アルクトゥルス
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

アルクトゥルス

たきさんのホームページより
 
アルクトゥルスグループ・・・2014年2月16日 転換点
 
 
                     ホームへ戻る     
http://www.onenessofall.com/newest.html
Marilyn Raffaele ~ The Arcturian Group ~ 16 February 2014 The Turning Point
21 February 2014
 
この時点で私た ちが伝えるメッセージは希望の言葉です。
非常に多くの人達がいらつき、日々の暮らしに苦労しています。
これらの困難は失敗を意味するのではなく、
卒業を意 味していることを理解することが非常に大切です。
いろいろな生涯を通じて蓄積されたあるエネルギーが
あなた方の肉体、感情体、及びメンタル体の細胞の記憶 装置の中に
蓄えられています。
これらの経験に関係する個人の細胞記憶と共に、各個人は遺産、
お辞儀、約束、及び全ての強力な生活経験(良きにつけ悪しきに
つけ)のエネルギーの解消に至るまでこれらを持ち続けます。
 
あなた方は今で は、古いものに閉じこめておくのに役立っている
あらゆるエネルギーを解消するためにスピリチュアルに十分に
強力ですが、これには終わらせる必要があるあらゆるカルマ的な
解決が含まれています。
あなた方はそれらを認識し、解消出来るだけ十分に進化して
いなかったので、これらのエネルギーは数々の生涯を通じて
蓄積され、持ち越されてきています。
 
あなた方がこれらの経験のうちのあるものを二度と繰り返し
あるいは考えないような選択をしたので、自分の中深くには、
保持されている強力な生涯経験(肉体的、感情的、
あるいはメンタル的な)から来るこれらのエネルギーの
ポケットがあります。
 
まじめな生徒はその懸命の内部作業を通じて問題を解決し、
完了したと信じていることがしばしばあります。
普通、これはこの者の生涯を通じての悩みの基です。
低次元の、ある特定の者、恐れ、耽溺、あるいは感情的な
反応が、”おい、今戻ったよ”として現れることがあります。
 
解消すべき問題の再現は単に、あなた方が深いレベルに
達しているということを示しているだけなのですから、
これが失敗だとか作業が正しく進んでいなかったとは決して
考え ないようにして下さい。
このようなことが起きたら、以前は分からなかった事が再び真実と
して動き始めたかもしれないという概念を再検して下さい。
新しい層が現れる都度、あなた方には自分の意識状態についての
新しいレベルの気づきが得られるでしょう。
”私が信じていることはこんなふうに感じさせるものなの か”と
考えて下さい。
 
善きにつけ、悪しきにつけあなた方が戦っている如何なる問題、
人々、あるいは経験にでも、力を委ねないようにして下さい。
なぜならこれらはあなた方が力を委ねたからで あって、
これが優先的にあなた方の中に蓄えられている理由なのです。
古く、もう終わっている三次元的な二元性と分離のエネルギーは、
より高い光の周波数ま で持って行くことが出来ないので、
取り除くまで障害として作用するでしょう。
 
進行中の変化の大切さのために、この特定の生涯について、
進化したソウルたちは、解消する必要があるあらゆる問題の全リスト
を携えて転生してきています。
多くは誕生前に、乗り越えるべきあらゆることを活性化する
ファミリー状況の中に誕生する選択をしています。
たとえば、多くの者は長い間の懸案だった低劣な自負心という意識を
目覚めさせるために特にこのようなファミリーを選んで劣悪な
ファミリー条件の中で育てられます。
このようにして、彼らは一気にこの自己概念を解消出 来、
自分が本当には誰でどのような者なのかを自覚できます。
又、しばしば、終えるべきカルマ状況もあります。
 
カルマ的な関係に関しては、もしもあなた方が自分をいつも存在する
違和感がカルマ的であるのに、
他の者はこのような問題に一向に関心が無い事があります。
あなた方は自分でこれを完結させ解消する事が出来ます。
 
1  自分には全く関心がないとしても、人の天性を認識すること。
2  あなた方の意図とイメージを通じてその人にこだわらせている
エネルギー的な絆を除去すること。
3  イメージに浮かぶ全ての者に愛と光を送ること。
4  解消しようとしている事を続けてしまうので、はまりこまないこと。
 
以前の生涯で は、ソウル達は一つの問題だけを処理するために、
問題を絞って転生してきました。
しばしば単純に生き延びるためだけに戦うことで進歩が妨げられ、
何回かの転生によってようやくゴールに達するようなことが
ありました。
今起きている強力なエネルギー変化のために、
転生してきているソウル達は、古く終わってし まっている周波数の
中に閉じこめておく全ての問題に取り組む必要がある事が分かり、
これが非常に多くの者が困難な生涯経験をする理由であるように
思われま す。
 
あなた方は巡り会う事全てを処理できるだけ十分に進化しているか、
それには対処しないような選択をしているかのいずれかです。
三次元的な概念で失敗したと思われても、
決して失敗ではないことを信じて下さい。
そうではないので安心して下さい、親愛なる皆さん。
なぜならあなた方は強力で見通しが効き、必要なことをする時に
真 実を見定められる愛と光に進化しているからです。
全てのレッスンはあなた方自身によって成長し、
進化するために必要だと認められた経験をするためにあらか じめ
計画されていることを忘れないで下さい。
 
さて、アルク トゥルスグループは豊穣についてお話をしたいと
思います。
豊穣は、多くの人達が欠乏と制約という外見から苦しんでいるので、
混乱をさせる事です。
ワンネス の中には、存在する全てのものがあります。
天の多元的存在のあらゆる質、多元的能力、及び全知のソースも
あなた方の中に秘められています。
これがこの旅の焦点であり、全ては数百回の生涯を通じて、
最終的にこの真実を自覚する意識状態へと進化するために
経験されていました。
ソースは、欠乏や制約を知らず、無 限に自己維持、
自己保持型なのです。
欠乏というアイディアは、二元性と分離の中での信念から生まれた
概念です。
天の意識の中に包含されるあらゆる事は、
天の法によって配置されます。
もしも欠乏又は制約が天の意識の中にあったとしたら、
それは永遠に変更が不可能になるでしょう。
この実現が見かけの変更のため の第一ステップです。
 
あなた方が支払いをする都度、ソースは完全であって、
何も欠ける事がないのですから、この請求書又はお金は、
単にこの物質的な表現に過ぎません。
あなた方が豊穣には制約があり、個人的なもので、
消費すれば枯渇すると信じるなら、お金はあなた方のもので有限で
あり限界がある(二元的で分離的)と宣言をしていることになりま す。
豊穣はあなた方を通じて流れるのであって、
あなた方から発せられているものではないことに気が付いてほしいと
思います。
自分の空の財布を見れば、この ようなことはばかばかしいと
思われるかもしれませんが、この真実を実践すれば、
ソースとの一体性のために既にあなた方のものになっている
無限の豊かさにつ いてより深い理解への道が開かれるでしょう。
 
流れを起こし始めて下さい。
不要な衣類や物を捨て、時間を寄付し、1ペニーと言えども瓶の中に
コインを入れて愛(サービスや物)の流れを起こし、
感謝(支払い)をして下さい。
常に流れが無ければなりません。
あなた方は創造主なのです、親愛なる皆さん、そして、
あなた方の意識状態から流れ出るあらゆる想念や言葉(たとえ ば、
持っていない・・・)によって創造をしているのです。
旅がワンネスの学びであるように、
そのワンネスの中で表現されることの学びでもあるのです。
あら ゆる金銭的な行為に真実を当てはめ、
全ての支払いが無限の、制約の無いソースから流れ出ていることを
知って、それに感謝して下さい。
 
人間のあらゆる足跡を、あなた方の特別な状況の中で
必要なものかもしれないと取っても、
最初の第一歩をいつもあなた方の無限のソースの真実として
記憶して下さい。
欠乏と制約のいつも変わらない三次元的なニュースの弾幕を
心から受け入れる、と言うことのないようにして下さい。
 
あなた方は転換 点に来ています。
自分の主人がだれであるのか、誰に真実、あるいは、
未覚醒の世界によってあらゆる側面からあなた方に与えられる
三次元的な概念を捧げるの かを決めなければならない時なのです。
親愛なる皆さん、自分に対して完全に正直であって下さい。
何故なら、あなた方は今前進するか古い世界に留まるのか
決める点にいるからです。
この選択はいつものように、あなた方がすることです。
 
私たちはアルクトゥルスグループです。                                                 
 
 
ホームへ戻る
 
 
 
 
 
 
 
 

アルクトゥルスに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment