大天使ミカエル
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

大天使ミカエル

Light Worker Mike
 
 
 
 
 
今現在ガイアは異なる波動、次元に分かれています。
 
一方では3次元の古いマトリックスがあり、
他方では4次元5次元6次元のいろいろな周波数があります。
すべてそれがガイアの今にあります。
 
そういうわけで多くの人が異なる次元を感じるのです。
実際皆さんは多次元なのでますますそのような様相を呈しています。
 
地球には瓜二つのホログラムの実体があります。
それはどこか遠くにある別の世界のことを言っているのでは
ありませんが3次元マトリクスを維持しようとするガイアが反射した
姿のことです。
ガイア自身はもっと高い周波数にあります。
皆さんが光の高い周波数でいられると、
この古い3次元から離れてこのガイアのアセンションと一緒に
進化します。
その結果3次元マトリクスはもうそれ以上成長することはなくなり、
ガイアの現実から消えていきます。
 
皆さんは今このプロセスを経験して大忙しです。
私たちはいますぐこの3次元の現実を崩壊させることは出来ません。
たとえそうしたいと思っても、少なくてもアセンションに乗っている人が
数多くいても、そうすることが人類全体に役に立つと思いますか?
だからステップバイステップで進めています。
でも、私ミカエルに言わせれば、ガイアでは3次元の二極性が
崩壊間近であることは間違いありません。
すべての人、人類全体にとって最善になるには、時間がかかります。
 
古い3次元のマトリックスは存続して、複製であるガイアのツインの
ホログラフィックな地球の上で進化します。
そこで二極性に囚われた人がガイアのアセンションのプロセスを
遅らせることなく自分のペースで進化していきます。
しかしガイアはエーテルレベルで既に高い周波数に達し
そこに存在します。
 
既にアセンションを終えた場合や、
アセンションに取り組んでいる場合には、
ますます古い2極的周波数に関わり直面することが少なくなります。
もうその周波数は高次の周波数では維持できなくなり必然的に
その人の現実から消え去ります。
ガイア自身は完全にアセンションに入り太陽のアセンションという
プロセスに向かいます。
ガイアと同じ複製は、「地球」というものですが、
それはホログラフィックな反射、ガイアの完全なコピーです。
そこで二極性が存続して行けます。
そうやって区分けされた状態で、生命は高次、低次、4次元など
入り混じった周波数で存続します。
光が増えた高い周波数の人はガイアの上で生き、
同時にこのホログラフ的コピーの上でも存在することが出来ます。
そういう人は自分をそのようにして生きられるのです。
そうしてもっと高い周波数の段階に到達するまでその状態を
維持することが出来ます。
要するに、ガイアの上に生きながら同時に3次元の地球に生きる魂と
いう同じ魂のコピーが存在してくということです。
違いは、現在の意識状態によりますが、
アセンションに関わる人の意識は、5次元6次元以上の世界にしか
存在し得ないということです。
でも、地球に生きるそのホログラム的コピーは
そのままそのホログラムの実体の中に存在し続けます。
つまり、意識とスピリットはホログラム的世界に捕らわれることは
なくなり、高次的になり、5次元以上の周波数を経験するライトボディ
を身につけていくというわけです。
ですから、低いホログラフィックの地球にいながらも、
それを意識することなくいられるのです。
それがまさに地球にいる状態です。
皆さんは多次元で宇宙的性質を持って同時に存在しますが、
意識してそのことを経験するわけではありません。
それはなぜか? 
完全にはその側面を身に着けていないのです。
だから意識すべてが高次に存在するわけではないのです。
高次の意識を完全に身に付ける時にその状態になって低い意識を
失います。
その時が低い意識を意識しても経験しなくなる時です。
ですから基本的に意識が切り離れ別れていくのではなく
意識に変化が起こるということで、
そのようなことがガイアと皆さんに当てはまります。
意識全部が光の高い周波数を帯した別の肉体を身につける時、
古い「カバー」はホログラムに分かれてそこにある状態になります。
その時に肉体も含めすべてがもっと軽い形変わるのです。
ガイアは古い肉体、ホログラフィックの複製を脱ぎ捨てます。
この古いコピーが実際に完全な純粋な3次元の波動です。
 
誰もがいつも低い自分の周波数のコピーの中で意識を持つことを
選べます。
また、そこの時間や次元に行ったり来たりすることも出来ます。
 
では、以上です。
 
こころをこめて
 
Archangel Michael
Méline Lafont 2012 – 2014, permission is given to share freely in its entirety and unaltered http://lafontmeline.com and http://pleiadedolphininfos.blogspot.com
 
 
 
 
 
 
 
 

大天使ミカエルに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment