メッセージ
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

メッセージ

Light Worker Mike
 
 
 
強制された平和は平和でない
イエスJohn Smallman 2014-3-5
 
光の所持者やウェイシャワーの皆さんがここ数週間共有してきた
素晴らしい自立(エンパワーメント)のエネルギーは非常に甘い
南国の果実をつけて向上しています。
 
瞬間毎に自分でしていることを適切に評価することができれば
自分でもびっくりするでしょう。
 
皆さんはこの人類が進化する時に生まれることを決め、
目覚めのプロセスを手助けしようとしました。
 
それは骨の折れる大変なことであることは事前に承知していました。
 
そして今、目的・計画通りに素晴らしい仕事をしています。
 
ここで自分の役目を果たすのに苦労しながらも、
今は本当のことに気がつかず知らないことになっているのですが、
それも生まれる前には知っていたのです。
 
そして皆さんはそれも神聖な計画であるとして了解していました。
 
皆さん一人一人の役割は本当に不可欠です。
 
いつでも置かれた状況に対して自然に、
適切に行動することが求められます。
 
適切な行動がどういうことなのかは、
その時に与えられた情報に基づいて決めなければならなくても
常に直感的に知っています。
 
幻想の世界に生きているので何事も見かけ通りではないので、
常に間違うことがあり、誤りが起こります。
 
皆さんは間違いをして経験から学びます。
 
間違いがはっきり分かってきて、どんな問題に対しても、
対立に対しても常に愛こそが問題を永遠に解決させる答えで
あることも分かるようになります。
 
皆さんの歴史を見れば、衝突は軍事力では決して解決しないことは
極めて明白です。
 
軍事力によって解決しようとすることが何度も何度もありました。
 
そして常に対立や苦しみを更に深める結果になりました。
 
強制された平和は平和ではありません。
 
当事者同士が再度戦争の準備に入るまでの一時的休戦に
過ぎません。
 
今や、皆さんの中には、たとえ本当このとこを知らされていなくても
そういう結果になることに全く気づかない人は殆どいません。
 
もう他に選択の余地がないとして戦争に踏み切る決定を下す立場に
いる人は僅かに思えても、戦争を求める気運はあっという間に
広がります。
 
しかし、部下の熱心な支持がなく、決定を下すものが世界中から
支持されていないことが分かって非常に悔しい思いをする場合には、
戦争を始める決定は下されません。
 
だから先ず戦争は先延ばしになり、以降、撤回されます。
 
メディアは世界中に紛争勃発の可能性があると報じますが、
その脅威はどんな状況でも戦争によって世界の平和と安定が
担保されるということを人々に認めさせようと準備をする、
無分別な企みに過ぎません。
 
しかし、人類全体が目覚めることを決めたので、
その種の議論が絵空事であることははっきりしており、
国を戦争に駆り出す権力をもち、
自分が平和の守り手であると思っている者は、
実行するにあたって必要な支持が得られることはありません。
 
自分の面子に拘る時にはガラガラとサーベルの音を鳴らしているの
でしょうが、地球では戦争の時代は終わりました。
 
知っての通り、ウェイシャワーと光の所持者が導管になって
愛という神聖なフィールドを広げ、分かち合い、強化して、
すべての人のための平和と豊かさという時代が到来しましたし、
世界中で確立されようとしています。
 
愛のフィールドにおいては全てのものが永遠に存在します。
 
長年にわたり天の父、神の愛に夢を託し、希望を持ちました。
 
神に長い間祈りを捧げてきました。
 
でも、皆さんはいつもお互いを裁いて非難し合い、
そうやって愛を締め出してきました。
 
愛はすべてを包み込み、すべてを受け入れ、
すべてを尊重することです。
 
批判などの余地はありません。
 
批判や裁きは幻想であり、したがって偽りです。
 
しかし皆さんはそう信じてきました。
 
神は裁くと思い込み、だから神に代わって人を裁く権利があると
主張してきました。
 
信じられないほど傲慢で馬鹿げたことです!
 
そのような幻想を持つ中で、自分には神と似ているところがあると
いうイメージをでっち上げました!
 
長老で髭を生やしたいかにも人間らしい風貌の男をたくさん絵に
しました。
 
それが神を表現していると決めたのです。
 
真実から如何に程遠いか。
 
皆さんが想像して崇めた神は恨みを抱え、
神に代わって神にとっては卑しいと判断した相手を
復讐する神でした。
 
その神は事実極めて人間らしかったのです。
 
幻想であり偽りでした。
 
皆さんが一貫して粘り強く目覚めに向かうこの2,30年で、
このようなことは最終的に馬鹿げた思い込みであることが
益々皆さんに明らかになっています。
 
皆さんは愛の力に引き寄せられてとうとうこころを開き始めました。
 
また、どんなイメージも父とは程遠いものでしかないということに
気づきました。
 
父はいます。
 
父は表現できません。
 
父は、自分の中から愛でないものをすべて捨て去った人に
よってしか経験できません。
 
そのようなことが皆さんに起きる時には、無限で想像もつかない
エクスタシーが永遠に続くでしょう。
 
宇宙のすべての星が集まった輝きよりももっと光り輝く経験です。
 
軽々しく経験できることでもなく、
相当の準備なしには経験できません。
 
永遠にスピリチュアルな世界に進み続け、
いかなるものも捨てる時にその準備が始まります。
 
それまでは、愛とスピリチュアルな世界への目覚めは、
思っているよりもかなり近づいているということを
知っておいてください。
 
間もなく計り知れない喜びに包まれるでしょう。
 
それが皆さんの選んだことですし、
それはあなたに対する神の意志に一致しているからです。
 
そこからは、改めて自分が無限の愛の存在であると知る時に
限界がなくなります。
 
こころを込めて、皆さんの兄弟、イエス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

メッセージに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment