テレパシーコミュニケーション
AMATERAS/Lu Shangri-La -
RSS ファンになる

最新記事

謹賀新年
お知らせ
送り灯
宇宙のお盆
十六菊花紋 桜紋
検索エンジンの供給元:

マイブログ

テレパシーコミュニケーション

 
 
 
26日テレパシーコミュニケーション サンドームを開催いたしましたが、
28日、29日の2日間も非公開にて開催させていただきました。
 
その時の様子を可能な部分を記しておきたいと思います。
 
28日:
神武天皇東征の頃、
 
そして、長髄彦の妹であり饒速日命の妻(登美夜須毘売・トミヤスビメ)が赤ちゃんを抱いて出て来ます。そして泣いています。
 
史実では、ニギハヤヒがナガスネヒコを討ったとありますが、
実際は逃がしたということです。
 
象徴的な山の上(天界)から三人はとても悲しげに眺めています。
 
その山の麓の片側には黒い街があり、豪族がうすわらい、
その黒い道が現代に続いて、今その背後に更なる渦ができ、
黒い街を飲み込んでいる光景がでます。
 
現代に黒い道が通ずる具体的箇所はここでは伏せさせていただきます。
 
日本の象徴である皇室(皇居)、京都御所を厳重に結界が陰陽師に
より張られています。
その結界の真意はこれから明らかとなり、
結界は解かれ、コントロールされた体制は一瞬にして崩れ、
新たな体制がしかれてくることでしょう。
 
29日:
髭が長い外国人とともにある女性が下を眺めています。
そこには、4本足で上半身は人間(ケンタサウルスのような)の存在が
とてつもなく広い土壁の中で手術を行っています。
 
沢山の子供たちが洞窟に入れられています。
その子供たちは、実験の手術のために収容されています。
 
その手術の様子は、聞くに、見るに堪えることができないほどの
状況です。
 
膨大な生贄をもとに何の目的で凄惨な実験がなされている(現在も
続いています)か、
その答えは「永遠の命、不老不死」でした。
 
その当時、この惑星はボタン一つで爆発、消滅に至ったようです。
 
その存在は、まだ何もない地球に辿りつき、
地球内部に街を形成しました。
出入りの際、瞬間的に姿を消します。
 
場面変わり、
子供たちの血を飲む儀式が行われています。
 
その儀式を肯定する人の群れ、
これは、実に真実がひっくり返るほどの著名人が並んでいます。
具体的には、ここでは控えさせていただきます。
 
この様子を前日に出ました長髄彦が、やはりじっと見つめています。
 
直接手が出せない様子です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この地球に事実存在する私たちは、
しっかりと目を開き、
私たちのこの世界で起きていることを認識し、
真実の世界を選択することが急務です。
選択をすることでしか、この繰り返されるコントロールは
終わりを迎える事ができません。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
どのようなことがあっても絶対にワクチン注射を受けるな 2014年8月29日 ホームへ戻る
http://nesaranews.blogspot.jp/
NO MATTER WHAT the story, DO NOT get vaccinated, a new bioweapon is being distributed via vaccines
 
このレポートは1971年に投稿された、ファージの写真付きのグーグル書籍”New Scientist”を更新するものです。
グーグル書籍が偽情報ではないとしても
このファージレポートは正確です。
このファージはイスラエルが生物兵器として用いるように選択し たものであり、グーグル書籍は印刷版ではなく、
要求に応えられるものではありません。(容易には変更できないように)紙に印刷してほしいものです。
 
人々を傷つける開発中のナノボットに就いては多くのレポートが
あります。
このレポートは実際にナノロボットとそれが何に基づいているかに
就いて述べています。
このナノボットである生物兵器によって汚染されたワクチン注射を
受けると、この生物兵器は自分のDNAを細胞中に挿入し、
自分自身でこれをもっと製造するように細胞に指令するので
自己増殖します。
この増殖は細胞が過剰労働で死に至るまで止まることがありませ ん。
これは2007年に研究室で確認されました。
抗ワクチン代替ニュースのウエブサイトは直ちに、
グーグルのキャッシュも1時間以内に消去されます。
これ はなぜでしょうか?
実際にはほとんど疑問の余地はありません。
この答えは明らかです。
闇のカバールは今この生物兵器T4バクテリアファージナノボットや
他の物質で汚染されたワクチン添加物入りのワクチンを強制注射で
一度に全世界に広げようとしています。
偽のエボラ騒ぎで人々を怖がらせて、
全ての人に短い時間の間にT4ナノボットを仕込んだ注射を
受けさせようとしているのです。
 
フライト370やウクライナなどの問題以上に、
エボラ騒ぎの最中に抗ワクチンのウエブサイトを消去するのは、
私たちが注意すべき偶然の一致です。
これがニュースであり、これを逃したら私たちは死に至ってしまいます。
 
同様なウエブサイトの消去を見付けたらNWO(新 世界秩序)と
言われる闇のカバールの人口90%削減計画と、
容易に管理可能な小さい奴隷化都市のことを知るべきです。
偽のエボラ出血熱流行よりも大規模な人口削減を防止する方が
良いはずです。
本当の病気は人を守るふりをした強制ワクチン注射によって
ワクチンとしてばらまかれるものなのです。
 
本当の流行の形で広まった病気に闇のカバールがかかって、
自分たちが死にたいとは思わないと、賭けをすることも出来ます。
彼らはそうではなくて、悪辣な手段で入手した税 金として支払われた
ドルを使って、犠牲者に、多分10%は何事も無く安全で残りの90%は生命に危険を及ぼすワクチン注射をすることに思い至ったのです。
もしもこの病気が全く非伝染性で、注射を通じてのみ広まるのだったら、世界中の人が死んでいっても彼らは安心していられるのです。
 
これが彼らが熱心にワクチン注射を推進している理由であ り、
今活発に政治的な反対を抑え込もうとしています。
波を起こさない内にこのウエブサイトが有名にない過ぎて迅速に
消去されてしまうことは確かだと思って います。
ですから消去されないうちに人々に警告し、
被害を受けないようにしてほしいと思います。
 
エボラの流行は人を騙すもので、実際は、人を殺すためのナノボットを
仕込んだワクチンを強制的に注射する目的があるものと思われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テレパシーコミュニケーションに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment