AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

 
 
 
10日から12日まで、上京しました。
 
その時に拝観しました富士山です。
 
上京の目的は、娘のBoyFreindの韓国への帰国の見送りの為。
 
AMATERASでは、カーニバル開催において、
 
深い親和性をご自分で見出し、いつもそこにいましたし、
 
娘にとっては、社会の物差しを遥かに超えた、
 
永遠不変の真実の心を通わせていました。
 
私は、娘に一時の別れを自分で越えていけるよう、
 
心から応援したいと願い、彼女の思うままの時を東京で
 
過ごすお手伝いをいたしました。
 
東京在住の息子を交え、楽しく食事をしながら、
 
あっという間に時は過ぎましたが、
 
彼女は、春の色の花束を手に彼のおばあちゃんのお宅を
 
訪問いたしました。
 
そこでは、迎えに来ていた彼のお父様とも会い、
 
楽しい未来を語り合ったようです。
 
彼女の顔は、15歳の時に決断して以来、
 
とても満ち足りた光を放っていました。
 
おばあちゃんからいただいた言葉・・・・
 
「この社会のものさしで測られることは少ない、素直さを
忘れずに生きていけば大丈夫!」
 
彼女はこれまで、自分の心にある閃きを共有できる存在が
 
とてもとても限られていましたが、
 
もうすでに、自分はその閃きの世界にいることを悟りました。
 
あれから、この世の時間で1年半。
 
彼が帰国する2年後にむけて、自分の中に眠る真心に
 
形を与えていくこととなるでしょう。
 
息子は、今就活の日々を過ごしていますが、
 
果敢に臆することなく、自らの波乱に満ちてはいたましたが、
 
宝のような経験を誇りとし、面接を重ねています。
 
おそらく、面接員の方々にとり対面したことのない、リスクを恐れない
 
チャレンジャーであろうことが、息子の話から伺えました。
 
息子が東京を離れ、海外へ赴く可能性がありますが、
 
入れ替わりに娘が上京となりそうです。
 
春、この世でいう別れではなく、永遠の絆を確認できた娘は
 
次のステップ、チャンスの扉を自らの手で開けました。
 
おめでとう☆☆☆
 
この社会の物差しで人がごまかす世界を離れ、
 
真実の実態を伴ったステップを踏みました。
 
今朝、ウグイスの鳴き声を聴きました。
 
春の到来。
 
母として娘にできることもあとわずかとなったことを
 
しみじみと実感しています。
 
感謝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

春に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment