メッセージ
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

メッセージ

LightWorkerMike
 
 
大天使メタトロン
元素 ユニコーン ドラゴン 妖精の王国
 
James Tyberonn 2012-6-1
 
マスターの皆さん、アセンションは物質的な地球で起こるだけでなく、
パラレルな地球でも起こります。
 
銀河の中心に整列して膨大なイオンエネルギーが
発生しいわゆる反物質プラズマが地球の南北の極に入り込みます。
 
パンゲア
 
人類が地球にやって来る遥か前、
オムニ・アース(多次元・パラレルアース)にはいわゆる元素という
自然の力のある存在がいました。
 
元素は重い物質だけでなく物質ー反物質という範囲の中に存在し、
多様性のある意識的生命として生きていました。
 
その時に5つのマトリックスの形、あるいは元素になって
存在していました。
 
それが、気、地、火、水、エーテルです。
 
ですから、物質は光と同じく、そのように幅広い形になって
存在します。
 
地球の初期の頃、人間の魂は地球にやって来て、
非物質的なアース・プレーン、思考という形で存在しました。
 
そこで、マインドは物質を型取り、物質を形成することが出来、
完全に物質の中に宿ることが出来ました。
 
多くの魂が物質を身にまとう前の時代にいわゆる元素の世界に
宿りました。
 
だから多くの人が元素の存在に非常に強い関わりを持っています。
 
実際、多くの人が元素の世界で最初の命の経験をしました。
 
多くの人が、妖精のような光の存在として素晴らしい元素の力を
発揮したのです。
 
そのような存在は「聖なるマインド」の非物質的顕現でした。
 
その頃はレムリア、ムーの時代だと考える人がいますが、
その遥か以前、地球が2極になる前のことです。
 
その時は、地球で人間が肉体を持つ前の、「蒼穹」の時代です。
 
大体それは300万年以上も前の頃です。
 
このホログラフィックな地球の時代の大陸は、
現在と大きく異なっていました。
 
地球の地軸も回転も全然違うものでした。
 
直線的時間は存在せず、空間はもっと流れるように変わりやすい
ものでした。
 
殆どの皆さんがこの時の地球にやって来ました。
 
前-人間の時代です。
 
皆さんは思考としてやって来て、
 
グリッドや重力には縛られずに地球を体験しました。
 
地球での経験はある種冒険であり、思考を現実化することでした。
 
瞬間的にあちこちと移動でき、
思いのままに自らを非物質化することが出来ました。
 
非極性の時代、地球が蒼穹から落ちる前の時代でした。
 
それから地球は「二極性の大学」になったのです。
 
その時は全く違う地球で原始の地球でした。
 
前-人間時代の地球は幾多の大きな変動を経ました。
 
大洋は今の海よりももっと海面が高く、大陸は一定期間一箇所に
集まっていました。
 
それが「パンゲア」です。
 
レムリアとアトランティスの遥か以前の時代です。
 
この時代に多くの魂が元素の力によって思考を地球に投影し、
「地球の園」を体験しました。
 
多くの人が、気、地、火、水の世界で意識を経験出来たのです。
 
そのことは、妖精やマーメイド、スプライト(小妖精)、ドラゴン、
トロール(洞窟に住む小人または怪物)小人などの民話や
伝承の中で僅かながらおぼろげに思い出せます。
 
 
 
パンゲア from J. Tyberonn
 
マー&ユニコーン、ドラゴン
 
 
マスターの皆さん、驚くかもしれませんが、
エーテル体の存在の中には、ユニコーン、
マー(マーメイド&マーマン)それにドラゴンがいます。
 
これらの存在は人間と同じく完全に意識を持っています。
 
最高の神聖知性を持ち高度に進化しています。
 
それらの存在は人間と地球を守っており、
宇宙の引き金を引く大きな役割を持っています。
 
マーメイド、マーマンのマーは海と水の世界の元素にあたります。
 
彼らは水のキーパー(守護者)で神聖知性があります。
 
皆さんの多くは二極性の地球の前、
この存在になって生きていました。
 
マーはイルカとクジラには見えており、互いに交流しあっています。
 
でも、イルカとクジラは肉体を持つ高度に進化した存在です。
 
一方、元素のマトリックスの中にいるハイレベルのマーは
非物質的存在です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

メッセージに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment