マグダラのマリア記念日:7/22
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

マグダラのマリア記念日:7/22

 
 
 
 
La Ste BAUME ラ サント ボーム
 
マグダラのマリアが晩年30年間祈り過ごした洞窟
 
 
7/17いやしろちさんブログに目覚ましの言葉がありました。
 
「ファティマの手。ミリアムの手。聖母マリアの手。」
 
女性性、魔女のWake up callであったと思います。
 
16日午前3時ごろ、「おきなさい」と呼ばれ慌てて起きました。
南側に窓があり、空がさえぎるものがなく見えます。
そこに、変則的に光り、歪みがある球体があります。
はじめは月かと思いましたが、沈むころでしたので、違います。
しばらくすると、テスト送信完了と胸に飛び込んできました。
 
※ファティマの手
 
※ミリアムの手
 
 
三人のエネルギーは繋がっているように思いました。
 
そして、マグダラのマリアの洞窟がありますのは、地中海沿岸です。
三重県志摩市にあります志摩地中海村でサンドームを開催させていただいていますが、
“地中海村”は村の名称であったとの伝承が存在することを
数日前に知りました。
やはり、日本には、古代の叡智が集約され世界を繋いでいると再度確認させていただき
ました。
そして、地中海村は宇宙の叡智を降ろす魔術のメッカであったであろうと
思い出されます。
 
これから、この地球に各所で懸命に働く、ライトワーカー、魔術師の
大移動が始まるのではないでしょうか。
それは、この惑星の大陸の降隆も意味します。
惑星の意識は忠実にエネルギーの流れを陸、海、山、川で表現いたします。
そこには、利己のエネルギーは太刀打ちできません。
 
京都では祇園祭が開催されています。
その中でも鈴鹿山では、
応仁の乱以前に起源を持ち、移転もなく今日に至る貴重な山。
伊勢国鈴鹿山で、人々を苦しめた悪鬼を退治した
鈴鹿権現・瀬織津姫神(せおりつひめしん)の姿を表している。(祇園祭マップより)
瀬織津姫はニギハヤヒの后であり、もとは二神一対でしたが、
瀬織津姫は封印され、天照大神としました。
天岩戸隠れの伝承は、マグダラのマリアの洞窟での祈りの日々と繋がります。
 
以下は、天下泰平さんのブログですが、とても参考になりました。
 
 
そして、
 
 
黒点数0ということは、ちょうどゼロポイントに入ったということですので、
しっかりと、自身の光をとらえ、信頼していくことが何よりも大切なポイントに
差し掛かったと感じました。
二極が交わり統合していきますが、
そこには、選択、決断は厳然として在り
その結果、この分岐後はもう交わることのないタイムラインとして
別れていきます。
 
元気の源さんの記事も大変参考になります、いつもありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マグダラのマリア記念日:7/22に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment