大阪城
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

大阪城

原爆の日の昨日、朝追悼式典の様子を見ながら、
自分の外にあるものに価値を向けることから、
自らの心の内にある真価に目を向ける事へ移行していくことを
心から願わずにいられませんでした。
 
何故なら、外にあるものはすべて、価値が測られ、
その価値尺度によって、人は孤独感や焦燥感や不安感を抱き、
奪うサイクルに向かうことになり、
やがてそれは、国家間の争いにも心が麻痺してくるからです、、、
 
心の内にある真価はこの世界の評価や尺度によって
測ることはできず、認めず、無視する、価値のないものとして扱う、
攻撃する、真価であればあるほど悪魔扱いをする、
真心を逆手に使い、真価を発揮できないようにするといった
羽根をむしり取る状況が生まれてきました。
 
娘の音楽活動のため、大阪へ向かいました。
そこで、耳にしましたのは、「自分をダイヤモンドだと思い、
丁寧に大切に扱う」これが、プロの必須条件だと。
 
そして、
大阪城へ向かいました。
前日急遽寄ることを決めました。
武将さんの皆様方が真のリーダーシップをとられるか、否
重要な分岐の時がきていると強く感じていましたので。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光のシャワー、
爽やかな風
城頭上に横たわる、
躍動感溢れる龍に
出迎えていただきました。
 
先日来より、
出くわしてきた龍は
黒龍、白龍、青龍でした。
こちらは赤龍でしょうか、、
 
 
 
 
そして、真っ先にいざなわれたのは、
淀殿、秀頼の自決跡でした。
 
 
 
 
秀吉が、生前淀殿の器を認め、受け入れ、共に在ることができれば、
亡き後の関ヶ原の合戦は起きなかったであろうビジョンが
はっきりと浮かび上がりました。
 
羽根はもうもどりました。
 
ごめんなさい、許して下さい、ありがとう、愛してます
 
 
 
 
立ち並ぶ岩たち。
それぞれの個性のエネルギーを残す、武将さんたちが宿っていました。
 
ごめんなさい、許して下さい、ありがとう、愛しています
 
自分の外に栄華を求める文明は終わります。
 
娘の大阪通いがこれから始まります。
私は、毎回足を運ぶにつれて、
一人、またひとりと、真価を認める武将さん方が立ち上がるビジョンが浮かびました。
 
感謝、合掌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大阪城に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment