タイムラインの顕現
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

タイムラインの顕現

 
 
 
 
今朝、二つの赤い紋のナミテントウと庭先で遭遇しました。
 
ナナホシテントウのようにいくつものタイムラインから
タイムラインの二極化がはっきりと浮かび上がっています。
 
以下は天下泰平さんのブログ抜粋です。
 
リンク先でも全文お読みください。
 
 
その中で改めて最近の出来事を振り返ってみると、
この10日〜2週間ほどの間で多く起こった印象的な出来事は、
突然に親しい身内、友人や知人、仲間とも離れるような出来事が、
自分の身の回りでも周囲の人々の間でも
同時多発的にいくつも発生していました。

それもまた、意味もわからずに相手が突然怒り始めたり、
理解不能な言動や行動をとったりと、
まるで何かが憑依したかのように、
ここ最近は普段は眠っていた人々の本心の感情が吹き出して
何も隠せない状態となっていたようで、
それぞれの人の本性がさらけ出された期間でもあったみたいです。

奥底にたまっていた過去生のカルマや今生のトラウマの感情が
一気に吹き出し、それがたまたま目の前にいる人や周囲の人に
ぶつけようと発狂状態となる人もいれば、
一方でカルマの消化がある程度済んでいる人々同士は、
心や魂の奥底に眠っていた純粋な自分に目覚め、
心から信頼できるパートナーや仲間と出会えたりと
人生でも最高の時間を過ごしたりして、
様々な意味で二極化の時代における新たな二極化が
発生した4月であったと思います。

これから先もまた、この「二極化の中の二極化」という現象は
より顕著に現れてくるであろうと感じましたが、
その中で個人的な見解で“離れいく人”の特徴を観察すると、
恐らく1つの特徴としては「自己愛の欠如」だと思われます。

「自己愛の欠如」と言っても、
それは一言では言い表せないほど奥が深く、
また専門家でもないので大それたことも言えませんが、
とにかくこれから先に重要なポイントに1つとして
「自己愛」というものが非常に重要になってくると思います。

詳しくは拙著「レインボーチルドレン」でも自己愛のことは書いたので
詳細は省きますが、まずは世のため人のためよりも、
自分自身を大切にすることからすべてが始まると
常々思っております。

「自分を愛せない人は他人も愛せない」という言葉を
よく耳にしますが、確かにそれは真理の1つだと思いますし、
いつも潜在意識の自分が我慢をしたり傷ついたりして、
表の顔とは裏腹に魂の奥底に眠っている
本当の自分を苦しませていると、
これから先は“素の自分”がさらけ出される時代であり、
やがてその感情が何かのきっかけで吹き出してしまって、
まるで何かが憑依したかのように、
別人となって今までの苦しみを周囲に怒りの感情として
ぶちまけてしまうこともあります。

5月以降、ますます本当の自分を隠せない時代となり、
それは仕事や住んでいる環境など、
様々な意味で本当の自分が表に出て来るタイミングだと思います。
中には今の自分の仕事に完全に見切りをつけたり、
家族と離別して新たな人生のスタートとなる人も
増えてくるかもしれません。
また現在生活している場所からの移住も本格化すると思います。

“縄文回帰”という言葉も頭によぎることも多いのですが、
古代と近代の融合が本格的に始まっている今、本当の自分、
本当の日本、本当の世界に戻る流れが加速しており、
その中で旧自分や旧社会との別れをスムーズに混乱なく
やっていくことが大切になると思います。
抜粋以上
 
 
抜粋にあります、「自己愛」・・・
 
これは、皆さん様々な解釈があるかと思います。
 
その捉え方がまさにタイムラインの違いとなって顕れてきます。
 
永遠の後悔を残すなかれ
命あるうちに
心から愛しているということを
伝えたい
 
私は、真っ先にこの言葉が浮かびます。
 
傷を負い、痛みや、深い孤独感、悲しさを深く抱きしめ手放す
この繰り返しに果てに
本当は、本当は、すべての価値尺度を手放し
「心から愛している、その一言を伝えたい」
そんな尊い自身を大切にそして欺かない・・・
これが自分を愛することだと思います。
 
そして、
一期一会に渾身こめて、最高の自分を差し出す努力をしている
自分の発見が自己愛のスタートではないでしょうか。
 
他の方の姿に自分と同じ姿を見、愛さずにはいられません。
 
愛を阻むジャッジ、判断を捨て去る時は・・今
 
☆動物たち☆
 
丁度、月食~グランドクロスにかけて、
我が家の一員Pinkyは
生命の営みを一瞬にして止めたのかと思うくらい、
急変いたしました。
 
一日おき、動物病院へ行きましたが、
チアノーゼをおこすくらい、
全身で抵抗し、拒みました。
診てもらうことなく
私と一緒に二人三脚で過ごしました。
 
少しずつ回復しはじめました。
 
人間と共に暮らす動物は、
人間と共に次元上昇を歩むようです。
 
 
 
 
 
 
ゆっくりゆっくり、変化のエネルギーを受け止められるよう
見守っています。
 
話せば、のどを鳴らし、様々な音を出して、
一生懸命話してくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タイムラインの顕現に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment