジーは
アトランティスとレムリアで使用されましたが、
エネルギーの鍵がかかっているために今はまだ地球に
現れることはありません。
 
この鍵のコードはアトランティス崩壊時に書き込まれ、
発見された時に再度動き出します。
 
そうやって再浮上するまで保護されています。
 
当時の高僧の多くが今この時の地球に生まれており、
この鍵のかかったコードを監視していきます。
 
フリー・テクノロジーが到来し、無限の繁栄がもたらされてガイアの肉体と
皆さんの社会はガラリと変わるでしょう。
 
財界を肥やす石油エネルギーに依存し母なる地球の身体に穴を
開けて彼女の血液を抜き取る石油掘削は終わります。
 
そして高度なテクノロジーによってすべてに利用可能なフ
リー・エネルギーを使用する文明へと変わります。
 
私たちと他のスター・ネーションがそのテクノロジーを皆さんに伝えます。
 
金融マーケットをコントロールする地球全体のカバルの勢力の支配から
すべての資源を交換しあう国境なき社会、社会全体が一つにまとまり、
一人ひとりが生き残りを掛ける必要がない社会、上下格差のない社会、
そういう社会を目指すことが地球で生きる目的になります。
 
そうやって殆どの時間、楽しく生きられるようになります。
 
それが、オリジナル計画がねじ曲げられる前の地球でやろうとしたこと、
一人ひとりが自立し主人公になって豊かさを享受する世界です。
 
地球で生きるものはすべてが人生を謳歌していくでしょうし、
そうなるはずです。
 
一握りのものだけが味わった贅沢、優雅さを一人ひとりが
享受していきます。
 
その時が近づいています。
 
新時代を告げる甲高い音が地平線から聞こえてきます。
 
そのことを十分に理解してこの新時代、光明のゴールデン・エイジを
共に創れるように新しい世界のことをお話しました。
 
そのような社会に生きることを想像してみてください。
 
フリー・エネルギーがすべての推進力になります。
 
生活のために金融機関に借金をすることは過去のことになります。
 
生きることに悪戦苦闘することは時代遅れのライフスタイルになり、
依存し従属した状態から自立します。
 
考え方はもっと広くなり、地球に生きる行きとし生ける存在すべての
ために思う存分楽しく力を発揮する人間へと変わります。
 
周波数全体が転換して世界が変わっていきます。
 
皆さんに会える時を楽しみにしています。
 
すべてが整う時、会う時のタイムラインと皆さんのタイムラインが
交差します。
 
それには、地球上のすべての人の意識が融合し統合して一つに
まとまることが必要です。
 
今日は以上です。
 
皆さんに優しく愛を送り、優しい光で導きます。
 
私たちはエンジェル・カウンシル、大天使ミカエル、
プレアデス・カウンシルです。
 
Channeled by Goldenlight, http://www.thegoldenlightchannel.com. © The Golden Light Channel. Please include this copyright and credit, original title, and a link to the source message when re-posting this message.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

メッセージに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment