紅天女
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

紅天女

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今朝の空は、歓喜に満ちていました☆☆
 
 
昨日は、漫画家の美内すずえ氏の作品「ガラスの仮面」の
劇中劇の氏監修による新作能「紅天女」公演を観に行きました。
 
古典芸能ですが、とてもわかりやすく、お能を身近に体験でき、
また日本文化の素晴らしさを堪能させていただきました。
 
 
 
 
 
待ち合わせをした私たちは、、、黒一色、白一色、赤一色の装いなのには
笑いました^^;
皆迷うことなく、紅天女の観賞の衣装が決まったのでした。。。
 
 
能面の試着、、
 
 
 
 
 
この梅は150年ほどの
樹齢だそうです。
 
この梅には黒
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この梅には赤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この梅には白のモチーフの
ガラスの仮面の登場人物が
立て懸けられていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美内氏の「アマテラス」、「ガラスの仮面」共連載途中で、
何十年も中断していますが、
舞台始めの美内氏のトークショーをお聞きし、
なるほど、作品は氏のフィクションを離れ、
ノンフィクションとして命が吹き込まれていることが伺え、
なるほど、納得いたしました。
現在進行中なんですね。
 
「紅天女」では、ちょうど、東の国、西の国が手を結び分かち合う
ところ、その後ろには、損得を優に離れた魂が打ち震える愛が
その流れを支えている、、
 
この能が挙行され、私は美内氏のもとに、
新たな世界が降ろされることを予感し、
心躍り能楽堂をあとにしました。
 
 
 
 
帰路、熱田神宮に立ち寄り、本殿奥に鎮座します、清水神社の
清水で洗い清め、新たな世界の幕開けを新月と共に
観た思いでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

紅天女に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment